SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

梶山さんの回復力

9/12 U-22カタール戦にて左脛骨高原骨折、全治約3〜4ヶ月と診断。

9/14 今季中の復帰は絶望となり、リーグ戦、同最終予選の残り全試合の欠場が決定。(トーチュウ)

10/25 屋外でのリハビリ開始(トーチュウ)

10/31 負傷後初めてスパイクを履いてランニング(トーチュウ)

11/13 患部の経過が良好なら、18日のG大阪戦出場にGOサインが出る見込み(トーチュウ)

11/15 梶山、サウジ戦間に合った!(サンスポ)

11/16 激しい当たりや華麗なスルーパスを披露(トーチュウ)


24日の大宮戦で復帰すれば、怪我からほぼ2ヵ月半で復帰することに。うれしいような、心配なような・・・ほんとに大丈夫なのかなぁ。
しかしすごい回復力ですね。いろんな意味で人間離れしている・・・。
離脱後に五輪代表に後がなくなったことや、東京の連敗を見て(これは福西の離脱も関係あるけど)責任を感じていたんだろうな。ホーム最終戦で梶山の復帰が見られたら、泣いてしまいそうです。天皇杯には梶山がいると思うだけで心強い。来季は東京でも10番つけてくれないかな。(←朝から興奮しすぎ)

15日の神奈川大学との練習試合では、ユー太も出場して1ゴールをあげてます。おかえりユー太(>_<)
でもガンバ戦での出場は難しいんだろうなぁ。トーチュウによれば赤嶺も怪我で離脱とのこと、平山もいないし、ルーカスだのみか・・・。(赤嶺の怪我のショックはまだ受け止めきれてないので今日はスルー)ナオと規郎にがんばってもらわないとね。ガンバは中盤でボール持たれたらきびしいので、前線でのチェイシングを期待してコザかリチェをFWスタメン起用っていうのはどうですか。八田や池上くんもずいぶん長い時間出ていたようだし、出場機会があるといいのにな。ひとつでも上の順位を、という気持ちもあるし、もう残留は確定したんだから、という気持ちもある。なにがベストなのか見極めるのが監督のお仕事か。そろそろ、買ってずいぶん放置してある「最も愛される監督 原博実」を読む時期かしら。(「容疑者Xの献身」を読み終えたらね)

ひとりひとりのレベル(特に攻撃陣)はガンバとは比べものにならないかもしれないけど、みんなでがんばって強い相手に立ち向かうところが見たいです。心の底から見たいです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-16 06:56 | FC東京2007