SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

エース赤嶺 第9節 大分トリニータ戦

すいません、8節じゃなくて9節でした。清水戦見てないもので・・・

試合記録 2008年04月29日 大分トリニータ戦(FC東京公式)

エースの赤嶺が大分の守備網破る値千金弾。大分は連勝を飾れず(J's Goalレポート)

GWに入って、あったかくなってきましたね。キックオフ前はバックスタンドが暑そうでした。G2は風があって、後半からやっぱりひざかけが必要でしたが。
大分の2ndジャージは黒とグレーでシンプルでかっこいいなと思ったら、胸スポンサーがないからか。あと、しましまソックスが気になる。しましま流行ってるんでしょうか。


この日もカボレ先生が走ってましたね。DFを何人か振り切ってゴール前へ、という突進もあったし、倒れながらも足を伸ばして味方にパスしたり、相手のファウルを誘ったりと大活躍。あの1対1(あれは西川を誉めましょう)が入っていたら、もっと早く交代してあげられたんですけど。試合が続きますが先生、次も次もよろしくお願いします。

赤嶺は東京のまさに「エース」ですね。いま一番得点の匂いのする日本人FWと言っていいのでは。「ゴールへの嗅覚」が冴えてる感じ。クリのCKを佐原さんがヘッドで折り返したボールの、バウンドした上がりはなを上手にふかさず叩き込みました。ほれぼれ。奥さまは勝利の女神に違いない。

本日1アシストの佐原さん。すっかりCBの軸になってしまいました。点を取るのも時間の問題ですね。モニが復調してきたもののまだちょっと不安なので、ご面倒をおかけしますがよろしくお願いします。
クリは出場するごとによくなってる感じ。FKもシュートも惜しかった〜。早くゴール決めたいですよね。長友は前半控えめでしたが後半はがつがつ走ってましたね。前へ後ろへわんわんと。後半途中から入った前田俊介に走り負けないってすごい。MXでは、赤嶺や長友がいいプレーをする→貴賓室にカメラ切り替え→にやにや笑う反町さんと岡田さん、みたいな映像が多かったのですが、そのたびに背中がぞくっとしてしまうのはどうしてでしょう(笑)。
代表候補といえば、トクは今日のがっかり君でしたよ。いや、見てて面白いんだけどさ、後ろからボールをかっさらわれたり、鈴木慎吾に何度も振り切られたりするのはいけません。右に長友、左に浄さんってスタメンも十分あるんだからね!

主審の西村さんが大分の選手になにか言った、という記事が出ていましたね。スタジアムで見ていたときは、大分の選手に余計なファウルが多いなぁというぐらいの印象でしたが・・・。
躁鬱が激しくモラルハラスメントが日常茶飯事、という上司の下で働いていた時期があります。西村さんが言ったとされている言葉(他人のセリフとしてでも、自分のブログには書きたくない言葉です)そのものではなくても、それに近いような罵倒や人格否定をされて、無表情で機械的に仕事をこなしていたその頃は、ほんとうに心身のバランスを保つのが大変だった。
言葉の暴力は、人の心に深い傷を残します。選手がエキサイトしてひどいことを言うこともあるのだろうから審判も大変な仕事だと思うけど、もし今回の記事が本当なのだったら、愛するチームの大事な選手をそんな人と一緒に仕事させるのは絶対に嫌です。どのチームのサポーターも同じ思いのはず。
せっかくのGW、もっといい話題でサッカーが取り上げられて欲しいのになぁ。


「連敗はしない」。言うは易し、行なうは難し。
言ったからできるってもんじゃないです。怪我人もいる中、1−0で大分に勝つっていうのは、できそうで(ここ数年は)できなかったことです。なんだか強いぞ東京。選手が自信を持って、もっと上、もっといいサッカーを、と貪欲な姿勢を見せてくれるのは、なんと応援しがいのあることか。
次節は、ここ数年いい思いをさせてもらっている「アウェイ大宮」。今ちゃんがよくゴール決めてるイメージがあります。初めて行くNACK5スタジアムも楽しみ。順位に一喜一憂する時期じゃないとは思いますが、でもやっぱり上位にいたらうれしいし名古屋戦へのモチベーションも違ってくるので、連勝といきたいですね。
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-05-01 01:26 | FC東京2008