SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

全日本フィギュア 女子SP&FS

高円宮杯U-15決勝を応援しに行ってきました。今年のサッカー観戦は44試合に。
むさしは一時は同点に追いつき、押せ押せの時間帯もあったものの、残念ながら延長で勝ち越され、準優勝となりました。たくましくてちょっとセクシーでガッツがあって、中学生でも青赤は青赤だなぁと思った。お疲れさまでした。ユースの試合も面白いですね。
応援団も元気で楽しそうでちょっとおバカで(笑)東京っぽかったですね。「鹿島アントラーズ!」「一緒に応援!」というコールに応えて、チャントに合わせて手拍子してくれた鹿島サポさん、いいとこあるなぁと思いました。どうもありがとう。準決勝まで見て行けなくてすいませんね、顔の筋肉がこわばってうまくしゃべれなくなるくらい寒かったんで。

長い前置きになりましたが、やっと女子SPとFSをまとめて見ました。国立から一時帰宅してSP見て、夜9時から友達と食事に出かけて、帰宅してFSを見たのですが、ひとりずつレビューするには時間と気力がありませんでした。選手の紹介VTRを延々と流す、6分間練習に出て行く選手たちの真横でわざとらしい小声でレポートする、勉強不足のくせに知ったような口をきく司会のアイドル、そして悪化の一途をたどる死の呪文((C)マイク松さん)、解説をさえぎって内容のないことばかり言う悪夢の実況・・・最悪です。選手たちがとてもいい演技をしていただけに、ほんとうに残念極まりないです。

文句はここまでにして、今回はなんといっても太田由希奈ちゃんがとてもよかったです。「ファイアー・ダンス」は初めて見ましたが、すごくいい振り付けで彼女のよさが引き立っていました。ストレートラインステップからフィニッシュへの流れ、めちゃくちゃかっこいいですよね。大昔にバレエをやっていた者としては、「あんな風に踊れたら」と憧れてしまいます。どの瞬間を写真に撮っても美しく見えるに違いない。ドーナツスピンのフリーハンドひとつとっても、ため息がでるような華麗さでした。復活おめでとう。これからも応援するよー!
武田奈也ちゃんもかわいかったなぁ。スピンがとても上手。ビールマンスピンは取り入れる選手がほんとに多くなりましたが、彼女のはとてもダイナミックで、目を奪われます。たぶん次のアイドル候補としてフジテレビが目をつけるのでしょうが、「ミキティ」「真央ちゃん」の二の舞にならないように気をつけて欲しいものです。
浅田舞も今シーズンは成長しましたよね。安定感が出て、美しさの種類が儚さから強さにシフトチェンジした感じがします。紹介VTRで本人が「日本では妹と比べられて嫌になることもあるけど、アメリカではそういうことがないからいい」って言ってんのに、最終滑走でいい演技をしたあとに「一番身近にいる最大のライバルである妹に挑戦状を叩き付け」とか言ってるよポエムが。(あっまた文句が)
中野友加里はFSのジャンプの失敗さえなければ!それでも失敗を引きずらず最後までスタミナも切れず、表情もよかったので、表彰台に乗れなくても収穫のある年になったのではないでしょうか。世界選手権に出場できてほんとによかった。すっごく期待してます。
浅田真央はちょっと別の次元に行ってしまいましたね。世界で経験を積んで、国内ではプレッシャーも感じなくなってしまったのか(笑)と思っていたら、あの演技の後に泣かれちゃたまりませんね。「わたしの演技はこんなもんじゃない」とロシアで悔しさを噛み締めていたのかな。うーん、この調子でどこまで伸びてゆくのか。「ノーミスできて」よかったね(笑)。
村主さんと安藤美姫はコンディション不良やジャンプの失敗があって残念でしたが、ふたりとも最後まできっちり滑り切るあたり根性据わってます。今シーズンはふたりとも快心の演技ができた大会があったので、よかったのではないかと思います。安藤は世界選手権でがんばって。

というわけで、超駆け足の全日本フィギュアを見ました、という報告エントリーみたいになっちゃいましたが、明日から実家に帰るのでそろそろ寝ます。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-30 02:08 | フィギュアスケート