SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

先行き不安。

寿命が縮むような後半を終えて1点を守りきり、最終予選3試合を終えて勝ち点7で首位ターン。監督を交代するなら、このタイミングだと思うのですけれど。


伊野波の左SBはダメすぎでしょう。内田を攻撃的に使って、3バックへの移行も視野に入れつつという意図だったのでしょうが、カタールの攻撃が左サイド中心だったのはスカウティングの想定外ですか?伊野波は攻撃参加が少なかったことはともかく、後半は左サイドをがら空きにして数的優位を作られることしばしば。カバーしてくれていた本田拓が退場し、急遽投入された小林が10番のマークにてこずったこともあって、終盤の左サイドは目も当てられない状態でした。
右サイドでは水野と内田が遠慮し合ったり打ち消し合ったり。梶山が縦にいいパスを通しても、受け手が感じてなかったり。森島はガッツがあるのは充分わかったのですが孤立気味でちょっとかわいそうでした。2人だけじゃ点取るの難しいよね。

ポジションやシステムにフィットしてない選手が多いなぁ、というのが最終予選3試合を終えての感想です。
水野と内田の右サイド機能不全然り、安田がいるのに伊野波の左SB然り。梶山と組ませる守備的ボランチの人選も、勝ちにいかなきゃいけない試合での森島ワントップという選択も、わたしには理解できないことばかり。
10人になった段階で、いっそ3バックにして伊野波ボランチの方が安定したかも。それとも、内田を下げて平山を入れて放り込み作戦って手は?あれだけスタミナのある森島と、ターゲットにもなれてキープもできる平山なら、ふたりでカタールDF3人を引きつけられたはず。そしたらあんなに波状攻撃をくらうこともなかったんじゃないかな。

反町さんはこのメンバーでどういうサッカーをしたいんだろう?
水本を中心としたDFライン、梶山の展開力、水野と本田圭のサイド攻撃、ポイントゲッター平山と、こぼれを狙える相方FW。このへんの替えの効かない選手たちを軸にして、最適配置を考えるのが妥当じゃないのかなぁ。U-20を合流させるにあたって、優先順位がぐちゃぐちゃになってる気がする。
選手同士でライバル意識を持つのと、監督が「○○より△△のほうがいい」みたいな発言をするのとは、違う次元のお話だと思うのですが。この期に及んで競争させてどうする。チームで闘って、チームで勝つんじゃないの?

このチームって、初めて見た試合が一番よかった。個人がキラキラしてて、しかも噛み合ってました。勝つことが楽しむことの延長線上にあって、みんなが同じベクトルにのっかってるように思えた。
でも今の状態では、北京五輪の出場権を獲得できても本大会でいいサッカーができるのかどうか、ほんとにほんとに心配です。

選手たちは、反町さんを信頼できているのかな?


と、ここまで書いたところでこのニュース。

梶山陽平選手の検査結果について(FC東京オフィシャル)
□病  名:左脛骨高原骨折
□全  治:約3〜4ヶ月間

心配だったけど自分で歩いてたし、ブログ更新してるくらいだからたいしたことなかったのかなと思っていたのに・・・本人のショックを考えると言葉もありません。代表にとっても東京にとっても痛すぎる長期離脱。ああ・・・泣きそう・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-09-13 20:36 | サッカー日本代表