SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

カテゴリ:プロ野球も見るよ( 99 )

ダイヤモンドの大きさ

先日、父とテレビでプロ野球を見ていたときのこと。
一塁走者が盗塁に成功した場面で、父が唐突に「ダイヤモンドの大きさって、うまいことできてるもんだなぁ」とつぶやきました。

ピッチャーが投球モーションに入ってから、ボールがキャッチャーに捕球され、二塁に送球されるのと、一塁ランナーが二塁に走るののどちらが速いか。
このふたつのプレーの速さが1秒以内で競われるためには、なるほどダイヤモンドはこれ以上でもこれ以下でもない絶妙な大きさに設定されているのでしょう。(ちなみにピッチャープレートから本塁までは約18.4メートル、一塁から二塁までは約27.4メートル、本塁から二塁までは約38.7メートル)
それとも、この大きさだから盗塁が面白いプレーになったのかしら?・・・卵が先か、鶏が先か(笑)。

いずれにせよ、「俊足のランナーVS肩の強いキャッチャー」の対決は、わたしが野球を見ていて最も面白いと思うプレーのひとつだったりします。自分の応援しているチームのランナーがアウトにされても、「おお、ナイス送球」と相手キャッチャーを誉めてしまうくらい。
三塁にランナーがいるときに外野フライがあがると、強肩の外野手が見せ場つくったりしますが(イチローのレーザービームとか)、外野フライは捕球する場所(本塁への距離)がそのときによって違うもんね。盗塁の場合は必ず同じ条件下で競われるところが、ちょっと陸上競技っぽい気もする。


脈絡もオチも結論もないのですが、30年近く野球を見てきてダイヤモンドの大きさのことなんて初めて考えたなぁ、と思ったので書いてみました。読み返したら当たり前すぎてバカっぽいエントリーになってしまいましたが、まあいいか(笑)。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-04-26 23:21 | プロ野球も見るよ

ハットトリック達成☆

中日ドラゴンズ、開幕2カード連続勝ち越し!
今季は遅咲きかと思っていたタイロンが、昨日開花宣言したと思ったら今日には突然満開に。そしてハットトリック達成(笑)。3本めのときは笑いが出てしまいましたよ。ほんとによかったタイロンが味方選手で。
そして岩瀬が115セーブ達成で、郭源治さんが持つ球団最多セーブ記録に並びました。

きゃっきゃっきゃ。
いいんじゃないのいいんじゃないの。
今年こそ日本一ですよ。


気が早すぎるとは、自分でもわかってるんですけどね。あは。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-04-05 23:45 | プロ野球も見るよ
暫定ペルー戦メンバーから今ちゃん外れる。(J's Goal)
うん、まあ、そうだろうな。昨日もちょっとおかしかったし。オシムおじいちゃまのコメントも、いかにも21日ニハ発奮セヨと言われているようで、今ちゃんの負けず嫌いエンジンが火を噴くのが楽しみ。代表も甘くないけど、今ちゃんだってこんなもんじゃない。
っていうか「横濱チャレンジ」ってなに…。


そうだそうだ、こっちの話を書こうと思ってネットに繋いだんでした。
この週末には、好調名古屋グランパスの試合前イベントに、中日ドラゴンズのマスコットが出演。

瑞穂に行ってきました。(ドラゴンズ広報ブログ)
>ドアラは結構サッカーには自信があるのです。

そ、そうなのか(笑)。
しかしドアラは赤が似合わないね…。

追加がUPされました。
「グランパス交流その2」
踊るドアラの後姿がかわゆい。


今年も国立につば九郎来ないかしらん。
(答:調整中につきお待ちくださいと、メッセージボードの中の人がおっしゃってました)
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-20 00:47 | プロ野球も見るよ

いいなあ、いいなあ。

中日ドラゴンズとのタイアップのお知らせ(グランパス公式)
今年も行きます!!!(中日ドラゴンズ公式ブログ)

>試合前に名古屋グランパスエイトマスコット「グランパスファミリー」と
>中日ドラゴンズマスコット「ドアラ」・「パオロン」・「シャオロン」による
>ダンスパフォーマンスを開催。
>ハーフタイムには「グランパスJr.」と「ドアラ」によるPK対決を行います。


いいなあ、いいなあ。
10月21日にもドアラ来てくれないかなぁ。
石黒広報にお願いしてみようかなぁ。(←そのぐらいの決定権ありそうだし)

プロ野球はオープン戦が始まってますね。
スポーツニュースは、中日といえば中村ノリの話題ばかりでつまんない。400万円で契約するぐらいならオリックスと揉めなきゃよかったのに。いや、うちに来たからには活躍してもらわなきゃとは思うんだけど…。健太や中田の仕上がりはどうなんだとか、堂上弟の調子とか、他にも知りたいこといっぱいあるのに、ノリばっかりなんだもん。(その辺は個人的にトーチュウと広報ブログで補完してますが)
まあ、東京も平山ネタばかりですけどね(苦笑)。

野球、今年は去年よりたくさん観るつもりです。
神宮、横浜、東京ドームに2回ずつぐらいは行けたらいいなー。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-06 18:47 | プロ野球も見るよ

プロ野球2006年まとめ

プロ野球2006年シーズンの個人記録や表彰がいろいろ決まったのでメモっておきます。
中日の選手だけよ(笑)。
詳しくはNPBのサイトをご覧ください。

2006年度 表彰選手(日本野球機構オフィシャルサイト)

【セントラル・リーグ ベストナイン】
投手:川上憲伸(最優秀投手)
一塁手:タイロン・ウッズ
二塁手:荒木雅博
遊撃手:井端弘和
外野手:福留孝介

最優秀選手:福留孝介

【個人記録による表彰】
最多勝利投手:川上憲伸(17勝)
最多奪三振投手:川上憲伸(194)同数で阪神井川慶
最多セーブ投手:岩瀬仁紀(40)
首位打者:福留孝介(.351)
最多本塁打者:タイロン・ウッズ(47本)
最多打点者:タイロン・ウッズ(144)
最多出塁率者:福留孝介(.438)

【会長表彰】
セ・リーグ最優秀監督賞:落合博満

【三井ゴールデン・グラブ賞】
投手:川上憲伸
捕手:谷繁元信
二塁手:荒木雅博
遊撃手:井端弘和
外野手:福留孝介

【月間MVP】
投手:5月度 川上憲伸、6月度 佐藤充
打者:9月度 タイロン・ウッズ

【JA全農Go・Go賞】
7月度「好捕賞」(Magic Glove):英智

【セ・リーグJCB・MEP賞】(Most Exciting Player)
最優秀JCB・MEP賞:福留孝介


憲伸も福留もウッズも岩瀬も素晴らしいです。来年もこの調子でお願いねって軽く言っちゃう中日ファンってぜいたくなんだろうか…。個人的に嬉しいのは英智の「好捕賞」。
あと、荒木・井端の鉄壁ニ遊間コンビが3年連続でベストナインとゴールデングラブを受賞しているのはほんとにすごい。このふたりがいるから投手の成績も上がるのですよ。欲を言えば年間通してもうちょっと高い打率をキープしてもらいたいものですが(苦笑)。

ほんとに休みなく更新を続けてくれていた石黒広報のブログも、やっと少しお休みが入るようになりました。石黒さんもドアラもお疲れさまでした。このブログのおかげで今年はドラゴンズを2倍楽しむことができました。

今年はWBCがあったおかげで長いシーズンでした。応援しているチームが途中ハラハラさせつつも優勝してくれたのでほんとに楽しかった。そりゃ楽しいよね(笑)。目の前で胴上げを見られたことは忘れられません。初めて見に行った日米野球もエキサイティングだったし。やっぱりスポーツは現場で見ないとね。

来年も、プロ野球とJリーグ(たまに日本代表)観戦の両立を目指してがんばります(笑)。
来年こそナゴヤドームデビューを果たしたいものです。お目当てはドアラだったりする…。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-11-15 22:14 | プロ野球も見るよ
福留孝介選手、2006年セ・リーグMVP受賞おめでとうございます!

WBCから始まった長いシーズンを通して(オールスターは怪我で辞退でしたが)頼もしい活躍ぶりでした。
最後の最後に日本シリーズでアレだったのは、来年またがんばっていただくとして、
一年間ほんとうにお疲れさまでした、ありがとう、と言いたいです。素晴らしい成績でした。
とりあえずは休養して、身体のメンテナンスをして、
今年果たせなかったただひとつの目標「日本一」を目指してまた来年、よろしくね。
「飛び出せ 全て捧げて 扉の向こうへ」

新人王は楚でした。やっぱり。
佐藤充は9月以降さっぱりでしたので、仕方ないと思います。
楚はいいプレイヤーですしね。日米野球で近くで見て、ああ、これはもっていかれるなーと思ってました(笑)。
でも今年の活躍はばっちり記録にも記憶にも残りましたから、
来年はシーズン通してローテーションの一角を担ってくれることを期待しています。

ああ、野球シーズンが終わっちゃったなぁ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-11-14 23:54 | プロ野球も見るよ
日米野球第2戦を見てきました。
(書いてるのは11/5ですがエントリーの日付はさかのぼってます)
東京ドームシティはクリスマスイルミネーションぽくなっていました。
気が早すぎるよ・・・東京には紅葉より先にクリスマスが来るのね(笑)。
e0074253_20544475.jpg

野球体育博物館が思いのほか早く閉館してしまったので、時間つぶしに撮ってみました。IXYじゃ難しいなぁ。もっときれいだったんだけど。ISO感度は上げられるんだけど、シャッタースピードを自分で設定できないし、もちろん三脚も一脚もないから、ライトアップされて風にゆれる銀杏をきれいに撮れませんでした。撮影モード設定もいろいろあるんだけど、「夜景モード」って不自然で好きじゃないのよね。Power Shot A710(コマーシャルで蒼井優ちゃんが使ってるカメラ)がすごくいいらしいですよ。

で、日米野球です。こんないい席で見るの初めてで感激。
e0074253_20563119.jpg

山本浩ニさんの始球式に続いて両チームスタメン紹介。10年ぶりに生で見る井口先輩は、すっかりメジャーリーガーになってました。大学生の頃から、日本人離れしてるとは思ってたけどさ・・・。でかいっていうか、厚いっていうか。まとってる雰囲気がNPBの選手とは違いました。
写真左下あたりに映っている「鹿」らしき着ぐるみマスコットは、マリナーズのユニフォームを着てます。あんまりかわいくはないんだけど芸達者で、人気者でしたよ。わたしの席の近くにも来てくれました。写真撮りそびれちゃった。

試合は、NPBのメンバーを見て最初に心配したよりははるかにいい試合でした(笑)。三井はもう1回くらい投げさせてもよかったのでは。
先発のアローヨの左足がぴーん!と伸びるところや、一塁に向かってダッシュするレイエスの後ろ姿を見てドキドキ。ほんものだ〜。
ライアン・ハワードのホームラン、1本めは打ってからスタンドに入るまでのスピードに仰天し、2本めは滞空時間の長さに口をあんぐり開けてしまいました。オーバーベイのHRは見逃しちゃった。里崎のは見たよ。藤本のタイムリーは嬉しかったなぁ。

結果は8-6でMLB選抜の2連勝。
試合前に野球体育博物館でWBCのDVDを見てたので、メンバーの落差を感じずにはいられませんでしたが、それでも出ている選手が「あわよくば活躍して名前を売ってやる」と思ってるのが感じられて面白かった。野望を持ってる人は魅力的です。欲をいえば和田くんかコバヒロが見たかったですが(←まだ言うか)。

で、偶然見つけたハワイ料理のお店でおなかいっぱい食べて、いろいろおしゃべりして気づいたら終電だったのでした。とても楽しい一日(半日?)でした。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-11-04 20:41 | プロ野球も見るよ
ドラゴンズが日本一になったらUPしようと感動の超大作を書いたのに(笑)、UPする機会を逸してしまいました。「シンジラレナ~イ」はこっちの台詞だよなぁ。新庄の呪いとでも言いたくなります。しばらくはCMも見たくないや。トラウマになりそう。

昨夜はほんとにへこんでて、ひちょりがウイニングボールを捕った瞬間にテレビを消して2時間くらいお風呂に入ってました。ニュースもぜんぶスルーして、暗いメールを送ったりして(笑)、さっさと寝てしまいましたよ。
一晩経ったら落ち着きました。くやしいですけどね。

反省は選手と監督と球団にしてもらうとして、ファンは「53年ぶりの日本一に向けて」と頭の中でまた数字を1つ増やすだけです。この長い長いトンネルの向こうには「ドラゴンズV10時代」が待っているに違いない。
つくづく、わたしにとって「中日ファンであること」は先天性の病気みたいなものなんだと実感。つい先日、後輩に「ぼくは野球は巨人、サッカーならチェルシーが好きですね。弱いチーム応援するの、つまんなくないですか?」と言われて唖然としました。巨人ファンに「弱いチーム」と言われる筋合いはないよ、というようなことを婉曲に伝えたら、「弱いときは応援しないっす」と返された。会話終了(笑)。
弱いときは応援しない、なんてことができたら楽かもね。でも、そうなりたいとは思いません。


日本シリーズでよかったのは、若手投手ががんばってくれたことかな。もちろん憲伸とマサさんへの絶大なる信頼は変わらずゆるぎないものですが、浅倉・中田・中里・吉見など、来年が楽しみなピッチャーががんばってくれました。もちろん佐藤充にも期待。
小笠原がFA宣言するようですが、アレックスと来季契約しないと決めた中日も獲得にのりだすのでしょうか。落合さんが残るなら(わたしは残って欲しい)可能性あるかもね。森野は今年ブレイクしきれなかったのが痛いね…。
「真のチームキャプテン」がいなかったことが、短期決戦でグズグズになってしまった原因のひとつであると思っているので、小笠原が来てくれるなら大歓迎なんだけど。来季はセ・リーグもプレーオフがあるし、勝負強い5番バッターは不可欠です。レフトはどうするのかな、平田を辛抱強く使う覚悟か。
あと気になるのはキャッチャー。谷繁が元気なうちに後継者を育ててもらいたいのですよ。小田は何試合も見たわけじゃないのですが、「リードには定評があるけどバッティングがいまいち」という印象が強いんだよなぁ。個人的には、大学の先輩で井口とともに黄金時代を築いた清水に期待したいのですが…。若手捕手の育成は来季の課題ですね。

ああ、一晩でこんなにも前向きになれるものなのかと我ながら呆れる。
これがFC東京のことだったら、もうちょっと選手の進退のこともナーバスになってしまうのでしょうが、そこらへんが「先天性」と「後天性」の差でしょうか(笑)。



そういえば、昨日のエントリーはタイトルのせいかたくさんのアクセスをいただいたのですが、ご期待に沿えずしょぼいエントリーですみませんでした。

母のように「泳いで帰れ」とはさすがに言いませんが、札幌からそのまま秋季キャンプに突入するくらいの気合を見せて欲しい気もする…。あんな負け方で優勝パレードもV旅行もないでしょう。
ってわたしもけっこう厳しいな。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-10-27 13:05 | プロ野球も見るよ
ドイツワールドカップで日本がオーストラリアに負けた後、武藤文雄さんのブログに掲載された「とにかくクロアチアに勝つのだ」というエントリーを読んで、気持ちを奮い立たせたサッカーファンは多いと思います。
いま、ふたたびそんな気持ち。
「とにかく日本ハムに勝つのだ」


3年間どれだけ厳しい練習に耐えてきたのか、とか、
52年の重みとか、「立浪さんを男にする」約束とか、川相の引退試合とか、
そういうことを考えるのがプレッシャーになるのなら、そんなこと忘れちゃえばいい。
ただ、目の前の試合に勝つことだけを考えて、今日の試合に臨んで欲しい。

とにかく日本ハムに勝つのだ。
憲伸が投げて、孝介が打てば、負けるわけがない。
とにかく日本ハムに勝つのだ。
そこが札幌だろうと、悪役と言われようと、関係ない。
とにかく日本ハムに勝つのだ。
中日ドラゴンズの強さを、プライドを、見せつけて欲しい。
とにかく日本ハムに勝つのだ。
とりあえず、ひとつ勝つのだ。

母が怒って言うことには。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-10-26 00:33 | プロ野球も見るよ
日本シリーズ3戦めは、悔しい悔しい負け方でした。
ドラゴンズの選手たちが「いつもよりいい野球をしよう」「ここで決めてやろう」と思ってるように見えて仕方ありません。谷繁のフィルダ−ズチョイス、と携帯サイトで見たときに、嫌な感じがしたんだよなぁ。ピッチャーは悪くないので、打線さえこつこつ繋がれば・・・。

落ち着いて。落ち着いて。「らしい」野球を取り戻してね。
ふつうにやれば、いつものプレーをすれば、勝てるはず。
(今夜あたり、宿舎で井上選手会長が仕事するのかな?)
ポーズなのか本音なのか知らないけど、「楽しめれば勝敗はどちらでも」なんて言う選手のいるチームに負けられないでしょ。
うちは、勝ってから、笑うのだよ。

札幌で3連敗しなきゃ名古屋に帰れるんだから、焦ってはいけませんね。
わたしも落ち着いて。(笑)
明日は国立から携帯をリロードします。

I have a good idea!
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-10-24 23:33 | プロ野球も見るよ