SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

勝たせてあげたい。 第24節 鹿島アントラーズ戦

バックスタンド4列目、センターラインとゴールラインの中間ぐらいから観戦。
いつもと違う視点から、いろんなものが見えました。

e0074253_14452814.jpg

アップする今ちゃん。おかえりなさい。左足のテーピングがまだ痛々しいですね。
でもやっぱり「今ちゃんがいる」という安心感はサポーターにとっても他の選手
たちにとっても、すごく大きい。怪我がよくなったら、代表でも活躍してね。



e0074253_14454812.jpg

ねえさん事件です。伊野波の髪型が変わっています。
e0074253_1446147.jpg

キックオフ直前の赤嶺。がんばってたけどシュート0本では厳しいですね。ためらわずに振り向いて打っちゃえ!
e0074253_14461836.jpg

近くで見ると「鋼の肉体」という言葉がぴったりのトク。
自分から当たってきた鹿島の選手が弾き飛ばされて、トクのファウルをアピールしてたのは滑稽でした。

試合が始まります。祈・連敗脱出。
e0074253_14463333.jpg


試合詳細はこんなかんじ。(FC東京オフィシャル)

前半の25分ぐらいまでと、後半ラスト10分はとてもいいサッカーだったのよ。
今ちゃんは、胸のすくようなボール奪取を連発してたし、梶山はトップ下で走り回って、奪われたボールもあきらめずに追いかけてた。ナオのシュートがバーに当たったのなんか、ぜったい入ったと思った。赤嶺はオフサイドの山を築いていたけど、チャレンジを続けてほんの少しタイミングが修正できれば、先制点はそのうち入るだろうと思って観てました。ルーカスがいなくても、攻撃はそれなりに形を作れるんじゃないかって、ちょっと嬉しくなったりもしてた。
でもそこで点が入らないのが、いまの東京。

サリさんは、もっとガツガツと奪いに行って欲しかった…。マークはついてて、周りにも指示も出してたけど、フェルナンドの1点目はマークが離れてフリーで打たれてしまった。その後も、フェルナンドにボールを持たれると4バックに吸収されそうな位置まで引いてしまうから、ラインがずるずる下がって中盤にスペースができてしまってた。
e0074253_14465877.jpg

ナオと新井場のマッチアップは見応え充分。
1対1ではお互いに抜きつ抜かれつでしたが、低い位置での守備に奔走させられる時間帯が多かったかな。この日は白いスパイク履いてました。
e0074253_14471070.jpg

土肥ちゃん。ほんとに大好きだし信頼している選手だけれど、一度シオを使ってみたらどうかな、と思わざるを得ない状況。
なんとかしてください。神様仏様土肥様。

18分の、今ちゃんのスルーパスにトクが抜け出してシュート打ったシーンはしびれた。
22分に、伊野波が内田のファウルを受けながらもサイドチェンジしたボールが赤嶺に渡ってGKと1対1…になりそうな場面で、主審長田さんがプレーを止めて内田にイエローカードを出した場面はほんとに痛かった。流して欲しかった。内田への警告が不満だと鹿島サポからはブーイングが起こっていたけれど、あそこでアドバンテージとってくれてたら東京が先制した可能性が高かったのだから、拍手してくれてもいいぐらいだと思った。
ちなみにこのときの伊野波へのファウルはよく見てなかったのですが、内田はユニフォーム引っ張りすぎ。

後半の早い時間に次々とCKから2失点。対策って、具体的になにをしてるんだろうか。CBには中澤を使って、フジさんを左SBにした方がいいんじゃないだろうか。
モニはまだしばらくかかりそうだけど、増嶋には早く戻ってきて欲しい。

後半頭から選手交代。ボールが足につかなかった様子の信男さんに替えて、ルーカス投入。ひざは痛そうにはしてなかったけど、3点ビハインドになってからはひとりでなんとかしようとして囲まれる場面が多かったです。焦っちゃったのかな…。
e0074253_14472734.jpg

2点目を入れられた直後、東京のCK。ナオのキックに梶山がどんぴしゃのヘッドで合わせるも、惜しくもバーの上。
それにしても打点が高くて、ファインダー覗いててびっくりしました。シャッタースピード上げておいてよかった。もうちょっと立派な望遠レンズが欲しいな。

3点ビハインドになった後、サリさん・赤嶺を下げてミヤさんとユー太がIN。
鹿島も選手交代のせいか疲れのせいか中盤でのプレスが甘くなり、ミヤさんからナオへの大きなサイドチェンジや、ユー太のワンタッチでのボールさばきなどで周りの選手も活性化され、シュートで終わる攻撃が増えてきました。

梶山のミドルは、さんざん「打て!」と言ってきたのをやっと聞き入れてくださいました(笑)。前半には目の前で梶山さんの超人的ボールキープを見てしまいました。器用に足の裏使ってたなぁ。周りの鹿島サポは驚愕し、東京サポは爆笑していました。
お誕生日おめでとうございます。

終了間際にはミヤさんからのマイナスのパスを、フリーで待っていた今ちゃんがずどんと重そうなシュートを決めて1点差に追い上げるもタイムアップ。フェルナンドにハットトリックを決められ、3-2で5連敗となってしまいました。


拍手で迎えるゴール裏。
e0074253_14475226.jpg


悔しい。すっごく悔しい。
やればできることがわかっていながら、それをできない時があったり、やらない選手がいたりするのは、見ていてほんとに悔しいです。その一歩が、順位となって表れているのでしょうね。
なんだか去年のリーグ戦を時期をずらしてプレイバックで観ているような気になります。
矛盾した言い方ですが、特効薬は「勝ち点」なんだろうなぁ。きっかけさえ掴むことができれば…。
去年の反省を活かして、試合の中で、選手たちだけで、そこを修正していってくれたらと、そりゃ思いますが(笑)、そこがまだ東京の若さであり、甘さで、弱さなのでしょう。
「勝って欲しい」より、「勝たせてあげたい」って思っちゃう。わたしも甘いなぁ(笑)。

残りリーグ戦、あと10試合。まだ10試合。
顔あげてこ。



余談ですが。
昨夜のやべっちFCで、今ちゃんの2点目の映像の直後に、ガラス張りの部屋で観戦していた平山が笑顔で拳で胸を叩く仕草をしている映像が繋いでありましたが、あれは違うタイミングであのポーズをしたときの映像を編集したに違いない。
だって、あのタイミングでフミさんがお弁当食べてるわけないもん(笑)。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-09-26 03:34 | FC東京2006