SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

ベストゲーム&ベストゴール2006

今年のまとめ、第二弾。
スタジアム観戦した中から、ベストゲームとベストゴールを5つずつ選んでみました。

【ベストゲーム部門】

第5位 第11節ヴァンフォーレ甲府戦
今季初アウェイ勝利、今季初連勝で嬉しかった試合。
甲府には来年も行きたいな。

第4位 第26節名古屋グランパス戦
6連敗から脱出した試合。
平山に抱きつくフミさんと強すぎる向かい風に涙。

第3位 第28節ガンバ大阪戦
スタジアムで一番壊れた試合(笑)。
規郎とナオのゴールに撃ち抜かれました。

第2位 第7節ジュビロ磐田戦
ルーカスの復活ゴール×2と、「巧」を受賞したクリのゴールで
2年連続ホームで磐田に勝利した試合。
ガンバ戦や川崎戦に比べたら地味な勝利かもしれませんが、
「この戦い方をシーズン通してできたら優勝争いも夢じゃない」と思える内容だったのです。

第1位 第18節ジェフユナイテッド千葉戦
2点を先制されて追いついて、勝ち越されてまた追いついて、ついに逆転。
最後まで気持ちが切れることなく、サポーターも一体となって
倉又トーキョーの初陣を勝利と花火(←フクアリの)で飾ることができました。
うれしかったなぁ、ほんとに。


【ベストゴール部門】

第5位 第28節ガンバ戦 81分 鈴木
規郎の復活ゴール。何回見てもアドレナリンが出ます。
「キャプテン翼のゲームでイメトレ」という迷言も飛び出しました(笑)。

第4位 第30節川崎戦 89分 今野
まさかあんな遠くから打って入るとは思わなかった。
偶然この試合の録画中継を見た海外サッカー好きの友人から
「なにこの壊れた試合、今野スゲー」というメールがきた決勝ゴール。
この試合のヒーローインタビューもすごかった(笑)。

第3位 第18節ジェフ戦 62分 赤嶺
意外なところが第3位と思われるかもしれませんが、梶山がDFを振り切って
エンドライン際から出したラストパスに赤嶺が反転して潰れながら決めたゴールが第3位。
このふたりがガンガン得点を決める東京の未来を夢見て。

第2位 第6節磐田戦 66分 栗澤
ベストゲーム2位にも選んだ試合のダメ押し弾。
いまでもあの見事な連係を脳内再生できます。
連敗中は「選手はこの試合を思い出して!」とか思ってたなぁ。

第1位 第28節ガンバ戦 84分 石川
ナオがあの大怪我から復帰して、こんなに活躍してくれるとは思っていなかったです。
ほんとに嬉しい。
この1点は、左からのクロスを右足の前にぴたりと止めたトラップが素晴らしかったです。
ゴール後、ルーカスがナオの頭を何度もぎゅっと抱きしめていたシーンは
何回見ても胸が熱くなるいいシーンですよね。


うう、ルーカスのゴールを入れられなかった(>_<)。ほかにもいっぱいあるんだけどキリがないので5つに絞りました。フジさんのJ1初ゴールは別次元の嬉しさなのでランク外、特別賞です(笑)。
来季はここに戸田さんのゴールが入るといいんだけどな…。一昨年トンネルに入って今年抜け出したルーさんみたいに、戸田さんも来年の春にはトンネルを脱出してくれたらいいのに。
わたし、ルーさんが今季も東京でプレーしてくれるって決まったとき、今年こそぜったいやってくれると思ってたんだよ。ほんとだよ!

よし、戸田さんを応援するブログとしては、ここで予言しておくべきだな。
言葉に出して願ったほうが、叶うような気がするし。

「戸田さんは来年二桁得点します!」by若葉


清水で、っていうオチは勘弁してください。泣いちゃうから。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-26 23:45 | FC東京2006