SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

『好きですか?』

音楽でもサッカーでも、仕事でも、
「楽しそう」な人や選手が、わたしには輝いて見えます。

わたしが中田英寿という選手を
「すごい、っていうんだろうな、ああいうの」とは思えても
好きだと思えなかった理由、最後まで共感できなかった理由は、
引退表明の文章の中にありました。皮肉ですね。

中田英寿は「これから」が面白いところかも、と思っていたのにな。
ほんとうに身勝手だけど、最後に1年間だけでも、日本でプレーして欲しかったのです。
代表でできなくても、クラブチームでなら伝えられること、あると思うのに。
そんなに簡単に、「彼らしい」「第二の人生もがんばれ」って見送っていいの?
「彼の決断だから、翻らないだろう」ってあきらめていいような選手なの?
「帰って来い、一緒にやろう」って、だめもとでも声をかけるチームはないの?
ブラジル戦のあと、ピッチに倒れこんだ中田にチームメイトが誰も声をかけなかった、
その光景と重なって見えてしまいます。
彼の考え方をわかっているからだ、と言われるかもしれないけど、
それを翻させるほどの熱意を持った人がいないことは、なんだか寂しく思います。
評価している割に、あっさり見送っちゃうのね、って。



言いたいことがまとまらなくて、書けないこともあって、
文章を削って削って削った結果、なにがなんだかわからなくなっちゃった。
いつものことか…。

それにしても、
「今回のワールドカップの敗因は、
 ヒデが必死でがんばったのに他の選手がそれに応えられなかったことだ」
という論調が不愉快でたまりません。短絡的すぎる。






これってなんなんでしょう。こんなの初めて見たよ。
中田英寿選手現役引退表明についてのコメント(ジュビロ磐田公式)
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-07-04 00:59 | 2006W杯ドイツ