SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

バレンタイン大作戦 その2

荒川姐さん、よくぞ言ってくださいました。

荒川静香デリカシー欠く質問者を諭す(ニッカン)
>義理チョコという言葉は好きではありません。
>バレンタインチョコは、女性が男性へ感謝の気持ちでささげるものだと
>思っています。気持ちがこもった贈り物を“義理”とは言われたくありません


サポティスタで見つけた記事での、姐さんの発言。相変わらず落ち着き払ってます。

>人に贈り物をするということはとてもすてきなことなんですよ

これに同意する人はわたしも含めて多いと思われるけれど、それを実践したうえで、カメラやマイクに向かって自分の言葉で話せる人は多くないと思うのです。
「人に贈り物をするのはとてもすてきなことですよね?」
「そうですね」
みたいに、インタビュアーがぜんぶしゃべって同意だけさせるのはよく見ますが、試合直後にそういう質問ばかりするからスポーツ選手は話すのが下手だと言われる(あるいは下手になる)んだと思うなぁ。
話が逸れました。


荒川さんの落ち着きぶりや、自分の考えを大々的に主張はしないけれどそれに反することには決して迎合しない態度は、トリノの前も後も変わりません。
年下だけど憧れちゃう、とトリノのエントリーにも書きましたが、お手本にしたいな、と思う女性のひとりです。

いい年して「ニャン」とか言ってる子より、こういう記事をもっと大きく扱うべきだと思うニャン(あっ)
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-02-16 08:31 | 日常