SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

フィギュア女子ショートプログラム

さあ、トリノ五輪も大詰め、一番楽しみにしていたフィギュア女子シングルです。
3時に起きましたよ!
けど眠気覚ましにお風呂入ったりしてたので
ちゃんと見たのはソコロワからです。ちょっと動きが硬かったですかね。

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ。グルジアの選手です。
初めて見ましたが、柔軟性あるしジャンプも安定してるし
お客さんの反応もここまでで一番よかったです。
演技終了直前、画面右隅に「おはよう日本」の文字が。なぜ!
まだ若いみたいなので、将来が楽しみ。

安藤美姫の新しい衣装(ワダエミデザイン)、イマイチだなー。
シックなのは大人になってからでも似合うんだから、
もっと若さと笑顔を全面に出しましょうよ。
曲にも、今までのブルーの方が合ってたと思います。
点は伸びませんでしたが笑顔出てたし、
メダルの重圧とか関係ない位置で思い切って4回転に挑戦してくれれば。
あとは姉さんたちに任せておけばいいと思うよ。ほんとに。

エミリー・ヒューズ。ミシェル・クワンの欠場により緊急追加召集です。
スピンやスパイラルがとてもきれい。この時点で3位に。

スイスのサラ・マイヤーはノーマークでしたがとてもよかったです。

第4グループ。
テレ朝的に言えば「運命の第4グループ」。
スルツカヤ、強い!
演技の間中、ずっと納豆をかきまぜ続けてしまいました。
プルシェンコもそうでしたが、トリノの金メダルを
誰よりも欲しがっているのはやっぱりこの人だと思ってしまいます。
スルツカヤとプルシェンコの間に「納豆」とか書いてすいません。

ふたり挟んで荒川さん。
新しい衣装、強そう!首から胸元のキラキラがきれい。
荒川さんは肌がきれいなうえにお化粧が上手ですよね。
曲の雰囲気や衣装によってアイラインの目尻とか微妙に描き分けていてすごーい。
メイクって自分でやるんだよね?
若干ぐらついたりはありましたが、慎重にレベル4の技を決めて66.02。
本人もびっくりの高得点でスルツカヤにぴったりつけました。
この点差はあってないようなものでしょう!
すごいよ荒川さん。年下だけど憧れちゃう。

最終グループには北朝鮮の選手がいましたが、転倒したりと得点伸びず。
キス&クライでのあまりの暗い表情に、この選手の帰国後のことが心配になりました。

エレーナ・リアシェンコ登場。好きな選手です。
さすがベテラン、練習でだめだったところも本番ではきっちり決めてきます。
しかし得点は思ったより伸びず、会場からもブーイング。そうだそうだ。

そして村主さん。すごい気合入った表情してる。
コンビネーションも3回転フリップも完璧。
スパイラルやスピンもスピード感があって、観ていてはっとするような演技です。
ストレートラインステップでは大きな拍手が。
ああ、ビデオに録っておいてよかった。何度でも観たいこの演技。
得点も60点台に乗せ、現時点で3位に。
投げ入れられたぬいぐるみをキャッチして歓声が湧いてました。
キス&クライではいつもの「アイラヴュー」連発。よかった、よかったよ。
(思うんですけど、この人英語の方がなめらかにしゃべりませんか。)
フリーの演技もこの調子だったらわたしほんとに泣いちゃうよ。

カロリーナ・コストナー。イタリアのアイドル。
NHK杯のときよりかなり絞ってきてるみたいです。衣装がきれい。
やっぱり若い子はかわいい衣装着ないとね!ね、ミキティ!
全体的に素晴らしい演技だったのに、ジャンプで転倒。もったいない!
53.77ポイント。メダルは難しいですね。
でも、来年の世界選手権ではこの人が主役になる気がします。

最終滑走、サーシャ・コーエン。
ソルトレイク大会では実力ナンバーワンと言われながらも
人気はミシェル・クワンに敵わず、メダルはサラ・ヒューズに持っていかれ、
この人も金メダルのためだけにがんばってきた選手です。
コーエンの演技は素晴らしかったです。スルツカヤよりいいと思った。
一瞬の危なげもなく、スピードも落ちず、しかも美しい!
出たー、180度開脚スパイラル。ただただため息。
荒川さんの手離しY字スパイラルやミキティのビールマンスパイラルは、
難度が高いのはわかるけどどうしても体勢的に無理があったり
スピード落ちたりしちゃうのですが、
やっぱり基本の形を誰より美しく決めるっていうのは強いね。
66.73でスルツカヤを上回りました。

男子のときと違って、会社に間に合う時間に全選手終わってくれてよかった…。


やるべき人が実力を遺憾なく発揮し、
若手はみずみずしい演技と笑顔で次代への期待を持たせてくれました。
役者は揃った、という感じですね。
2日後にフリーを観るのが楽しみなような、まだ終わって欲しくないような。
3位までの点差はあってないようなものだし、
村主さんはこのぐらいの点差なら得意の粘りでひっくり返す可能性もあるし、
ほんとにほんとに楽しみです。またがんばって3時に起きよう。

そして5位のキミー・マイズナー。誰なんだ。
前回・前々回の空気読まない金メダリストを思い出させてちょっと不安です。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-02-22 08:22 | 2006トリノ五輪