SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

続・オランダから来た男

平山のFC東京入りに不満 オランダのヘラクレス(スポナビ)

ヘラクレスの会長は「平山は学業に専念するために帰国した」と考えているらしく、
プロチーム(東京)との契約について平山と代理人から説明がない限り
国際移籍証明書を発行しない、と言っているそうです。
発行してもらえないと東京で公式戦に出場できないとか。
代理人さんはものすごくがんばってきちんと説明してきてください。


しかし平山くんは思っていた以上にコドモっぽい人だなぁ。
東京の公式携帯サイトでも、入団の決め手について
「楽しくサッカーができる環境が整っている」
「練習から雰囲気がよくて、みんなが楽しんでプレーしていると聞いたこと、
 世代も近い選手が多く、ヘラクレスで楽しくサッカーができなかった分、
 それを取り戻せるかなと考え、決めました」
と話しているのだけど、平山くんの「楽しい」ってなんだろう?

「層が薄い」「出場機会がある」とスポーツ紙に散々な書かれ方をした
東京のFW陣だけど(↑そうとう根に持ってるなわたし)、
わたしは彼らが大好きです。東京サポはみんな好きでしょ?戸田とか(笑)。

ルーカスや戸田や阿部ちゃんがどれだけ日々の練習に真剣に取り組んでいるか、
どれだけ試合中にチャンスを作ろうと休まず動き続けているか、東京サポは知っているから、
ゴール前で決定的チャンスをふかしても笑っていられるし
(まあ、連敗中にあまりにもアレだと最近は荒れた野次も飛びますが)
ゴールを決めたときの喜びもひとしおなんだよね。
怪我から復帰してスタメンにいてくれるだけで胸がいっぱいになっちゃう。
リチェや小澤くんはガッツ溢れるプレーで東京サポの心を掴みつつあるし、
泥臭くしぶとくゴールを狙う赤嶺は、未来の東京を背負って立つことを期待されてる。

一緒に練習する中でそれを感じ取って、彼らを上回る練習量やひたむきさや
なにより決定力をもって結果を出さなければ
東京で「楽しく」サッカーをすることはできないんだ、と自分で気づけなければ、
たぶんヘラクレスにいたときと同じ気持ちになるだけだと思います。
「東京の子」にはなれても、「俺たちの平山」になるのは大変だよ。
あなたが感銘を受けたというチームコンセプト「強く、愛される」っていうのは、そういうことだよ。

これでもすごく期待しているので、がんばって欲しいと思っているのですよ。
でも、今年のシーズン終了後になにが起こるのか、
今から想像して不安になってしまうのも本心なのです。



おまけ。

家本主審を再研修 疑問判定続き異例の措置(スポナビ)
>日本協会の松崎康弘審判委員長は「一貫性を持った判定ができていない。
>自信を失っている状態」と説明し、再研修を通じ「立ち直らせたい」としている。
>復帰については1カ月後に判断する方針

家本さんて若いんだねー。SRの認定基準もついでに見直すべきでは。
しかし「自信を失っている」人があんなに自信満々にカード出すかしらね(毒)。
誰かさんとか誰かさんとか、追加招集しなくて大丈夫?

選手からもサポーターからも信頼されるレフェリーが、増えてくれることを願います。
レフェリーへのブーイングは労力の無駄遣いだと思ってますので。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-09-13 11:50 | FC東京2006