SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

GPシリーズ第4戦 トロフィ・エリック・ボンパール 男子SP・女子SP

フランス大会、男子SPから。実況は清水俊輔アナウンサー、解説は男子が佐野稔さん、女子は伊藤みどりさん。
なんとジュベールが急病で欠場です。だいじょうぶなのかなぁ。プレオベールに金のチャンスか。客席にシンクロのデデューがいますよ。

中庭健介、「サラバンド」。去年小塚くんが使ってた曲ですね。
最初の4回転を3Lzからのコンビネーションに変更しましたが失敗。SPでジャンプの失敗は痛いですが、スケーティング自体は悪くないのでは。会場ガラガラですね。えのきどいちろうさんじゃないけど、わたしが行ってそこに座りたい。ワインレッドの客席にブルーのリンク、天井から下がる白いバルーンが美しい会場です。エリック・ボンバール社(カシミアのメーカーらしい)が提供する大会なのでリンク周りの広告も統一されていてきれい。解説の佐野さんは「ちょっと慎重になりすぎたか」。62.70。インタビューでは「手をつくので済んだんだとポジティブに考えて明日がんばる」とのこと。うんうん、がんばれ。

カナダのパトリック・チャン。曲は映画「女帝〜エンペラー」より。
3Aは余裕を持って。16歳の割に落ち着いてますね!ん、これダイジェストか?基礎がしっかりしてる。負けるな小塚!SPは70.89。

プレオベール、「アダムスファミリー」より。背中に手が乗ってるよ、こわいよ。3Lzもばっちり決めてきました。最後は曲と合いませんでしたが笑顔でフィニッシュ。SPを省略されるとつらいな。あっという間に終わるので得点メモれないんですけど。追っかけ再生に切り替えます。72.70でトップに。

ベルギーのバンデルペレン。佐野さんの解説は松木安太郎並みに近所のフィギュア好きのおっちゃんですね。ジャンプがダブルになってしまって70.60。
SP終わってプレオベール、チャン、バンデルペレン。中庭くんは5位。まだチャンスあるよ!クリストファー・メイビーも出てるんだ。
男子SP、以上。番組イントロ含め30分・・・。中庭くん+トップ3を放送してくれただけでも最低限よかったと思おう。うん。

女子シングルSP。
始まるかと思いきや、マイズナーと浅田の前回出場大会でのSPを再放送。こういうのが無駄だっていうんだよなぁ。

ハンガリーのビクトリア・パブク。曲は映画「シェルブールの雨傘」より。うわ、実況が進藤になってる凹。清水さんでいいよー。スピンがやたらゆっくりに見えますが大丈夫でしょうか。ドーナツスピンにいく体勢があまりきれいじゃないかな。3Lz+2T、2Aもクリーンに下りました。スタイルがいいので、姿勢が決まったスピンは迫力があってきれい。髪型はポニーテールじゃなくてシニヨンにまとめた方が曲に合ったのではないかしら。44.56。

イタリアのバレンティナ・マルケイ。紹介VTRはなんであんなに下品にまとめてるんでしょう。気の毒だよ。
曲はオペラ「椿姫」より。最初のジャンプが3Lz+1Tに。2Aはなんとか。イタリアの選手はみんなスタイルがいいですね。表情豊かで滑りがダイナミック。アメリカ勢とはまた違った豪快さのある選手です。スピードのあるスパイラル。片手でのビールマンポジションでチェンジエッジしてから手を離すという難しい技。スピンも笑顔で、見ていてニコニコしちゃうような演技ですね。GPシリーズはフランス大会だけの出場らしいですが、また見たいですね。43.18。ジャンプで回転不足をとられたか。
うーん、進藤とみどりさんのコンビはいけてないなぁ。みどりさんの解説が世間話みたいになっちゃってますよ。

実況席にデデューさん登場。日本語で「おげんきですか?」と。進藤「みんな元気だと思います」って誰のことを答えてるんだ。美人を前に舞い上がっているな。早送りしちゃえ。

エストニアのエレーナ・グレボワ、「アランフェス協奏曲」。スケートカナダに続き、ジャンプもクリーンだしすごく落ち着いてます。「コンビネーションジャンプの2回めのジャンプの方が1回めより高くて、プラスのポイントがもらえる」とみどりさん。スピンで脚のポジションがちょっとバランス崩したか。実況・解説の音量に比べて会場の音楽が小さく聴こえるんですが、バランス逆にしてもらえないかなぁ。2Aも確実に。しっとりまとめて確実にポイントを伸ばし、55.24で暫定トップに。

あれ、この大会って澤田亜紀ちゃん出てないんだっけ。後半グループなのかな?

アメリカのアシュリー・ワグナー、オペラ「ヘンリー8世」より。この人もスケカナに続いてしっかりした演技ですよ。気合いの入った表情してる。つなぎのスケートもしっかりしてるし、音楽もきちんとつかんでて、安心して見ていられます。3Fがツーフットだったかも?コーチ怖そうだなぁ。50.48で2位につけました。

澤田亜紀ちゃん出てきました。あんまりスルーだから不安になっちゃったよ。曲は「Armenian Rhapsody」。3S+2Tは回転不足に。ステップから3Tはちょっと斜めになりましたがよく我慢しました。中盤は曲がアップテンポになって、亜紀ちゃんに合った雰囲気に。みどりさんも「子どもから大人になって、表現力もついてきた」とのこと。スパイラルはバックでインサイドからアウトサイドへのチェンジエッジ、最後の2Aを決めて笑顔でフィニッシュ。SPで大きく崩れることもなく、まずまずだったのでは。技術点が10.90・・・ジャンプがすべて回転不足とのジャッジだったようです。29.94と厳しいスコアでした。調整不足だったようで。

サラ・マイアー、映画「パッチ・アダムス」より。白い衣裳のスカート部分にカラフルなバルーンの柄が入っていてとてもキュート。ジャンプは余裕をもって、スパイラルはエッジを掴む仕草にも無理がなくてほんとにきれいな演技です。フライングシットスピンからのコンビネーションは文句のつけようのない美しさ。終始笑顔で、曲の解釈もしっかりしてます。あ、バルーンの柄は映画のシーンとリンクしているのね!うわー、また映画見たくなりました。これはメダルが狙えますね。スコア53.98でグレボワに続いて2位に。うーん、意外と技術点が伸びなかったな。

キミー・マイズナー登場。スケートアメリカに続いてGPシリーズ2勝めを狙います。曲は映画「パッション〜最後の誘惑」より。スカートが静電気で脚にまとわりついてますが気にならないかな。ステップからの3F、3Lz+3Tのつもりがふたつめが2回転、しかもツーフットに。ありゃりゃ、またこのジャンプで失敗ですね。ステップシークエンスはキレのある動きで高得点が狙えそう。浅田相手にSPでの失敗は痛いですね。他の要素がよかっただけに・・・。55.98でトップに。インタビューが吹き替えになってますよ、なんか変な声でやたら芝居がかってます。友近のキャサリンみたいで笑えるのですが、こんなことするなら字幕でいいのでは。

浅田真央、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。初戦でバランスを崩した3F+3Lo、今回もふたつめが1回転に。ううーん、去年みたいにひとつのジャンプにこだわりすぎて、縛られているのか。3Lz、2Aはクリーン。スパイラルシークエンスの、ビールマンポジションから右手で右ひざを持ってポジションチェンジしたあとの姿勢はためいきものです。SlStはカナダ大会のときよりまた一段とよくなってます。演技終了後はちょっと泣きそうな顔してますが、全体的にはカナダのときよりよかったと思うんだけどなー。56.90でトップに立ちましたが不満そうな顔。泣かないで、明日もがんばろう。で、ファイナルで成功すればいいんだよ。
「明日は3Aも跳んで優勝したい」と、インタビューでは笑顔も出ていたので大丈夫かな?

明日も19時から。ガンバ戦見て帰宅して、結果を知らずに見られるか?
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-17 20:53 | フィギュアスケート