SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

第13節 名古屋グランパスエイト戦

今さら感たっぷりですが名古屋戦の感想など。

えーと、ノッポンがかわいかった。
…じゃなくて。
東京のノッポンはぜんぜん働いてくれませんでしたねー。前半のうちに交代してしまえ!と思いながら観てました。試合中に誰か怒る人はいないのか。

暑さのせいか、前線でのチェイシングは省エネモードでしたが、中盤でプレスが効かなくて名古屋の二列目からフリーで簡単にクロスを上げさせちゃってたり、セカンドボールを奪われまくったりしたのはいけませんでした。
DFラインは、土肥ちゃんも含めよく守ってたと思うのですが。失点シーンは、フリーの杉本から本田にボールが渡ったところで、今ちゃんがヨンセンのマークを捨てて詰めたところをスルーパスで逆を突かれ、フジさんがヨンセンにつききれず…という感じ。味スタでは、「あ、あ、やられる!」と思いながら、スローモーション見てるみたいだったなぁ。
名古屋もチャンスで外してくれてたし、あの一瞬さえ集中していれば、と悔やまれます。

いや、でもこの負けは失点のせいではなく、無得点のせいですよ。
わたしはサッカー素人だけど、東京の試合だけは一所懸命見てるよ。負けた試合のビデオもひととおりは見る。我ながらMだなと思いながら見ます(笑)。
だから、福西さんの冷静さは後半にこそ効くのではないかとか、リチェはマークされたら厳しいなとか、ルーカスにくさびのボール入れたら次どうするのか決めといてよとか、梶山がサイドで相手の脅威になるかって言ったらそうじゃないよなとか、それぐらいのことは考えるのです。フラストレーションも溜まる。だって、そんなことヒロミさんがわかってないわけないのに!

試合終了後は審判へのブーイングがありましたが、わたしは東城さんであれぐらいならまあ普通だと思うけどな。たとえ最後のPKを取ってくれて1-1で引き分けたとしても、勝ち点1拾えてラッキーと思うだけで、後味の悪さは変わりません。
それよかわたしは初めてヒロミさんにブーイングしたいと思ったよ。
90分ファイトできる選手だけを使って欲しいよ。オシムおじいちゃまじゃないけど、そういう選手がいないならベンチに7人も入れなくたっていいよ。いま一番得点の匂いがするルーカスと赤嶺を中心に、その二人を活かすためのスタメンを組むのが自然なんじゃないのかな…わからん…。

3連勝して、ナビスコ決勝T進出も決まって、この大事なところで、圧倒的に強かったわけでもない名古屋(すいません)に、「いかにも東京らしい負け方」をするのがやっぱり東京なんだよな…。


プロ野球交流戦、愛するドラゴンズはいまのところ3勝3敗。去年の日本シリーズの雪辱をナゴヤドームで果たせず残念です。しかし勝っても福留が打たないとなんとなくスカッとしないし、中村ノリは一所懸命やってるのがわかるからエラーにも目をつぶるけれど、李炳圭の緩慢な守備を見ていると「英智か一樹使え!」と思っちゃう。

大相撲夏場所の千秋楽をテレビで観ました。先場所のグダグダな優勝決定戦がずっと引っかかっていて「二場所連続優勝って言ってもさー」なんて思ってたのですが、結びの一番を観てようやく白鵬を応援する気になりました。
「まさに新時代を予感させる大相撲!」「横綱昇進文句なし!」という吉田さんの実況も相まって、久しぶりに大相撲で感動しましたよ。
そうなのよ、これなのよ。先場所はあんな大事なところで横綱と大関がヘタレな相撲を取るから文句言われるんだよ。

…つまりなにが言いたいかというと、
「やればできるって知ってるから、やってない(ように見える)と失望する」
「ベストを尽くしたと感じられれば、負けたって下向かないでいられる」
ということ。(負けてもいい、とは言わないよ)
やればできる子たちなんだから、ここでこそヒロミさんの手腕に期待したいんだけどなぁ。
わたしはいつから、野球を見ても相撲を見ても東京のことを考えるようになっちゃったんだろう。


口うるさいエントリーになってしまった。年取るっていやぁね(笑)。
日本平には行けないので、次が6月17日の浦和戦(うわー)だと思うと、名古屋戦の後味の悪さがいつまでも消えないのでした。

埼スタのコロンビア戦には行く予定。U-22マレーシア戦は、仕事が早く終わったら行きたいな。安いし。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-05-29 23:46 | FC東京2007