SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

衝撃の

朝、いつものように満員電車に乗って、
ぎゅうぎゅう押されながらつり革につかまっていたら、
左のまぶたからおでこにかけて、
何かごく軽いものがはりついたような感触がありました。
思わず手で払うと、ソレは私のななめがけのバッグの上に落ちました。

ソレとは、
きれいなきみどりいろの、
体長4センチくらいの、

カマキリ

でした…。
ひぃぃぃぃ。





混んでたし、悲鳴をあげて振り落としても誰かにくっつけちゃうし、
まあかばんにひっかかってるくらいならいいやと思い、
次の駅まで我慢して、ホームでカマキリを振り落としました。

あー、びっくりした。
顔にカマキリが落ちてくる電車って一体…。
こう見えてもショックで午前中は仕事が手につきませんでしたわよ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2005-07-27 08:05 | 日常