SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

勝利の効能は ナビスコ予選第3節 大分トリニータ戦

仕事をなんとかやっつけて、急いで帰ってMXつけたら、今ちゃんのアップが映っているところで、まだ試合が始まって数分しか経ってないのに鬼の形相でボール奪いに行ってて、それを見て「今日は勝てるかも」なんて思ったのです。スタメンの組み合わせなのか、気合いの入り方なのか、なにが違うとこうも変わるものなんでしょうかね。今日のような気持ちで次からも戦ってくれれば、これからでもぜんぜん遅くないです。とりあえずは、ほっとしました。

浄くんのプレーが「らしく」なってきて嬉しい。伊野波も最近の中ではいい動きでした。クリと信男さんは泣けるほど献身的だった。梶山はU-22代表のいいテンポを東京にも持ち帰ってくれたし、規郎もよかったですね!後半さすがに疲れてましたが(笑)。やっぱり4バックと今ちゃんががっつり安定していることが、東京らしさを発揮するための第一条件なんだわ。最後の10分くらいはヒヤヒヤでしたが、守り切ってくれてありがとうシオちゃん。

大分は、ホームで負けたときは組織プレーが怖かったけど、今日は調子悪かったようですね。ところどころ怖かったのは深谷や高松の個人プレーでした。あと、GKが西川くんじゃなかったら3-0で勝ってた(笑)。

ナビスコ予選リーグ首位の大分に1勝できたことは大きい。これでまだナビスコも楽しめそうです。大分は寒そうでしたから、温泉に肩まで浸かって(今日のトーチュウの挿絵はすごかった)おいしいもの食べて、疲れを癒してきてください。いいなあ温泉。
次はすぐに新潟戦。今日の勝ちでいい雰囲気になったと思うので、味スタでもいいサッカー見せて欲しいものです。


ルーカスのヘディング先制弾と、森野の9回表勝ち越し3ラン。
久しぶりにテレビに向かってでかい声出してしまった、東京サポ&中日ファンにはたまらない夜なのでした。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-04-04 23:02 | FC東京2007