SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

カテゴリ:フィギュアスケート( 31 )

バンクーバーオリンピック前、大事な世界選手権。早くスカパーで全選手の演技が観られるようになりたいな。
忙しくて柏戦も結果しか観てないのですが、眠くても男子FSを今夜中に見ないと結果がわかってしまうのでがんばります。明日も仕事だけど。

世界選手権初出場の無良崇人。2回の3Aが決まって調子が出たのか、自信を持って滑ってましたね。3Sの失敗はもったいなかったなぁ。日本選手権のときよりまた大人っぽくなって、五輪代表争いにもがっつり食い込んできそうな勢い。

織田信成、「ワルソー・コンチェルト」。冒頭のクワドルプルをばっちり決めました!かっこいい!3Aでステッピングアウトも、その後のジャンプはノーミスだったのに、コンビネーションジャンプをひとつ多くなってしまいました。3Sのあとに3Tをつけちゃったのが即興だったのかな?もったいない。SPで壁にぶつかったのはスピードが出過ぎたそうです。以前にも増して身体が絞れてるというか、足が長細く(?)なってる気がする。このプログラムは気品があって力強くて好きだわ。ラストの深いエッジワークを駆使したSlStとコンビネーションスピンで会場から万雷の拍手。ああ、でもやっぱり得点は伸びず、141.67。トータル218.16で暫定首位に。もうー、ジャンプの数え間違え禁止!

ジェレミー・アボット。SP10位か、どうしたんだろう。流れのある、音楽に合ったいい演技だったんだけど、アクセルジャンプの着氷失敗が響いてしまった。GPファイナルのアボットがもう一度観たかったなぁ。

ここから最終グループ。
今シーズン一番勢いのある若手、パトリック・チャン。最年少優勝してもおかしくない。最初の3Aはスピードも高さも幅も文句なし。難しいジャンプほど美しく決めるのが今シーズンのパトリック・チャンの恐ろしいところです。スピードにのった、淀みない、迷いのない演技です。いいなぁ。後半にさしかかるところの3Aのあとが1Tに、ループジャンプがトリプルの予定がダブルに。そうは見えないけど緊張とか重圧とかあるのかしら。いや、でもラフマニノフのドラマチックな音楽をよく表現していて、素晴らしい演技でした。いつまでも観ていたいわ〜。客席はスタンディングオベーション。トータル237.58でトップへ。

イタリアから出場のサミュエル・コンテスティ。銃持ってる?小芝居王の系譜か?
とか思いながら観たら、ほんとに面白い演技でした!観ていて心をぐぐっと掴まれる感じ。表現力だけじゃなくてスピンのポジションもしっかりしてるし、スタミナもあるし。曲調がころころ変わって、ディズニーオンアイス観てるみたいな気分になりますね。ジャンプで終わるという変わったフィニッシュ。ほんとにこれは世界選手権のFSですか(笑)。226.97で2位に。小塚くんはここを超えられるか?

小塚くん登場。がんばって!「ロミオとジュリエット」。
今回は4回転飛ばないのか。3Aはコンビネーションにならず、緊張してるのかな。スピンやスケーティングはしっかりしてて伸びがあっていつもどおり。感情はいつもより入ってた気がする。技術的なことより、小塚くんの情熱的な演技を見られただけでうれしい。会心の出来ではなかったと思うけど、今シーズンのことをずっと思い出していたら最後は胸にせまるものがありました。お疲れさま、いい演技でした。FS142.83、トータル222.18で暫定3位に。

きた!トマシュ・ヴェルネル。SPで調子良さそうだったので表彰台期待してます。最初の4T+3T、3Lz、3Aと立て続けに決めて音楽に入り込んでいきます。タンゴ似合うねぇ。CiSt素敵ぃ〜。後半のトリプルがもったいなかったですが、オリンピックに向けて調子を戻してきてくれてよかった。

SP2位のエヴァン・ライサチェック。SPを見る限りでは今回はライサチェックの大会なんじゃないかと。すごい歓声だ。「ラプソディ・イン・ブルー」。
流れにのって3Lz+3T、3A、そして3S。ここまで序盤ノーミス。CiStはリンクがすごい狭いみたいに見える。終盤もステップから3回転のコンビネーションジャンプを決めたり、盤石です。SlSt、ラストのスピンへと会場がコンサート会場のような盛り上がりでした。スピンしながらガッツポーズって、バランス崩さないものなの?うわー、これ観てたお客さん幸せだろうなー。完全復活ですね。159.53ってすごいな。トータル242.23でトップに!

悪役(笑)ジュベール登場。「マトリックス・リローデッド」。
憎らしいほどきれいな4T、3A+3T。ジャンプのスピードが別次元だよなぁ。3Aでステッピングアウト。でもそのあとのジャンプは乱れず。ライサチェックのあとで滑りにくいとか、そんなの関係ないんでしょうよこの人には。ほんとにもー。このクールなプログラムにもあの不思議なステップを入れるのねこの人は。うわっ、最後の2Aで転倒!なにやってんのジュベール!びっくりした!
FS151.57、トータル235.97で2位に。
ああ、あの変な転倒、あれがなかったら優勝だったのに・・・。

結果、1位ライサチェック(初優勝おめでとう!)、2位パトリック・チャン、3位ジュベール。4位にヴェルネル、5位コンテスティ、6位に小塚くん、7位織田くん、8位デニス・テン。デニス・テンは15歳ながらラフマのPコンで素晴らしい演技だったようで、放送がなくて残念。無良くんは15位。
日本はバンクーバー五輪への出場枠3枠を確保しました。よしよし。

さてとりあえず寝ます。明日は女子SPを録画しながらバーレーン戦を見るために残業なしで帰宅できますように。
[PR]
by babyleaf_6 | 2009-03-28 01:08 | フィギュアスケート

四大陸フィギュア2009

週末いかがお過ごしですか。
昨日は早起きして家事して、「20世紀少年」観てきました。映画は今年一本めです。いま観たいなと思っているのは「誰も守ってくれない」「余命」あと「007」は前作をDVDで観る暇があれば、かなぁ。チネチッタで「おくりびと」のアンコール上映をやっているので観に行きたいな。「余命」はいま原作を読んでいるところです。

今日は午前中オケの練習に行って(来週本番なので)、午後は四大陸フィギュアの録画をまとめて観ました。去年はグランプリシリーズも全日本もレビューできなかったのですが、四大陸も観るのがやっとです。ううむ。

パトリック・チャンが素晴らしかったですね。特にSPの集中力!演技の終盤に向かって会場が異様な雰囲気になっていくのがテレビ越しにもよくわかりました。鳥肌立った〜。その後のライサチェクも高得点だったけど、パトリックちゃんのほうが品があって好みのタイプなんですよー。ライサチェクの印象が薄くなるってすごい存在感だよパトリックちゃん。バンクーバーに向けてカナダがいろいろつぎ込んで作り上げた新兵器がこれか。
小塚くんは今シーズンのいい調子を落とさず3位に。4回転の失敗は織り込み済みというか、失敗してもダメージないような練習のしかたをしてるんだろうな。世界選手権で4回転降りられたらメダル確実かしら?

女子はキム・ヨナのSPに尽きる。あとはロシェットの筋肉を鑑賞する大会だったようです(笑)。浅田はどっか傷めてるんでしょうか。来月までに万全になってくれるといいのですが。あとタラソワっていつもいない気がする・・・。

NHK杯と全日本フィギュアで素晴らしい演技を披露して完全復活を果たした鈴木明子ちゃんですが、今大会はジャンプのミスがあって得点が伸びず、悔しそうでした。わたしの中で「2008年ベストプログラム」に認定されている、あの素晴らしいリベルタンゴを世界の舞台でも披露してもらいたかったのですが残念。四大陸のエキシは15日深夜に放送とのことです。

四大陸選手権といえば村主姉さんですが、表彰台には届かないながらもジャンプの調子もよく、気持ち良さそうに滑ってました。よかったよかった。ギリギリのところから末脚を爆発させるのが姉さんですからね。
バンクーバーまであと一年。
[PR]
by babyleaf_6 | 2009-02-08 17:42 | フィギュアスケート
世界フィギュア選手権2008の録りだめたビデオを一気に見ました。ナビスコ磐田戦の途中経過をちらちら気にしつつ。
これが終わったら春場所千秋楽だ。幸せな週末だなぁ。花粉さえ飛んでなけりゃもっといいのに。

長いのでたたみます
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-03-23 15:08 | フィギュアスケート
ちゃんと観てたんですが。
忙しかったり体調崩したりで、しばらく更新できませんでした。

四大陸は、高橋大輔がかっこよかったなぁぁぁぁ。世界選手権でついに男子シングルの金メダルを日本人が獲得するときがやってきたのでしょうか。いや、やってきたに違いない。ランビエール、ジュベール、ウィアとライバルも手ごわいですが、今の高橋ならやってくれるでしょう。ヴェルネルもがんばれ。中庭くんは納得いかない出来でしたが、直後のインタビューで「気持ちを切り替えて、来季に向けて明日からがんばる」と言っていて感動しました。4回転に磨きをかけて、来年こそ世界選手権に出ましょう。
女子シングルも、キム・ヨナ欠場にも関わらず盛り上がりました。
浅田はここ一番に強いですね!安藤もすごくいい演技だったと思います。ジョアニー・ロシェットは怖いぐらいだった(笑)。アシュリー・ワグナーも素敵でしたね。
ペアはホウ清&トウ健が首位奪回。張丹&張昊も大好きなので、こちらも世界選手権が楽しみ。中国強いなぁ。2組とも、エキシの演技も涙モノでした。張丹&張昊の「バタフライ・ラヴァーズ」は、でっかい羽が登場しなくて残念。
アイスダンスはカナダ・アメリカ・アメリカと、北米代表のカップルが表彰台独占。世界選手権はぜひダンスもちゃんと放送してほしいものです。

東アジア選手権はタイ戦より真剣に応援したのですが、韓国に勝てなくて残念。怪我人続出で心配ですね。この大会で安田を見直しました(ブログ含め)。
中澤+岩政が見たかったです。今ちゃんはいまいち動きがよくなかったような?しかしあんなにへろへろでも啓太がいいの!?そんなにいいの!?と岡田さんを問い詰めたい気分。啓太がオーバーワークでほんとに出られなくなったときのリスクマネジメントは大丈夫なのか。
韓国のキム・ナミルはヴィッセル神戸に来るんだそうです。開幕戦で今ちゃんがリベンジを果たしますよ!(神戸といえば、サカマガ選手名鑑のノリオの抱負はどうなの。)


東京にはついにうわさのカボレ選手がやってくることになった!と思ったらもういた!とびっくり。「25ゴール宣言 日韓W得点王だ」なんて記事を読んじゃうとわくわくしますね。
カボレさんに平山、赤嶺、ノブさん、ユースケかぁ、5人で40点くらい取ってくれないかしら。あ、夢みすぎ?

プレシーズンマッチは、凶暴な春一番の中セレッソ相手にスコアレスドロー。練習試合での無得点が続いてるみたいですね。あと二週間あるし、いない選手も多かったし、まだこれからでしょう。守備のユニットはこれから強化してもらうとして・・・(ですよね?監督?)。序盤は我慢してでも、いいサッカーに仕上がっていってくれるといいなぁ。(あ、でもナビスコの予選は突破して欲しいぞ)

大竹くんは上手ですねー!びっくりしました。相手の前にするっと抜け出すのが上手い。簡単にボール失わないし。これは開幕スタメンありかもねー。わくわく。
今ちゃんがボール奪いまくって、梶山がカボレさんにパス出して、その周りを大竹くんと羽生さんがちょろちょろするのを想像しただけで、ちょっと顔が笑っちゃいそうです。大竹くん、がんばれ!練習試合で得点を!

ああ、開幕前って楽しいな・・・(笑)。
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-02-26 00:09 | フィギュアスケート

氷上プロポーズ


欧州選手権ではヴェルネルとコストナーが優勝、全米選手権ではミライ・ナガスが初優勝。マイズナーは7位、不調は続いていますね。男子はSP終わってウィア・ライザチェック・キャリエールという順位のようです。国内ではスケート国体が開催されていて、男子シングルは南里くん、女子シングルは鈴木明子ちゃんが優勝(2位に武田奈也)とのこと。おめでとう!

全米では、ジョンが怜奈さんに氷上プロポーズ。
これまで歩いてきた道のりを思えば、怜奈さんはどれだけ幸せになっても幸せすぎるなんてことはないと思うのです。怜奈さんの幸せはファンの幸せ。ジョンもやるなぁ。
末永く、お幸せに。

しかし、ロマンチックなことこの上ないですね、この写真…(>_<)
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-01-28 13:06 | フィギュアスケート
スターズオンアイス、面白かったですね!
フィギュアスケートを見てコメントを言う北大路欣也様というシュールなものを見られたし(笑)。

申雪&趙宏博(ご結婚おめでとうございます)、キョウコ イナ&J.ジマーマン、デュブレイユ&ローゾンの3組が一緒に滑った「誰も寝てはならぬ」は華麗そのものでしたね。いっせいにリフトしたりすると、それぞれ個性が出て面白い。ユニゾンと自己主張が行ったり来たり。本田くんの演技は感動で鳥肌が立ちました。やっぱり上手い。安藤の新しいエキシもかっこよくて好きだなぁ。奈也ちゃんが踊っても似合いそうです。ヒップホップのコレオグラファーとモロゾフが一緒に振付したらしいですが、高橋のスワンレイクといい、モロゾフは天才だな・・・。
それから、トリノ以来のコーエン!女優さんの仕事もしているようですが、2008シーズンから競技にも復帰するとのこと。うれしいな。アメリカも若手がいっぱい出てきてますが、今日のコーエンの演技を見たら、マイズナーもジャンもワグナーもまだまだ子どもですよ(笑)。
高橋大輔は絶好調を維持しているようで、四大陸も世界選手権も楽しみ。あの高橋が、こんなふうにまったく心配しないで見ていられるような滑りをするようになるなんてなぁ。自信は人を成長させるものなんですね。


さて、1月ももう半分過ぎちゃいましたが、False Startさんのお年玉バトンに参加してみました。抜粋版ですがお時間があれば。たたんでおきます。

More
[PR]
by babyleaf_6 | 2008-01-14 21:00 | フィギュアスケート
年賀状を印刷しながら女子シングルFS。
インクなくなったらアウトだなー。明日から帰省なのですが、新幹線が朝早いのしか切符とれなかったので。

まずはリード姉弟のアイスダンス。このふたりはスピンや回転リフトが上手ですよね。ステップの同調性を高めつつスピードが上がったらもっと迫力が出るのじゃないかしら。

女子シングル、フリーは浅田舞から。去年と同じ「白鳥の湖」にプログラムを戻したそうです。このプログラム好きなのでまた見られて嬉しいな。ちょっと表情が冴えないですが、ジャンプの着氷は乱れつつも持ちこたえ、スパイラルなどの得意なところで調子を上げていきましょう。やっぱりコンディションがよくない中での全日本だったようですが、転倒もせず、丁寧に滑り切れたことは来季に繋がるんじゃないかな。フリー91.63、トータル135.55。

西野友毬。チャイコフスキー「眠りの森の美女」より。雰囲気に合う曲選んでますね。
3Fで転倒。「花のワルツ」の部分は三拍子にきっちり乗っていて、とってもかわいらしいです。レイバックスピンからビールマンスピンへの動きがすごくきれいだし、スパイラルのポジションひとつとっても、バレエの基礎がきちんと身に付いていることがよくわかります。後半ジャンプで失敗もありましたが、初めての全日本で自分らしさをアピールできたのでは。88.57、トータル137.51。

太田由希奈、「アランフェス協奏曲」。手を止めてじっくり観ます。
・・・じっくり観ました。観ましたとも。いい演技でした・・・なんで泣いちゃうんだろう。「優雅」という言葉をフィギュアスケートで表現するとこうなる、という感じなんだよなぁ。曲の世界に入り込んでいて、表情もはっとするほど美しかったです。3回転ジャンプの確実性が上がって、コンビネーションが入れば、世界のトップ争いだってできるよ。素晴らしい演技を見せてくれてありがとう。
スコアは92.12、トータル142.96で暫定1位に。

澤田亜紀、「レ・ミゼラブル」。
今日はジャンプが冴えてます!そうなると表情も明るくなるし、SlStもスケールを感じました。終盤の3T、3Sはあぶなかったですがこらえました。崩れるかと思ったけど、最後の2Aであれだけ高く跳べるのはこの人ならでは。もうちょっと身体が絞れたほうが演技が軽くなるのかな。90.21、トータル138.91。

武田奈也、「Otonal 〜秋によせて〜」。今日は納得のいく演技を。
最初の3Loが2回転に。ななちゃん落ち着いて!3Sはクリーンでした。スピンコンビネーションのあたりでもう普段通りの動きになってきて、ひと安心。3T+2Tはスピードと幅があってきれい。終盤は安心して観ていられました。笑顔でフィニッシュ、よかったよかった。TEC59.19が出ましたよ 、108.63といい点が出ました。トータル157.97でトップに。

最終グループは浅田真央から。ショパンの「幻想即興曲」。
インクが切れそうだったりと心ここにあらずで見てしまいました、ごめん真央ちゃん。要素のひとつひとつはレベルも高くてきっちりやってるのですが、「演技をやっている」というふうに見えちゃうんだなーこの人は。わたしだけかなぁ。すごいとは思えても、胸が熱くなることがないというか。フリー132.41、トータル205.33で頭ひとつ抜け出しました。コーチが持ってたボックスティッシュが鼻セレブのエアロバージョンでしたね。

水津瑠美、「ストレンジ・パラダイス」。
出だしの3連続ジャンプがよかったので落ち着いてるなぁと思ったのですが、その後はひとつのジャンプの失敗を引きずってしまいました。残念。でも最後まで折れずに丁寧に滑っていたのはよかったのでは。82.45、136.27。

村主章枝、「オブリビオン」。3位以内を守れるか。
課題のジャンプがやっぱり完璧にとはいかなかったものの、流れがあって姉さんらしい演技でした。スピンやSlStでお客さんが「待ってました!」という雰囲気になるのがテレビで見ていてもわかるのですが、そういう武器があるのはほんとに強いし、それがこれまで積み重ねてきた努力と経験のなせる技です。54.24、トータル161.79。

中野友加里、R.コルサコフ「スペイン奇想曲」。世界選手権めざしてがんばれ!
はっとするような表情の美しさ。集中力が最大限に高まっているのでは。3Aをもちこたえました。スピンコンビネーションは完璧!軽々と3回転ジャンプを決めてゆきます。スパイラルの笑顔も、今日は特に目の光が強いというか、自信に満ちあふれているように見えますよ。3F、3T+2T+2Tときれいに決めて、フィニッシュに向かっていくステップも音楽もしっかり掴んで、上半身と下半身をバランスよく大きく使っています。素晴らしい!演技終了直後にリンクの上で涙を見せるのは珍しいですね。世界選手権に絶対出るんだ、という強い気持ちの表れだったんだと思います。フリー123.15、トータル184.31!よかった、よかったよー。

鈴木明子、映画「タイタニック」より。深いブルーに白いスカートが美しい衣裳です。
この人も強い気持ちのこもったいい演技でしたね。ドラマチックな曲に負けない演技でしたよ!スパイラルのときの手の動きとか、ひとつひとつが「振りつけ」ではなく「表現」です。SlStでは思わず拍手してしまいました。101.27、トータル159.93。点も出ましたね。世界への道がふたたび開けたのではないでしょうか。よかったね。(よかったばっかりだ今日は)(涙)

安藤美姫、ビゼー「カルメン」。
いやー、やっぱり全日本はいいなぁ。みんないい演技するなぁ。「女王のカルメン」と呼ぶにふさわしい演技だったのではないかしら。去年の世界選手権と同じぐらいの素晴らしさでしたよ。少しの着氷の乱れやスピンの軸のずれはありましたが、そんなことが些細なことと思える、迫力満点の演技でした。精神的に強くなりましたね。フリー135.50、トータル204.18。ほんの少し届きませんでした・・・でもフリーでは浅田を上回りましたね。2位とわかっても清々しい表情をしていたので、出し切ったという満足感があったのでしょう。

浅田真央が全日本連覇達成。2位安藤、3位に中野、4位村主、5位鈴木、6位武田、7位太田。
世界フィギュアの代表選手も確定。男子は高橋・小塚・南里、女子は浅田真央・安藤・中野、そしてアイスダンスのリード姉弟。みんながんばっていい演技して欲しいです。ちなみに四大陸選手権の代表は、男子が南里→中庭、女子が中野→村主とひとりずつチェンジ。中庭くんがんばれ!鈴木明子ちゃんも出してあげたかったですねー。きりがないか。


むきになって、ほとんど意地になってフジテレビの番組づくりや最低最悪の実況について触れずに演技の感想だけを書いてみました。無駄な労力使わせないでくださいよ。選手たちの演技がとても素晴らしかったことが救いです。お疲れさまでした。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-29 20:52 | フィギュアスケート
もう寝たほうがいいのはわかってるのですが、我慢できなくて観ちゃいます(笑)。男子シングルFS。眠いので感想は簡単に(するつもり)。4回転を2回とも転んでも優勝できそうな点差ですが、高橋には油断せず完璧に滑ってもらいたいですね。

小塚くんは気持ちが入った演技でしたね。3Loが抜けてしまった以外はジャンプもきれいだったし、落ち着いて自分の動きを制御している感じがしました。小塚くんのスケートって、気持ちが入っていてもどこか理性的ですよね。若いのに(笑)。久しぶりにガッツポーズ出ました。146.64という高得点。トータル219.34で暫定トップに。

高橋大輔、チャイコのロメジュリ。
・・・2回とも転んでも、なんて言ってすいませんでした。素晴らしいスケーティングでした。かっこよかったー!
世界選手権までに少し時間があるので、少し休んで体力つけて、プレッシャーのかかった局面でも最後まで全力で滑れるようにできるといいよね。そしたらほんとに金メダルも夢じゃないよ。FS169.15、トータルで254.58、もちろん1位。PC5項目のうち4項目が8点台でした。国内に敵なし。将軍、カムバック!

南里康晴、ビゼー「カルメン」。
高橋の直後ではやっぱり滑りにくかったか、安定感を欠いてしまいました。全体的にひざの使い方がもっとやわらかくなるといいよね。ジャンプ降りる時に棒立ちになってるとあまりかっこよくないです。最後までなんとか滑り切れてよかった。フリー131.51、トータル199.81。

SP5位から表彰台を狙う無良崇人。チャイコのヴァイオリン協奏曲。この人はほんとにジャンプが高くて華がありますね。SlStやスピンはまだまだ改善の余地がありますが、それもこれからののびしろだもんね。スケールの大きいスケーターになるのではないかしら。めざせバンクーバー。最後の3Lz決めたのはえらいよ。男子も層が厚くなってきたなぁ。121.45、トータル188.80で4位に。

中庭健介、映画「ブレイブ・ハート」より。がんばれ!
なんだろう、演技の前半からもう涙が出てきちゃって困りましたよ。今年の世界選手権にどれだけ出たいと思っているか、本当によく伝わる演技でした。着氷が乱れても決して手をつかない、あれは精神力でもちこたえたんだと思います。中庭くんってキュートなんだよね。母性本能をくすぐるというか。リンクを上がる前にも一礼。ああもう、高校球児かと(笑)。これまでの努力の積み重ねを見てきているからこそ、本田くんからも「闘う男ですよね」という熱いコメントが。お願いします、3位以内に!
FS127.64、トータル198.94で、3位の南里にほんのわずかに届かず・・・あああ。南里の方が上なのか・・・そうなのか・・・。

最終滑走、梅谷英生。曲は映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より。
最初は中庭くんのショックが大きくてぼーっと見てたのですが、はっとするようないい演技でしたね。手足が長くて動きがきれい。もう22歳かぁ、もうちょっと色気というか雰囲気があってもいいかな?日本人男子には色っぽさが足りないんだよなー。(高橋は突然変異みたいなもので。)転倒もありましたが、きちんと曲の世界の中で4分半を滑り切りました。FS123.37、トータル181.36。

優勝は文句なしで高橋大輔。3連覇おめでとう。2位に小塚くん、3位南里、4位中庭、5位無良、6位梅谷。
ああー、中庭くんの4位が悔しい。表彰台に乗せてあげたかった。世界選手権で中庭くんを見たかった。小塚くんはこの大会よかったですね。GPシリーズの反省が活かされていたし、引き締まった大人の表情になってきました。世界選手権では南里くんともども、中庭くんはじめみんなの分までがんばるように。高橋が金メダルを獲れるかどうかも含めて、今シーズンの世界選手権は男子シングルがとっても面白そうです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-28 02:09 | フィギュアスケート
女子シングルSPです。GPシリーズに出場している選手以外はテレビで見る機会がほとんどないので、全日本はとっても楽しみです。太田由希奈ちゃんも出るよ!
最初にアイスダンスのリード兄弟をダイジェストで紹介。まだまだこれからのふたりですが、世界の壁は高いなぁ。

全日本Jrで優勝した水津瑠美。美人だよなぁこの子。曲は「スパニッシュ・キャラバン」。
滑り出しからスピードに乗って、演技がゆったりと大きいです。スタイルいいなぁいまどきの子は。3T+3T、3Loとクリーンに。片手ビールマンができるのですね。リズム感がとってもいいし、上半身と下半身がバラバラになることもなくてバランスのいい選手ですね。スコアは53.82。

鈴木明子ちゃんです。体調不良を乗り越えて、西日本選手権で優勝。2007ユニバーシアードでも優勝してますし、実力は折り紙付きなので、期待して見ますよ。曲は「ファイアーダンス」。最初に3Lz+2T、3Fはステッピングアウト。スピンの姿勢がきれいです。2Aはなんとかこらえて、コンビネーションスピンからSlSt。このステップはかっこいいなぁ。エッジも深く使えているし、メリハリが効いていて曲の世界をよく表現しています。アピールが上手。58.66で暫定トップ。笑顔で滑っているのを見て、こっちも嬉しくなりました。

安藤・浅田のいる次の組が映りました。由希奈ちゃんがいますよ。ちゃんと放送してくれるんでしょうね。

その組の一番手は浅田舞。姉妹で同じ組なのね。NHK杯は体調が悪くてかわいそうだったので、挽回できますように。チャイコのロメジュリ。
3S+2Tはきれいに、3Fは回転不足かツーフット気味に。2Aはばっちりでした。今日は彼女本来のやわらかさや姿勢の美しさが出せていていい感じ。あらら、スピンでちょっとぐらついてしまいましたが集中してSlStはよく動けています。絶好調とはいえなかったけれど、力いっぱい滑り切りました。よかった。43.92、うーんTESが低いな。

安藤美姫、「サムソンとデリラ」より。
落ち着いた表情してるんじゃないでしょうか。いい演技が見たいです。3Lz+3Loは決めました。3Fもとってもいいです。スピンですでに手拍子が。曲もいいですよね。2Aはスピードも充分、スパイラルはちょっと足の位置が低いかな?でも動きはとてもいいです。最後まで集中して!SlStは全身を大きく使って、腕の動きもとっても滑らかで女性らしくて素敵。最後のスピンがちょっと失速してしまいましたが、全体的には今シーズンで一番よかったような気がしますよ。68.68のシーズンベストでトップに。

太田由希奈ちゃんです。待ってました(>_<)曲はプッチーニの「マダム・バタフライ」。
ああ、見とれている間に終わってしまいました。テレビに向かって拍手。やっぱり由希奈ちゃんの演技が大好きだー。一瞬たりとも隙のない、流れるような演技。この人のスケーティングは、ひとつのポーズ、ひとつのジャンプ、そして次の技、というふうに「こなしていく」のではなくて、曲が始まってから終わるまでが長いスラーでつながれているのです。3Sが抜けて1回転になってしまったところ以外は完璧だったのになぁ。スコアは50.84。

浅田真央、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。SPの衣裳が新しくなりましたね。これもきれいな衣裳だなぁ。
3F+3Loは加点のもらえそうな美しさ。よかったよかった、決まったね。ステップからの3Lzはやっぱりロングエッジになってしまいましたが、ここは割り切ってるのかな。ジャンプが決まればあとは突っ走るだけです。今日はほんとに気合いが入ってますね、SlStは鬼気迫るものがありました。これはいい演技でした!うわTEが40点台。72.92ってすごいな。大会をひとつ終えるごとに成長していく、その経過を見られることもファンの幸せです。

2007全日本Jr2位、2007Jr GPシリーズでも優勝して注目を集めている西野友毬。曲は「レイエンダ」。
3Lz+2T、ひとつめを降りたところで止まりそうになりましたがなんとか跳べました。3Loはばっちり。2Aは入りが斜めになってしまい転倒。レイバックからビールマンへのコンビネーションスピンは軸もブレず、とってもきれいです。スパイラルはひとつひとつの形はきれいなので、つなぎがもっとなめらかになれば。Jr GPシリーズ、ファイナルからシニアの大会へと疲れが出る時期だと解説の八木沼さん。スコアは48.94。インタビューがいい子ちゃんいい子ちゃんしてなくて面白い。

澤田亜紀、「アルメニアン・ラプソディ」。
3S+2Tをきっちり決めて、3Tはちょっと着氷が乱れたけれど成功。落ち着いているし、動きはいいですが、亜紀ちゃんにはジャンプをびしっと決めてもらわなくてはね。スピンはちょっと失速しちゃったかな。高さのある2Aからフィニッシュ。田村岳斗くんがコーチなのか。48.70で8位、ちょっと厳しいな。

武田奈也、ここから最終グループです。「タンゲ−ラ」。
動き出した瞬間から今日もいけるぞ!と思わせるキレのよさ。3回転が2回転になってしまったのがもったいなかったですが、スピードもあるしつなぎのスケーティングも上手。SlSt、ちょっと疲れてきたか?がんばって!最後のレイバックからビールマンへのスピンの流れはとてもよかったですが、NHK杯の出来には及ばなかったですかね。荒川さんは「GPシリーズは挑戦の気持ちだったが、全日本ではうまく滑りたいという守りの気持ちが出てしまった」、八木沼さんは「最初のポジションにつくまでに時間をかけすぎて、考え過ぎてしまったか」と。そうかー。NHK杯の表彰台が自信にもなり、プレッシャーにもなったということかな。49.34かぁ、フリーでの巻き返しを期待します!

村主章枝さんです。全日本で村主さんがどんな演技を見せてくれるか楽しみ。衣裳がピンクになりましたよ。「テイク・ファイブ」。
3Lz+2Tはスピード充分(ロングエッジがあったようですが)。ステップから3Fは余裕をもって降りました。スパイラルもスピンも、ロシア杯からまたレベルアップしてきてますね。2Aもきっちり降りました。最後のSlStは細かいドラムの音を全部拾っていて、しかもオリジナリティのある振付けがしてありますよね。それを完璧にこなすねえさん、すごい!GPシリーズから、ぐっとよくなってます。さすがだな〜。63.50で3位に。

中野友加里、ショパン「幻想即興曲」。
最初の3F+2Tはとてもきれいでした。今シーズンはほんとに集中できてますよね。3Lzの予定が2回転に。スピンは軸もブレず、スピードといい姿勢といい素晴らしい。ステップはまたさらに磨きがかかっているのでは。流れがまったく途切れず、きっちり音楽に乗っています。イーグルから2A、スピンへの流れも完璧。61.16かー、ルッツジャンプがもったいなかった。本人はかなり不満そうですが、明日のスペイン奇想曲はすごいことになりそうだわ。わくわく。(←無責任なファン)


SPを終えて、浅田、安藤、村主、中野、鈴木、水津、太田という順位に(このタイミングで浅田のSPをノーカット再放送する意味がまったくわかりません)。奈也ちゃんが出遅れてしまったのが残念。表彰台争いもメダルの色も予想がつきません。上位はさすがにミスなく、きちんとまとめてきていて、日本でトップ3に入って世界フィギュア出場権を獲得することの難しさを思い知らされます。みんな、みんな、がんばれ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-28 00:35 | フィギュアスケート
世界選手権への3枚の切符をかけて(男子が3人出場できるのは25年ぶりだそうです。素晴らしい)、全日本フィギュア男子SPです。フジテレビで深夜に1時間のダイジェスト放送。実況は西岡さん、解説は本田くん。特別解説?に荒川静香さん。タレントが出てきてしゃべるところは全部飛ばしますよ。

一番滑走は柴田嶺、サン=サーンス「死の舞踏」より。
最初の3Aを2Aに。また一段と線が細くなってやしませんか。連続ジャンプでは転倒してしまいましたがその後落ち着いて滑っています。ちょっと淡々としすぎてるような気もする。スピンもバランスを崩し、スピードも落ちてしまって、らしくない演技になってしまいました。スコアは50.00。

今シーズン初めて観ます、小塚崇彦。曲は「キャラバン」。赤いシャツに黒いパンツという、小塚くんのキャラになさそうな(笑)意外性のある衣裳。今季まだ表彰台に乗ってないので、この全日本で結果を出したいところ。
最初の3Lz+2T、3Aを降りて波に乗れるか。スケーティングやスピンの安定感は増してますね。この大会に合わせてきっちり調整してきているようです。ステップはエッジを深く使って音楽にもはまってます。さすが上手いな。フィニッシュの後、右手で小さくガッツポーズ。いいんじゃないですか!曲の割に怖い顔で滑ってたように思いますが(笑)、「緊張しながらもこの演技ができたのは成長の証拠」と荒川さん。スコアは72.70でした。

南里康晴、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」。
織田くんが(残念ながら)欠場したこの大会でチャンスをものにできないと厳しいよね。がんばれ!
曲の雰囲気に非常に合った表情豊かなスケーティング。ステップやスピンのチェンジフットも工夫されたいい振付けだと思います。最後はもうちょっとお客さんにアピールしたかったかな。ちょっとしたミスがありましたが68.30で2位に。

高橋大輔、国内では敵なしのはず。「白鳥の湖」Hip Hop version。
いやー、スピードといいスケーティングといいジャンプのクリーンさといい、ちょっと格が違いますね。完全に自信持って滑ってるのがわかります。深く沈み込むシットスピンからSlSt、黄色い歓声というか悲鳴みたいなのが聞こえますよ。体のキレも抜群だし、これは優勝間違いないでしょう。スコアは85.43。西岡アナがちょっとポエムに毒されてるっぽいのが気になる。あんなやつの影響を受けてくれるな。

全日本ジュニア2007優勝、無良崇人。25年前の世界選手権代表3人の中にお父さんがいたらしい。あと五十嵐さんと松村さん。へーー、そうなんだ。曲はエドウィン・マートン「アート・オン・アイス」。
3Lz+3T、3Aは高い!お見事。ステップは細かいの入れてきてますね。ちょっとエッジの使い方が浅いかな?3Fも決まった。上半身の動きがかたいかな、と思いますが緊張して力が入っていたのかな。スピンから最後ちょっと音に合いませんでしたが、落ち着いてまとめたんじゃないかしら。67.35で4位に。

きました中庭健介、曲は「サラバンド」。
最初の3Lz+3Tを決めて、のびのび滑っているようです。3Aはぐらつきましたがなんとか。スピードがあっていいですね。3Fも降りました。やっぱりこの選手の雰囲気、好きだなぁ。最後のステップはこれまでの選手の中で一番気持ちが入っていて、見ていてぐっときました。世界選手権に行かせてあげたいなぁ。キス&クライではにこにこ。スコアは71.30で3位に入りました。フリーもがんばって!

SPを終えて1位はぶっちぎりで高橋、2位小塚、3位中庭、4位南里、5位無良、6位梅谷。2位から5位の差が5点以内と、メダル争いが面白そうですね。それにしても織田くんの欠場はいろんな意味で悔しいな。楽しみにしてたのにな。

国分太一と内田恭子は早送りしちゃえばたいして気になりませんが、女子シングルは実況があの男なので覚悟して見なくては。負けるもんか。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-27 01:49 | フィギュアスケート