SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

全日本フィギュア選手権 男子シングルFS

もう寝たほうがいいのはわかってるのですが、我慢できなくて観ちゃいます(笑)。男子シングルFS。眠いので感想は簡単に(するつもり)。4回転を2回とも転んでも優勝できそうな点差ですが、高橋には油断せず完璧に滑ってもらいたいですね。

小塚くんは気持ちが入った演技でしたね。3Loが抜けてしまった以外はジャンプもきれいだったし、落ち着いて自分の動きを制御している感じがしました。小塚くんのスケートって、気持ちが入っていてもどこか理性的ですよね。若いのに(笑)。久しぶりにガッツポーズ出ました。146.64という高得点。トータル219.34で暫定トップに。

高橋大輔、チャイコのロメジュリ。
・・・2回とも転んでも、なんて言ってすいませんでした。素晴らしいスケーティングでした。かっこよかったー!
世界選手権までに少し時間があるので、少し休んで体力つけて、プレッシャーのかかった局面でも最後まで全力で滑れるようにできるといいよね。そしたらほんとに金メダルも夢じゃないよ。FS169.15、トータルで254.58、もちろん1位。PC5項目のうち4項目が8点台でした。国内に敵なし。将軍、カムバック!

南里康晴、ビゼー「カルメン」。
高橋の直後ではやっぱり滑りにくかったか、安定感を欠いてしまいました。全体的にひざの使い方がもっとやわらかくなるといいよね。ジャンプ降りる時に棒立ちになってるとあまりかっこよくないです。最後までなんとか滑り切れてよかった。フリー131.51、トータル199.81。

SP5位から表彰台を狙う無良崇人。チャイコのヴァイオリン協奏曲。この人はほんとにジャンプが高くて華がありますね。SlStやスピンはまだまだ改善の余地がありますが、それもこれからののびしろだもんね。スケールの大きいスケーターになるのではないかしら。めざせバンクーバー。最後の3Lz決めたのはえらいよ。男子も層が厚くなってきたなぁ。121.45、トータル188.80で4位に。

中庭健介、映画「ブレイブ・ハート」より。がんばれ!
なんだろう、演技の前半からもう涙が出てきちゃって困りましたよ。今年の世界選手権にどれだけ出たいと思っているか、本当によく伝わる演技でした。着氷が乱れても決して手をつかない、あれは精神力でもちこたえたんだと思います。中庭くんってキュートなんだよね。母性本能をくすぐるというか。リンクを上がる前にも一礼。ああもう、高校球児かと(笑)。これまでの努力の積み重ねを見てきているからこそ、本田くんからも「闘う男ですよね」という熱いコメントが。お願いします、3位以内に!
FS127.64、トータル198.94で、3位の南里にほんのわずかに届かず・・・あああ。南里の方が上なのか・・・そうなのか・・・。

最終滑走、梅谷英生。曲は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。
最初は中庭くんのショックが大きくてぼーっと見てたのですが、はっとするようないい演技でしたね。手足が長くて動きがきれい。もう22歳かぁ、もうちょっと色気というか雰囲気があってもいいかな?日本人男子には色っぽさが足りないんだよなー。(高橋は突然変異みたいなもので。)転倒もありましたが、きちんと曲の世界の中で4分半を滑り切りました。FS123.37、トータル181.36。

優勝は文句なしで高橋大輔。3連覇おめでとう。2位に小塚くん、3位南里、4位中庭、5位無良、6位梅谷。
ああー、中庭くんの4位が悔しい。表彰台に乗せてあげたかった。世界選手権で中庭くんを見たかった。小塚くんはこの大会よかったですね。GPシリーズの反省が活かされていたし、引き締まった大人の表情になってきました。世界選手権では南里くんともども、中庭くんはじめみんなの分までがんばるように。高橋が金メダルを獲れるかどうかも含めて、今シーズンの世界選手権は男子シングルがとっても面白そうです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-28 02:09 | フィギュアスケート