SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

フィギュアペアが大変なことに

フィギュアスケートペア、フリーが始まる時間に目覚ましかけてたのですが、
起きたらスピードスケートが押しててなかなか始まらず。
眠気覚ましにシャワー浴びて出てきたら、第2グループから放送始まってました。



実況刈屋さん、解説佐藤有香さん。
ポーランドのドロタ・ザゴルスカ&マリウス・シュデクが、スピンまで息ぴったりで
「これぞペア!」という演技でした。まだ第2グループですよ。レベル高いな。

中国の申雪&趙宏博、気迫の演技。
難易度の高い技の連続でこっちまで手に汗握って観てしまった。
暫定1位。

そしてアメリカ、井上怜奈&ジョン・ボールドウィン。
ジョンがいきなりジャンプに失敗、緊張してたっぽいですね。
SPで成功したスロートリプルアクセルですが、フリーでは残念ながら失敗。
珍しく刈屋さんがいっぱいしゃべってました。演技後には、
「心の宝となるような演技を」という井上のコメントに対して
「このがんばる姿が、日本の宝物です」。いいこと言うなぁ。
(2/15訂正:怜奈さんのコメントを訂正しました。うろ覚えで失礼いたしました。

そして第5グループ。
マリア・ペトロワ&アレクセイ・ティホノフはいまいち音楽に乗り切れず、
最後は力づくで演技終了。観ていて楽しい、というところまで持っていけませんでした。

中国のほう清&とう健(←漢字が出なくてすいません)。
私、このふたりの演技が今回一番好きでした!
GPシリーズで観ていた「オペラ座の怪人」から、格段に表現力が進化してましたね。
(衣装はあんまりオペラ座っぽくないんだけど)
難しい技も決まりまくり、スロートリプルサルコーも高い高い!
フィニッシュ後、ふたりともガッツポーズ。ちょっと泣きそうでした。
刈屋さんも「今日はクリスティーヌになっていました」と興奮気味。
しかし得点は申雪&趙宏博には届かず!なんでー!!

そして大本命、ロシアのタチアナ・トットミアニーナ&マキシム・マリニン。言いにくい。
難しそうな技の連発、高いスロージャンプ、見事にシンクロするスピン、そして大迫力のスパイラル。
演技終了前から沸き起こる拍手。
マリニン渾身のガッツポーズ。こんなに気合入ってるマリニン初めて観た。
合計200点超えた!すごーい!

この時点での暫定順位は、
1位トットミアニーナ&マリニン、2位申雪&趙宏博、3位ほう清&とう健。
最終滑走の、中国 張丹&張昊は若いペアだし、
直前のロシアペアの演技の後でいい演技するの大変だろうな、と思っていたら、
気迫のスロー4回転サルコーで張丹が大転倒。
股関節をひねったか、左ひざを強打したかで演技中断になってしまいました。

私はこのとき、「うわーかわいそう、残念だけどこれで終わりか」と思ったのですが、
なんと張丹は演技続行を主張している模様。
いや、無理でしょ、そんなに痛そうなのに。
心配する張昊と話し合い、ジャッジに張昊がOKサイン。
会場からは心配そうな、でもあたたかく見守る拍手。
失敗したスロー4Sを3T+2Tのコンビネーションに変更し、なんと着地。
加減している部分もあったし、傷めた足で踏み切るジャンプにハラハラしたりもしたけど、
次第にふたりのこの演技、このオリンピックにかける情熱や気迫が演技に表れ、
演技の終盤には会場のお客さんからの万雷の拍手がずっと続いていました。
最初は不安そうに演技していた張昊も、途中から張丹に引っ張られるように気持ちを切替え、
アクシデントを忘れさせるような演技をしてくれました。
私も思わずテレビに向かって拍手。朝の7時から泣きながら拍手。
あきらめずに演技した甲斐あって、SPでの高ポイントにも助けられてなんと2位に食い込む高得点!

・・・こんなことって、起こるのですね。
佐藤有香さんの深いためいき。
刈屋さんの声もこころなしか震えていました。
キス&クライで、痛みをこらえつつも清々しい表情を浮かべていた張丹は
とても美しかったです。演技が始まる前の緊張した表情とは別人のようでした。
強いなぁ。
このペアは、歩けないほどの痛みを乗り越えて、ただの演技でなくあれだけの表現ができるほど、
トリノに向けていろんな思いを込めて練習を積んできたのだと思うと言葉が出ませんでした。


まもなくNHKの中継が終わってしまったのですが、
ペアの表彰式はどこかニュースでやってくれるといいな。
1位のトットミアニーナ&マリニン、2位の張丹&張昊、3位の申雪&趙宏博が
どんなふうにお互いを称えあうのか、とても見たいです。

張丹の怪我が、演技強行したことで悪くなってないといいのですが。
エキシは無理かなぁ。もう無理しないでください。
トットミアニーナ&マリニンのエキシは一見の価値ありですよ。

次は男子SP。高橋大輔がまさかの一番滑走ですよ。
しかも2番がプルシェンコ!
・・・プルシェンコより前に演技できる唯一のカードを引き当てた高橋大輔は
ものすごい強運の持ち主なのかもしれません。
5番にジェフリー・バトル、11番にランビエール。前半に有力選手目白押し。
あと気になるのは26番のライサチェックくらいかな、と思っていたら、
30番、最終滑走にエマニュエル・サンデュ!
エキシが観たいので上位に食い込んでください(笑)

・・・寝過ごすことは許されません。まさに「誰も寝てはならぬ」。ぷるぷるぷる。
バレンタインどころじゃないっつーの。


あーもうなんだかこんなの観てたら、
日本にまだメダルがないことなんてどうでもよくなってきました。
さ、しごとしごと。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-02-14 08:15 | 2006トリノ五輪