SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

GPシリーズ フランス杯&ロシア杯

フランス杯のFSとロシア杯を立て続けに見ました。
そのあと九州場所千秋楽を見てて、千代大海の千秋楽休場での白鵬優勝決定、その白鵬を結びで琴光喜が破った一番にびっくりしてます。千代大海なにやってんの〜!琴光喜は10勝5敗でした(笑)。

さてフィギュア。フランス杯は、浅田とマイズナーが順当にファイナル進出権を獲得おめでとう、という以外は、ミスも多くてあまり面白くない大会だったように思います。がんばったのは3位入賞のアシュリー・ワグナー。素晴らしいスケーティングだったし、観衆の目を釘付けにする魅力のある選手ですよね。

男子はロシア杯を終えてウィアーとランビエール、ライザチェックとチャンがファイナル出場を決めました・・・でいいのかな?ランビエールのフラメンコはちょっとお疲れだったのかジャンプのキレがいまいちでしたが、ファイナルに期待しましょう。小塚くんは5位。うーん、GPシリーズでひとつくらいメダルを獲りたかったですね。
(ちょっと追記)
Get Sportsの枠で男子FSを放送してくれたので、小塚くん、バトル、アンドレイ・ルータイ、アンドレイ・グリアゼフ、ウィアー、ランビエールを見ました。ウィアーはコーチが変わって力強さが加わりましたね。ランビエールは4回転で転倒もありましたが「ポエタ」のプログラムはやっぱりかっこいい!今のランビエールなら紅いバラを銜えても許すわ。投げ込まれた白いくまのぬいぐるみは、似合わなくてまたかわいい(笑)。ファイナルでは高橋と金メダル争いして欲しいです。
NHK杯の結果を待って、高橋・グリアゼフ・バンデルペレンあたりがファイナル出場権争いでしょうか。ダウ゛ィドフとキャリエールは優勝しないと厳しいか。

ロシア杯の女子シングルは素晴らしかったですね!ファイナルを狙う上位選手が、1戦めで失敗したところをきっちり修正して、レベルを上げてきてます。村主さんも中野友加里ちゃんもSPはほぼミスなしで、いい位置につけました。SPはもしかして昨日テレビ放送があったりしたのかしら。真央ちゃんミキティが出てないのにそれはないか。

女子FS、ロシアのカタリナ・ゲルポルト。衣裳を見ただけで曲がわかりますね、R.コルサコフ「シェエラザード」。ジャンプの失敗が続いてしょんぼりでしたが、アティチュードでのスピンなど工夫されていて、まだ19歳だしこれからが楽しみな選手でした。なんたってロシアだし。

ジョアニー・ロシェット、ミュージカル「ドンファン」より。
最初の3Lz+2T+2Loのコンビネーションを決め、序盤のジャンプはどれもクリーン。SlStは音楽の細かい音符をきっちり拾ってステップに合わせてきます。3Sもばっちりで、すごく乗ってる感じ。解説の伊藤みどりさんがジャンプを降りるときに「んおっ」とかいう音を発してます。選手の気持ちになってるんだなー。終盤の連続ジャンプでちょっとバランスを崩す場面もありましたが、ガッツポーズも出たように快心の演技だったのでは。FS119.35、トータルでトップに。技術点が64.71でした。

村主章枝、「オブリウ゛ィオン」。序盤の3Lzや3Fを連続技にしなかったのですが、中盤できちんと連続ジャンプを入れてました。みどりさんはスピンやスパイラルの解説を細かくしてくれて勉強になります。テンポが速くなったところでのステップは振付けがとても独創的で村主さんのよさが存分に引き出されてます。大きなミスはなく、91.97、トータル148.15でロシェットに及ばず、暫定2位。

キーラ・コルピ、ミュージカル「オペラ座の怪人」より。よく使われる曲ですが、このアレンジが一番好きだわ。衣裳もシンプルながら凝っていて素敵。
最初のループが2回転に。SPは完璧だったのになぁ。ジャンプのキレが悪いながらも笑顔で滑ってます。美人は得だ。中盤から調子をあげて、3Lo+2T+2Tを決めました。スピンやつなぎのスケーティングは抜群。クリスティーヌの雰囲気がとてもよく出ていました。FS96.04、トータル154.26で村主の上に。

中野友加里、R.コルサコフ「スペイン奇想曲」。3A完璧!すごーい、去年から技のレベルアップとともに精神力もすごく鍛えられたように見えます。スピンはどれも姿勢が美しく、スピードもあります。3Lz、3Sもクリーン。この人は、スピンで回りながらエッジを掴む姿勢がほんとにきれい。終盤にも3F、3T+2T+2Loと、ばっちり。集中してます。 CiStも音楽に乗って、そこから見せ場のスピンへ一直線!おお、すごい!これまで見た中で一番いい演技でした。ファイナル出場間違いないでしょう。技術点が57.15。どこか回転不足取られたかな?FSで112.27、トータル172.77でトップに。佐藤先生、乙女の太ももを叩かないでください(笑)。

真打ち登場、キム・ヨナ。「ミス・サイゴン」より。序盤の振付け部分を見ただけで前回大会よりコンディションがいいのがわかりますね。3F+3Tは高さも幅もあって質の高いジャンプ。3Lz+2Tも素晴らしい。スピンの姿勢が独創的。後半の3Sあたりはちょっと疲れてきたか?ステップシークエンスはキレがあります。でもまだ余力がありそうに見えます。心の底から情熱が迸るような演技をするようになったら、浅田真央も技術点でしか対抗できないかもしれない・・・。技術点72.90、演技・構成点60.80、FS133.70!なんじゃこの点数!トータル197.20というすごいスコアでぶっちぎりの優勝。
本人はジャンプの出来が不満らしい。ファイナルでは完璧対決が見たいですね。

来週はついにNHK杯@仙台です。NHK!NHK!いやーやっとテレ朝から解放されるよ!きっとペアやダンスも放送してくれるに違いない。堪能するぞ〜。
日本からは男子シングルに中庭、南里、高橋。女子シングルに安藤、武田、浅田舞、アイスダンスにリード姉弟が出場。男子はファイナル進出のかかった高橋、ウ゛ェルネル、キャリエールあたりが注目です。女子は安藤とコストナーが順当にファイナル進出を決めるかどうか。サラ・マイヤーやゲデウ゛ァニシウ゛ィリを相手に回して、武田・浅田舞がメダル争いに食い込めるか。
いろいろ楽しみです。甲府で見られるかな?勝利の美酒に酔っぱらって寝ちゃうなら、それでもいいんですけど♪
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-25 17:21 | フィギュアスケート