SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

GPファイナル 男子&女子シングルFS

今日はずっと出かけていたので、CWC三位決定戦は見てません。PKまで行ったのか〜、1.5倍速で見るかな。決勝は後半28分、さっきミランが4点めを入れました。つよいなミラン・・・。横浜は寒そうです。

グランプリファイナル2日め。昨日はぐだぐだと文句を書いてしまってすみませんでした。今日は可能な限り演技に集中して観たいと思います。放送してくれる演技に、ですけどね(苦笑)。

男子シングルFSはエウ゛ァン・ライザチェックから。曲はプッチーニ「トスカ」より。
4T+3Tをきれいに決めて最高の滑り出し。3Aもこらえました。お客さんが少ないなぁ。3Sで惜しくも転倒。スピンは軸がきれいでスピードもばっちり。つなぎのスケーティングは安定してます。後半に3A+3、3F+3T、3Lz、2A、そこからのCiStは曲に合ったドラマチックな振付けでお客さんを惹きつけ、圧巻のSlStは魂のこもった滑り。素晴らしい!トリノオリンピックのプルシェンコにも負けない熱い「トスカ」でした。FS150.08、トータル229.78で暫定トップへ。

ランビエールの「ポエタ」。今シーズンずっと楽しみにしていた、ファイナルでのランビエールのフラメンコです。
最初の3回転で着氷が乱れました。4回転も両手をついてしまい、不安な滑り出し。3Loを決めたところからは動きの固さが取れたかな。スピンのポジションチェンジははっとする美しさです。後半は3F+3T+2Tを決め、その後もジャンプは少し正確性を欠きましたが、やっぱりSlStは素晴らしい。疲れてないんだろうかと思うようなキレです。ラストのスピンでは思わず「かっこいいー(>_<)」と言ってしまいました。完璧にはまだ遠いですが、世界選手権にまた楽しみができたと思おう。FS155.30、トータル239.10。

ファイナルの最終滑走に高橋大輔が登場。もうこれだけで胸がいっぱいですがしっかり観ましょう。チャイコフスキー「幻想序曲 ロミオとジュリエット」。
最初の4回転は入りがあまりよくなかったのか3回転に。次の4Tは成功!これで乗っていってくれれば。3Aは加点をもらえそうな美しさ。CiStもしっかりエッジに乗っているし、音楽にも合っています。雰囲気もすごくいい。3A+2T+2Lo、3F、サルコウは2回転に、3Loとラストの3+2Tはきれいに決めて、あとはフィニッシュに向けて突っ走るだけです。スタミナは残っているか。ああ、足にきてるなー。余裕はないですがなんとかフィニッシュ。ランビエールを上回れるか?154.74、うわぁ、惜しい〜!トータル238.94で、僅差ですが銀メダル。

優勝はランビエール、2位は高橋大輔、3位にライザチェック、4位ウィアー、5位チャン、6位ウ゛ァンデルペレンという結果になりました。高橋の3季連続GPファイナル表彰台は素晴らしいですね。おめでとう!
(余計なことですが、高橋の演技が始まるのとボカ×ミランのキックオフがぴったり同じ瞬間でした)

***

女子シングルFS、一番滑走は浅田真央、ショパン「幻想即興曲」。
最初の3Aはばっちり決めました。ほんのちょっと左のエッジを着いちゃってますかね。3F+3Tはふたつめが回転不足かもと荒川さん。気合いの入った表情しています。ステップからの3Lz、きっちり降りましたがやっぱりロングエッジで減点対象かも。3Lo、3F+3Lo、昨日は失敗しましたが今日はきれいでした!2A+2Lo+2Lo、このへんはまったくあぶなげなく。少し振付け変更してますかね。SlStは最後までしっかり滑り切りました。よく集中して持ち直してきましたね。FS132.55、トータル191.59。後から滑る選手にプレッシャーを与える高得点が出ました。

キミー・マイズナー、曲はプッチーニ「トゥーランドット」。
序盤の3回転をふたつ連続して転倒。どうしたんだろう、いつものマイズナーの演技にはほど遠い。また転倒が・・・体調でも悪いんだろうか。最後までがんばって!SlStも、なんとか振付けをなぞっているだけでしっかり踏めてないです。ああ、観ている方がつらい。お客さんの拍手が彼女を勇気づけ、最後まで滑らせてあげたように思います。フィニッシュしてがっくり。FS95.14、トータル154.22。ほんとはもっといいスケートができるはずなのに、残念な大会になってしまいました。世界選手権での復活を待ってますよ。アメリカもジャンとか若手が台頭してきてプレッシャーとかあるんだろうか。

中野友加里、R.コルサコフ「スペイン奇想曲」。
滑り出しはとってもいい雰囲気。3Aはばっちり。ほんとにいい確率で跳べるようになりましたよね。3F+2Tから速いスピンで序盤は完璧です。これはメダルも狙えるのでは!3Lz、3Sもスピードがあって着氷もなめらか。スピンでもその都度大きな拍手をもらっています。スパイラルシークエンスのアピールもいいですねー。さあ後半、3Fを決めて笑顔。ああ、得意の3Tを失敗、珍しい!しかしSlStは中野らしく基本のしっかりしたうえに表現力のぐっと上がったいい滑りです。3S+2T+2T(かな?)を最後に決めてフィニッシュ。ちょっとぐらっと。
FS113.18、トータル172.96で2位に。

カロリーナ・コストナー、ドウ゛ォルザーク「ドゥムキー」。
3F+3Tはスピードに乗ってきれいに決めてきました。3Lz+2Loもばっちり。3Fがシングルに。地元のお客さんからひとつひとつの演技に大きな拍手と歓声が起こってます。後半のステップは今季いちばんの出来だったのでは。スタイルのよさを存分に活かした振付けしてますよね。欲を言えば柔軟性なんだよなぁ。腕を、肩の可動域いっぱいで使えるようになると表現がさらにやわらかく、ぐっとよくなると思うんだけど。FS119.07、トータル178.93で中野を抜いて2位に。

キャロライン・ジャン。シューベルトの「アウ゛ェ・マリア」。一番大人っぽい曲使ってますね(笑)。3F+3T、3Lz+2Tと簡単そうに跳んできましたが、曲の割に元気いっぱいすぎるかな。FSはもっと雰囲気に合った曲を選んでもいいと思うのですが。スパイラルはとってもいいですよね、お姉さんたちにも負けてないです。最後の3Loで残念ながら転倒がありましたが、美しいパールスピンからさらに美しいビールマンスピン、そしてI字スピンを笑顔で回ってフィニッシュへ。FS114.66、トータル176.48で3位につけました。

最終滑走キム・ヨナ、曲は「ミス・サイゴン」より。
滑り出しからフィニッシュまで、見とれてました。巻き戻してもう一回観ましたが、最後まで落ちないスピード、ひとつの転倒を除いて完璧なジャンプ、まったく隙のない滑らかなスケーティングで、文句なしの優勝でしょう。これ以上なにを磨いていこう、というような美しさ。ほんとに精神力の強い選手ですね。感動的でした。FS132.21、トータル196.83で優勝。

最終順位は1位キム・ヨナ、2位浅田、3位コストナー、4位ジャン、5位中野、6位マイズナー。中野はほんとにいい演技でした。正直、いま日本の女子シングルで一番応援している選手です。日本選手権で優勝しないかなぁ。浅田はFSで挽回するも、SPの点差は縮まらず、逆転優勝は叶いませんでした。やっぱりキム・ヨナ相手にはひとつのミスも許されないということですね。ノーミス対決はいつ観られることか。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-16 21:14 | フィギュアスケート