SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

GPファイナル 男子シングル&女子シングル SP

ついに始まりました、フィギュアスケート2007グランプリファイナル。会場はトリノオリンピックと同じパラウ゛ェ−ラです。今年、いま、最も勢いのある世界の6人(6組)の演技を、テレ朝の雑音に負けずに楽しみたいと思います。

男子シングルSPから。実況は清水さん、解説は佐野さん。
ステファン・ランビエール、「カルネ・クルーダ」。セクシーなんだかよくわからないポーズから演技開始。せっかくのパラウ゛ェ−ラなのに、リンクの周りの広告がうっとおしくなっていてオリンピックのときとは雰囲気が違うのがちょっと残念・・・。
ランビエールはSPから4回転を成功させてきました。しかも3回転とのコンビネーションで。攻めてるなぁ。3Fもこらえ、レベルの高いシットスピンや丁寧なステップで、完全に金メダルを狙った演技ですね。キス&クライではてんとう虫好きをアピール。わかったわかったから。83.80の高得点が出ました。

うわ、いないと思って安心してたら浅田が練習してる近くで実況という名の邪魔をしている角澤。誰か通報してくれないかな。イタリアの警察につかまっちゃえ。

ジョニー・ウィアー。
曲はオペラ「ユノーナとアウ゛ォ−シ」より。馴染みの薄いオペラですが美しい曲です。3Lz+3Tは加点をもらえそうな質の高さ、調子の良さを継続してきているようです。と思ったら3Aで転倒。その後は繊細さに力強さが加わった今季の本来のウィアーらしい滑りだったので、もったいなかったです。美しい姿勢のスピンから、彼にしかできないポーズでフィニッシュ。70.84で高橋を残して3位。え?ウ゛ァンデルペレンは?チャンは?ライザチェックは?放送しないの!?ファイナルって6人しか出ないって知ってる?世界のトップ6より浅田の練習風景や紹介VTRの方が大事とは・・・予想はしてたけど、ほんのちょっと抱いていた期待が見事に裏切られて、しょんぼりです。修造と荒川さんのトークも、いらないよ・・・。こりゃペアもアイスダンスも放送してくれないんだろうな。

高橋大輔、「白鳥の湖」Hip Hop version.
3F+3T、3A、3Lzといずれも速さも高さも充分。相変わらず調子よさそう。ステップのキレもますます増していて、スケールの大きいスケーターになってきました。シットスピン低いな!余裕を持ってフィニッシュ。84.20、僅差ですがトップに立ちましたよ。いいじゃないですか♪むりやり「♪」とかつけてみましたが、3人スキップで凹んで立ち直れません。

SP終えて高橋・ランビエール・ライザチェック・ウィアー・ウ゛ァンデルペレン・チャンという順位。みたいです。

***

女子シングルSP。実況は森下さん、解説は荒川さん。
トップバッターはキャロライン・ジャン、「スパニッシュ・ジプシー」。
3F+3TはFでぐらつくもしっかり降りました。3Lzは決まったように見えましたが踏切りのエッジが間違えていたと荒川さん。そこまで見分けられるようになりたいなぁ。スパイラルやスピンなどは余裕をもってきちんとアピールできてます。14歳でファイナル初出場で、この落ち着きぶりは恐ろしいですね。凄味を感じます。浅田真央だってもっと子ども子どもしてたよ。61.82といい点が出ました。

中野友加里、ショパンの「幻想即興曲」。念願のトリノでの演技ですね。
最初に3F+2T。スピードに乗ってきれいに決めましたが、やっぱりSPでは3+3が入らないと得点に差がついちゃうかなぁ。いい表情してます。どんどんきれいになってる気がする。3Lzもきちんと決めました。スピンはひとつひとつの姿勢がすべて美しく、軸はぶれないししかもめちゃくちゃ速いし、文句なし。ロシア大会後にレベルアップしたというSlSt。丁寧に音を拾って踏んでました。得意の2Aからドーナツスピンでフィニッシュ。わぁ、これはいい演技だったのではないでしょうか。59.78。

カロリーナ・コストナー。地元の声援を受けてのびのび滑れるといいですね。曲は「Riders of the Storm」。
滑り出しから大迫力。なんか貫禄ついてきました?3F+3Tはとてもきれい。これはいい演技になりそう。3Lzもばっちり。なのになんでこんなに遠くから映すんだろう。スパイラルの姿勢は独特(ひざが曲がりすぎ?)ですが、あれは美しいのか?もうちょっと柔軟性がつくと最高なのですが。2Aがシングルに・・・ここでミスは痛いなぁ。SlStとスピンはちょっとぐらついたかな?ミスが響いて59.86。

キミー・マイズナー、「パッション〜最後の誘惑〜」より。
スパイラルから入ってきちんと音楽に入ってから3Fをきっちり。3Lz+3Tは3Tが回転不足だと荒川さんの指摘。コンビネーションスピンやステップは音を細かく拾っていてスピードもあるし、高いレベルが取れそう。59.08。ファイナルはほんの少しのミスが順位に響きますね。でも、GPシリーズのときの課題をきっちり消化してきているのでは。あとは3Lz+3Tの精度を高めれば。

浅田真央、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。のはずですが、早送りしても早送りしても演技が始まりません。やっと始まった。最初の3F+3Loで手をついてしまいました。やっぱり意識しちゃうのか。うわ、3Lzに入る前のステップでつまづいて3Lz自体を飛ばしてしまった。後から入れられるかな。スパイラルもいつもより動きがぎこちないな。ステップは上半身の動きも大きく、いい感じなのですが・・・。なにが起こったのか自分でもわからないような表情をしています。要素がひとつ足りない中でも59.04。この差はまだ埋められる範囲だと思います。明日までに気持ちを切り替えられるか・・・がんばれ。

キム・ヨナ、オペレッタ「こうもり」。
最初のコンビネーションジャンプで、ひとつめの3Fで手をついてしまいふたつめがシングルに。珍しいな。スピードを出し過ぎてコントロールしきれなかったのでは、と荒川さん。3Lzはばっちり。スパイラルは、いつもはもうちょっと脚上がりませんでしたっけ?腰が痛いのかな。SlStはこの曲の一番いい部分を使って、テンポがゆれるところもきちんと掴んでいて大好きなパートです。最初のジャンプのミスなどなかったような笑顔で、イナバウアーから2Aを決めて、高速I字スピンからフィニッシュ。64.62でトップに。

SPの順位はキム・ヨナ、ジャン、コストナー、中野、マイズナー、浅田。やっぱりファイナルまで行くと経験が物を言いますね。きっちり演じるという意味では中野はばっちりだったので、FSでも落ち着いて3Aが決まれば、メダルは射程圏内でしょう。浅田は開き直って底力を見せられるかどうか。折れないで欲しいな。


男子は3人スキップ、ペアとアイスダンスはスルーどころか結果も教えてくれないテレ朝に絶望しました。明日(もうとっくに今日)にはついにGPファイナルの結果が出るというのに(アイスダンスと男子シングルはもう終わって、さっき結果も見ましたが)、なんだろうこのぜんぜん楽しみに思えない感覚。実況のレベルの低さや修造の無駄なコメントは、無視したり飛ばしたりして我慢するようにしてるけど、放送してくれないなんてひどいよ。ほんとに悲しい。大好きなフィギュアスケートだけど、こんなことばかり書いてしまうなら次の大会からブログのエントリはやめようかなと思います。もともと自分が感想を書き留めておきたかっただけだし。
せっかくの土曜の夜なのに、すっかりやさぐれてます。この気持ちを救ってくれるような演技を、選手に期待するしかないか・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-16 01:09 | フィギュアスケート