SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

We are Tokyo. 第6節 ヴェルディ戦

今週の『巧』、いただきました。大竹がDFを3人ひきつけて味方をフリーにしたのだという堀池さんの解説。大竹かっこいいなぁ。そこに走り込んでいる羽生さんも素敵。フッキと長友って同い年なのね〜。しかし「今野が競ったところに長友が飛び込んでしまってオウンゴール」って・・・うちが失点したみたいじゃないか!まったく失敬なアナウンサーだ。

1日経ってもニヤニヤが続いています。公式携帯サイトの「ヴェルディ戦playback」の中の、「8.同点ゴールを決めた羽生」という写真にハートを撃ち抜かれてしまい、ダウンロードして待ち受け画面に設定しちゃいました。意味もなく携帯を開いてはニヤニヤ、電話を切ってはニヤニヤ。あのスーパーミドルと、うろたえながらの「しゃー!」デビューで、もう完全に東京の子ですよ。
ヒーローインタビューで試合後の挨拶に遅れてきた長友が、スタッフに促されて羽生さんの「しゃー!」に合流するあたりの流れがコントみたいでしたね。平山に「しゃー!ってやるんですよ」とかなんとか言われて戻ってきてきょろきょろしてる羽生さんと、自分も初めてのくせに妙に偉そうな長友。でんぐり5回転は、NHKサンデースポーツでも流れてました。ふたりとも、東京ダービーでヒーローになるなんて、「持ってる」よなぁ。

深夜の日テレを録画して、今日見ました。後半は2回見ました(笑)。
あの大興奮の90分を現場で見て、試合後のインタビューを読んだり見たりして、それからビデオを見るとまたたまんないです。前半終了直前に、フッキにFKから1点決められたことすら、筋書き通りだったのではないかと思えてきちゃう。しかし城福さんすごい声になってましたね。えーと誰が「私自身は冷静に戦う(公式携帯サイト試合前コメント)」ですって(笑)?冷静な分析も、イケイケの采配も、勝ち越しゴール決まった瞬間ベンチから転がり出てきちゃうところも、試合後あいさつで誰よりいい笑顔なところも、全部含めて、いいぞ浩、かっこいいぞ浩。

フジさんは燃えつつ冷静にいつもどおりのフジさんでした。体張って、頭使って。日テレ解説の城さんも絶賛。佐原さんは1試合につき1ポカが仕様なのか、そこがちょっと不安ですが、当たり負けすることもなく勝利に貢献。CKのとき、ゴール裏を煽ってるようなアクションを見た気がするのですが、あれってマークを振り払ってただけかしら。煽るといえばシオちゃんは試合前からオーラが出てた。試合後は浜野コーチとじゃれあったりしてかわいくなっちゃってましたけど♪
みんな気合いが入ってたよね。ピッチに立っている選手はもちろん、ベンチもサポーターも飛田給駅前も(笑)、アウェイだけどいつもより青赤が濃いぐらいでした。ダービーで勝つってほんとに楽しい。ヴェルディに勝って叫ぶ「We are Tokyo!」はほんとに気持ちいい。
東京ダービーってことで、梶山も当社比1.3倍くらいの動きだったような。シュートも狙ってたしね。大竹はあれで「体が重かった」のか〜。カボレ先生は90分がんばってくださいましたので、水曜のナビスコは平山がもっとがんばらないとね。

普段から「観戦記」とはいえないような試合の感想ですが、この試合のはまた胸がいっぱいでまとまるどころか書ききれません。あと3回もあるのか〜、心臓がもたないよ。羽生さんの同点弾が決まって味スタの温度が上がったときに「まだあと30分もあるよ!」とか言ってたぐらいで(笑)。こっちも体力つけて観戦に臨まなきゃいけませんね。
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-04-14 01:32 | FC東京2008