SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

浅草の休日

久しぶりに歌舞伎を観てきました。平成中村座には一度行ってみたかったのです。
e0074253_0353585.jpg

十月大歌舞伎の演目は「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」、観たのは五段目・六段目・七段目。Dプログラムは「若手が大役に挑む」と銘打ってある通り、勘太郎さんが早野勘平/寺岡平右衛門、七之助さんがおかるを熱演。仁左衛門さんは出番は少なかったですが貫禄たっぷり、勘三郎さんはまあなんというか相変わらず自由なオジさんだ(笑)。このプログラムでは塩治判官での出番がないので、ひたすら楽しんでる風でしたね。愁嘆場がいきなり喜劇になったりするので、笑っていいんだかどうなんだか。勘太郎さんは勘三郎さんにそっくりになってきましたよ。あと、前回観たときと比べて橋之助さん(祇園一力茶屋の場での大星由良之助)がすごく風格が増してるというか、いい意味で年とった感じがしました。ほかのプログラムも観たくなるなぁ。あと十一月公演の法界坊も観たくなってきた。平日ならまだチケットあるみたいなので、有休とって行っちゃおうかな。

浅草も何年ぶりだっただろう。浅草寺の大開帳もあって混雑してました。みんないいカメラ持ってますね。お参りして、鰻食べて、仲見世や花やしきの売店をぶらぶら見て、天気もよかったし楽しかった。ああ、あんなに楽しみにしていた「あんどーなつ」の最終回だけを見逃したのがくやしい。はやくレンタルビデオにならないかしら。

(ゆ。ちゃんへ私信)
というわけで、いま一番「きている」おやつは、舟和の芋ようかんです。スイーツじゃなくてごめん(笑)。
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-10-20 00:46 | 日常