SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

実家に戻ってから体調不良で点滴を打ったり寝てばかりのろくでもない年の瀬を迎えております。
皆さまはいかがお過ごしですか。

フィギュア見て、紅白のコブクロを見届けたらもう寝ちゃいます。明日も点滴だー!
来年は最初から最後まで健康に過ごしたいものです。

2006年、「東京ひとりぐらし」にお越しいただいたすべての方に感謝いたします。
皆さまにも、健やかでよいことの多い一年が訪れますように。


love.
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-31 23:18 | 日常
高円宮杯U-15決勝を応援しに行ってきました。今年のサッカー観戦は44試合に。
むさしは一時は同点に追いつき、押せ押せの時間帯もあったものの、残念ながら延長で勝ち越され、準優勝となりました。たくましくてちょっとセクシーでガッツがあって、中学生でも青赤は青赤だなぁと思った。お疲れさまでした。ユースの試合も面白いですね。
応援団も元気で楽しそうでちょっとおバカで(笑)東京っぽかったですね。「鹿島アントラーズ!」「一緒に応援!」というコールに応えて、チャントに合わせて手拍子してくれた鹿島サポさん、いいとこあるなぁと思いました。どうもありがとう。準決勝まで見て行けなくてすいませんね、顔の筋肉がこわばってうまくしゃべれなくなるくらい寒かったんで。

長い前置きになりましたが、やっと女子SPとFSをまとめて見ました。国立から一時帰宅してSP見て、夜9時から友達と食事に出かけて、帰宅してFSを見たのですが、ひとりずつレビューするには時間と気力がありませんでした。選手の紹介VTRを延々と流す、6分間練習に出て行く選手たちの真横でわざとらしい小声でレポートする、勉強不足のくせに知ったような口をきく司会のアイドル、そして悪化の一途をたどる死の呪文((C)マイク松さん)、解説をさえぎって内容のないことばかり言う悪夢の実況・・・最悪です。選手たちがとてもいい演技をしていただけに、ほんとうに残念極まりないです。

文句はここまでにして、今回はなんといっても太田由希奈ちゃんがとてもよかったです。「ファイアー・ダンス」は初めて見ましたが、すごくいい振り付けで彼女のよさが引き立っていました。ストレートラインステップからフィニッシュへの流れ、めちゃくちゃかっこいいですよね。大昔にバレエをやっていた者としては、「あんな風に踊れたら」と憧れてしまいます。どの瞬間を写真に撮っても美しく見えるに違いない。ドーナツスピンのフリーハンドひとつとっても、ため息がでるような華麗さでした。復活おめでとう。これからも応援するよー!
武田奈也ちゃんもかわいかったなぁ。スピンがとても上手。ビールマンスピンは取り入れる選手がほんとに多くなりましたが、彼女のはとてもダイナミックで、目を奪われます。たぶん次のアイドル候補としてフジテレビが目をつけるのでしょうが、「ミキティ」「真央ちゃん」の二の舞にならないように気をつけて欲しいものです。
浅田舞も今シーズンは成長しましたよね。安定感が出て、美しさの種類が儚さから強さにシフトチェンジした感じがします。紹介VTRで本人が「日本では妹と比べられて嫌になることもあるけど、アメリカではそういうことがないからいい」って言ってんのに、最終滑走でいい演技をしたあとに「一番身近にいる最大のライバルである妹に挑戦状を叩き付け」とか言ってるよポエムが。(あっまた文句が)
中野友加里はFSのジャンプの失敗さえなければ!それでも失敗を引きずらず最後までスタミナも切れず、表情もよかったので、表彰台に乗れなくても収穫のある年になったのではないでしょうか。世界選手権に出場できてほんとによかった。すっごく期待してます。
浅田真央はちょっと別の次元に行ってしまいましたね。世界で経験を積んで、国内ではプレッシャーも感じなくなってしまったのか(笑)と思っていたら、あの演技の後に泣かれちゃたまりませんね。「わたしの演技はこんなもんじゃない」とロシアで悔しさを噛み締めていたのかな。うーん、この調子でどこまで伸びてゆくのか。「ノーミスできて」よかったね(笑)。
村主さんと安藤美姫はコンディション不良やジャンプの失敗があって残念でしたが、ふたりとも最後まできっちり滑り切るあたり根性据わってます。今シーズンはふたりとも快心の演技ができた大会があったので、よかったのではないかと思います。安藤は世界選手権でがんばって。

というわけで、超駆け足の全日本フィギュアを見ました、という報告エントリーみたいになっちゃいましたが、明日から実家に帰るのでそろそろ寝ます。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-30 02:08 | フィギュアスケート
仕事納め。忘年会+送別会も無事終わって帰宅する途中、携帯から東京の公式サイトを見て、大志くんのモンテディオ山形移籍を知りました。
よかった!よかった、ほんとによかったね。前田くんもいるしね。試合に出られるように、J1に昇格できるようにがんばってほしいですね。

で、今日はちょっと遅くなったのですが見たいので夜更かしして男子FS見ます。
「SP終わって第一位の高橋大輔」は、今回果たしてFSが終わっても首位でいられるのか?

最終グループ、最初は神崎範之。あらら「オペラ座の怪人」かぁ、かぶっちゃったのね。この人の演技って落ち着き払って見えますね。2回めの3Aでちょっと手をついてしまいましたがその後も安定。着氷の姿勢がきれーい。ものすごい姿勢でのスピン。まだ演技終わってないのに放送席が「素晴らしい」を連発。確かに素晴らしい。最後まで緊張感を途切れさせず、快心の演技だったのではないでしょうか。210.97!すごいスコア出ましたよ。表彰台に乗って、エキシで冬ソナやってくれないかな。ちゃんと通しで見たことないので。

中庭健介。「Slow dancing in the big city」4Tはステップアウトするも我慢。神崎の高得点がプレッシャーになっているのか、若干動きが固いですががんばれ!曲調が変わってからは調子が出てきましたが、スピード感や迫力がちょっと足りないかなぁ。あんまりさびしげな曲使わないで、ウィアーみたいな王子様系の方が素敵かも。今日は荒川さんがジャンプの感想を言わないぞ。反省したのかな?

南里康晴、ビゼー「カルメン」。気合い入った顔してますね。ジャンプは後半に行くほど安定。ストレートラインステップの振り付けがかっこいい。最後は足かえのスピンから静かにフィニッシュ。2回の3Aを成功させて(って書くと改めて去年の浅田真央の3A×2がどれだけすごいのかよくわかる。)神崎を上回り、高橋・織田・小塚を残して暫定1位に。おお、ちょっと意外。小塚くんのメダルは難しいな。

織田信成、チャイコフスキー「交響曲第4番」。やっぱり日本人同士で比べると体の使い方が段違いで大きいなぁ。つなぎもなめらかだし緩急の付け方もいいです。でもちょっと音楽(リズム)を掴み切れてないようにも見える。3Aで派手に転倒。めずらしいな。235.66でトップに。

小塚崇彦、ショパンのピアノコンチェルト第2番。最初の3Aで大きくステッピングアウト。でもスピードはある。ああ、軸が斜めになりすぎてます。落ち着いた顔はしてるんだけどなぁ。やっぱり傷めた足首が痛いのか。マイムはすごくきれい。後半にも一度転倒して、残念そうな顔でした。小塚は5位。南里と織田くんのメダルが確定。

ラスト、高橋大輔。SPのときより顔色がいいし、気合いの入ったいい顔してます。4Tお見事!ジャンプが決まるとどんどん顔が色っぽくなりますね。うわ、3A+2Tも完璧。このまま最後まで切れないで〜。GPファイナルの悔しさを晴らすのだ。祈りながら見てしまいました。後半のジャンプもミスなし。素晴らしい!フライングシットスピンからの流れも止まらず、最後のスピンへ。うわ、キレキレだ。これが見たかったんだよ(>_<)すごいすごい、笑顔でガッツポーズ。よくやった高橋!わたしちょっと泣きそう。SPよりFSの出来がいいなんて(笑)。
256.08!文句なしの全日本制覇です。世界フィギュアでもこんな演技見せてください。


はー、なんとか書いたー。眠い・・・。
とりあえず寝ます。明日以降に手直ししたりするかも。
明日は国立ですよ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-29 01:25 | フィギュアスケート
全日本フィギュア選手権。深夜ではありますが男子SPにも1時間割いてくれたことはうれしいです。解説は荒川さんと本田くん。内田恭子と国分太一は邪魔くさいですが、あまり気にしないで演技を見たいと思います。

トップバッター神崎範之。ラウ゛ェル「ボレロ」。最初の3Aで勢いに乗りました。姿勢のきれいなスケーターです。スピンでどんどん軸がぶれてますが、けっこういい点数が出ました。

高橋大輔。チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」。ちょっと顔がやつれてる気がしますがもう体調は万全なのでしょうか。ジャンプを降りるたびに荒川さんが「これはよかったと思います」などと間髪入れずにコメントするのですが、本田くん、いる?
NHK杯ほどの気迫はなく、失敗だけはしないようにという感じの滑りでしたが、さすがに余裕を持ってフィニッシュ。でも顔が・・・この1週間で一気に年取ったみたいに見えて心配。

小塚崇彦、エドウィン・マルトン「サラバント」。最初の3Aで転倒。緊張してるのかな。がんばれ!コンビネーションジャンプもふたつめが2回転に。でもステップあたりで持ち直しました。この子のステップ見てると佐藤有香さんを思い出すなぁ、あの基本に忠実な感じが。スピンからフィニッシュへの表情にその日の出来が現れてしまう素直な子なのですが、今日はちょっと渋い顔。FSがんばって。小塚ファンなのでちょっとひいき気味(笑)。
番組始まって30分で3人とは、ぜいたくな時間の使い方ですねフジテレビさん(棒読み)。

中庭健介。この人が大会最年長なのかー。ロドリ−ゴ「アランフェス協奏曲」。わたしは中庭くんの、頭が小さくて手足が長いスタイルのよさや憂いのある雰囲気が好きなので、この曲はとても合ってると思います。ジャンプにミスが。ステップの振り付けが美しいなぁ。チェンジフットスピンも手足の長さを活かしたポジションで、ベテランぽくまとめました。こら内田恭子、全員にインタビューしろや。

織田信成、フランク・シナトラ「Fly Me to the Moon」。この人は一生NHK杯初優勝のときの泣き顔を紹介VTRに使われ続けるのだろうか・・・。3Aをなんとか、3Lz+3Tはきれいに決めて、スピードもあるし、さすがに安定してますね。大会が続いてもちゃんと調整してくるところは素晴らしいと思います。疲れていても大崩れせず、ちゃんとまとめてきてます。途中の襟元を直すような仕草のところで髪の毛なでつけてました?約4ポイント差で高橋が1位、織田くんが2位に。

町田樹。「Push the limits」。今年の全日本ジュニアで優勝した人だそうです。初めて見ますが、王子っぽい小塚くんより、少しワイルドな印象。あ、でも技術はきっちりしていて丁寧な滑りです。おお、斬新なフィニッシュだ(笑)。

南里康晴。「Two Guitars」。フラメンコというかマタドールっぽい素敵なお衣装。最初のジャンプでちょっと着氷が乱れるも、よく我慢しました。3Aはきれい。スピンにスピードが足りないかしら。淡々と滑ってるように見えてちょっと物足りないような気もする。あら3位に入ったよ。神崎が4位、小塚くんが5位。


国分太一には今日の高橋が「完璧」に見えたそうですよ。あらあなた今年もGPシリーズで予習してきてないでしょう。明日はゴールデンタイムに女子SP、深夜に男子FSですが、なんとか目と耳にフィルターをかけて演技に集中したいと思います。まあ、演技の最中にしゃべることはないのでよしとしよう。あとは実況にポエム塩原が出てこないことを祈る。
明日は仕事納めで送別会なんかもあるので見るのは遅くなりそうですが、帰省する前にはがんばって感想書くつもりです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-28 01:00 | フィギュアスケート
今年のまとめ、第二弾。
スタジアム観戦した中から、ベストゲームとベストゴールを5つずつ選んでみました。

【ベストゲーム部門】

第5位 第11節ヴァンフォーレ甲府戦
今季初アウェイ勝利、今季初連勝で嬉しかった試合。
甲府には来年も行きたいな。

第4位 第26節名古屋グランパス戦
6連敗から脱出した試合。
平山に抱きつくフミさんと強すぎる向かい風に涙。

第3位 第28節ガンバ大阪戦
スタジアムで一番壊れた試合(笑)。
規郎とナオのゴールに撃ち抜かれました。

第2位 第7節ジュビロ磐田戦
ルーカスの復活ゴール×2と、「巧」を受賞したクリのゴールで
2年連続ホームで磐田に勝利した試合。
ガンバ戦や川崎戦に比べたら地味な勝利かもしれませんが、
「この戦い方をシーズン通してできたら優勝争いも夢じゃない」と思える内容だったのです。

第1位 第18節ジェフユナイテッド千葉戦
2点を先制されて追いついて、勝ち越されてまた追いついて、ついに逆転。
最後まで気持ちが切れることなく、サポーターも一体となって
倉又トーキョーの初陣を勝利と花火(←フクアリの)で飾ることができました。
うれしかったなぁ、ほんとに。


【ベストゴール部門】

第5位 第28節ガンバ戦 81分 鈴木
規郎の復活ゴール。何回見てもアドレナリンが出ます。
「キャプテン翼のゲームでイメトレ」という迷言も飛び出しました(笑)。

第4位 第30節川崎戦 89分 今野
まさかあんな遠くから打って入るとは思わなかった。
偶然この試合の録画中継を見た海外サッカー好きの友人から
「なにこの壊れた試合、今野スゲー」というメールがきた決勝ゴール。
この試合のヒーローインタビューもすごかった(笑)。

第3位 第18節ジェフ戦 62分 赤嶺
意外なところが第3位と思われるかもしれませんが、梶山がDFを振り切って
エンドライン際から出したラストパスに赤嶺が反転して潰れながら決めたゴールが第3位。
このふたりがガンガン得点を決める東京の未来を夢見て。

第2位 第6節磐田戦 66分 栗澤
ベストゲーム2位にも選んだ試合のダメ押し弾。
いまでもあの見事な連係を脳内再生できます。
連敗中は「選手はこの試合を思い出して!」とか思ってたなぁ。

第1位 第28節ガンバ戦 84分 石川
ナオがあの大怪我から復帰して、こんなに活躍してくれるとは思っていなかったです。
ほんとに嬉しい。
この1点は、左からのクロスを右足の前にぴたりと止めたトラップが素晴らしかったです。
ゴール後、ルーカスがナオの頭を何度もぎゅっと抱きしめていたシーンは
何回見ても胸が熱くなるいいシーンですよね。


うう、ルーカスのゴールを入れられなかった(>_<)。ほかにもいっぱいあるんだけどキリがないので5つに絞りました。フジさんのJ1初ゴールは別次元の嬉しさなのでランク外、特別賞です(笑)。
来季はここに戸田さんのゴールが入るといいんだけどな…。一昨年トンネルに入って今年抜け出したルーさんみたいに、戸田さんも来年の春にはトンネルを脱出してくれたらいいのに。
わたし、ルーさんが今季も東京でプレーしてくれるって決まったとき、今年こそぜったいやってくれると思ってたんだよ。ほんとだよ!

よし、戸田さんを応援するブログとしては、ここで予言しておくべきだな。
言葉に出して願ったほうが、叶うような気がするし。

「戸田さんは来年二桁得点します!」by若葉


清水で、っていうオチは勘弁してください。泣いちゃうから。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-26 23:45 | FC東京2006

2006年まとめ&観戦記録

メリークリスマス。
名実ともに「負け犬」っぽい週末を過ごしていた若葉ですこんばんは。
詳しく書くほどの自虐的サービス精神は持ち合わせておりません…。

小平の紅白戦でしか見られなかった柴崎くんが古巣の緑へ移籍したり、サハラカップでU-18が悔しくも素晴らしい準優勝を収めたり、阿部キャプテンとかワンチョペとか茶野さんとか増嶋とかの飛ばしっぽい記事に踊らされまいとしてみたり、ファンブログリンク集への登録依頼に返事をしないまま365日FC東京ゴール裏!が今日で終わったりと、なにかと忙しい年の瀬ですね。
SOCIO継続手続きも、お忘れなきよう。特にそこらへんのあなた。
スポニチの「来季東京監督の原氏、阿部獲りへ直接出馬」という記事は、写真を見るとヒロミさんが自転車に乗って阿部キャプテンを迎えに行っちゃうみたいでおかしいです。二人乗りで帰ってきちゃったりして(笑)。(いや、個人的には悪いこと言わないから千葉に残りなよ、と言いたいんだけど)

ちょっと早いですが、東京な2006年を振り返りますよ。
去年のエントリーはこちら

■1月■
初めての小平グランドでガーロ監督にはじめまして。
両親も石垣島で東京の選手にごあいさつ。

■2月■
トリノ五輪のフィギュアに釘付けで寝不足の日々。
ペア男子SP男子FS女子SP女子FSの感想を早朝にUP。
自分の演奏会でPSM行けず。

■3月■
いいんだか悪いんだか?まだよくわからないシーズン序盤。
野球の日本代表は楽しそうでいいなぁと思ってみたり。

■4月■
今年もホームで磐田に快勝、しかしナビスコは不調
ルーカスが突然ゴール量産開始。

■5月■
甲府遠足小平詣でなど、忙しく過ごす5月。
土肥ちゃんモニがドイツW杯代表メンバーに時間差で選出。
思えばこのときのハワイでね…にやにや。

■6月■
ライブに行ったりに行ったりドイツ時間で生活してみたり。
日本は2敗1分でグループリーグ敗退。残念でしたが驚きもせず。
早くリーグ戦再開しないかなーなんて思ってたら浄くんアキレス腱断裂。痛すぎる長期戦線離脱。

■7月■
Jリーグオールスターでモニに爆笑
松本でのホームゲーム観戦。ナオの復帰に泣いたり笑ったり。
ササがアルゼンチンにレンタル移籍。復帰するのか気になるところ。

■8月■
新しくなったU-21代表A代表にわくわく。
映画館が停電したり監督が変わったりフクアリでわっしょいしたり
浄くんがブログを始めたり、つば九郎がやってきたり、フジさんJ1初ゴールだったり、
そうかと思うと情けない負け方したりと迷走。疲れる月でした。

■9月■
初めてのサテライトでリチェ&コザワのSBやFW遠藤大志など珍しいものを見る。
オランダからでかい男がやってくる。
くまさんをゲットしたこと以外はリーグ戦はいいとこなしで、今年も連敗街道へ迷い込む…。

■10月■
今ちゃんのA代表復帰を祝って日産スタジアムへ。
東京ドームで中日ドラゴンズリーグ優勝の瞬間に立ち会う。
10月も終盤に入ったところでようやく東京っぽいハラハラサッカーが戻ってくる。

■11月■
天皇杯四回戦で7-0の快勝、川崎戦では3点差をひっくり返しての逆転勝利
でもわたしの今シーズン最後の味スタとなったマリノス戦は悔しい敗戦
そしてフミさんが引退を表明。ついに土肥ちゃんの連続出場記録途絶える…。

■12月■
シオちゃんが浦和・大分戦で完封の大活躍
モニが結婚を発表
今年も嫌な季節。ワシントン・ジャーン・大志くん・松尾くん・柴崎くんが東京を離れることに。
倉又監督に代わって、まさかまさかの原博実さん監督就任。
U-15、U-18がトップチームの低迷をよそに大躍進。東京の未来は明るい…か?


観戦記録は長いのでたたみます。

今年もよく観たなぁ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-25 21:20 | FC東京2006

ナビスコカップ、2007!

もう来年の話ですよ!

■予選リーグ
浦和、川崎Fを除く16チームを4グループに分け、各グループでホーム&アウェイ方式の総当たりリーグ戦を行う。
【Aグループ】千葉/G大阪/神戸/広島
【Bグループ】大宮/柏/横浜FM/清水
【Cグループ】FC東京/横浜FC/磐田/大分
【Dグループ】鹿島/甲府/新潟/名古屋

東京はCグループで、うーん遠方アウェイは行けないかも・・・ってことより、J's Goalがちゃんと「FC東京」と表記していることが気になりました。横浜FCが昇格してきて「横浜FM」「横浜FC」と区別するので、じゃあ東京も「F東京」じゃなくて「FC東京」と書きましょう、ってことになったのかしらん。

あと、「川崎F」はなんで「F」?もしや、緑と区別するために、の名残り?だとしたら川崎サポはいいかげん「F」取れや、と思ってるのでしょうかね。

しんどそうなのはアウェイがどこも遠い千葉。あとDグループを追いかけるサポのみなさんは、来年はずいぶん旅気分を味わえそうですね・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-19 23:51 | FC東京2007
何日かさぼってた分のエントリをいくつかUPしました。14日のAJIライブ、15日のCWC5位決定戦を加筆修正、16日の吉祥寺ランチ、17日のゴスペラーズライブ。エントリが前後したりしててすみません。


いきなり文句で申し訳ないのですが、録画放送のGPファイナルと生中継のCWC決勝戦がまったく同じ時間帯に重なっているっていうのはなんなんですかいったい。テレ朝はGPシリーズ(NHK杯以外)の独占放映権を獲得してはしゃいでるんだろうけど、日本代表じゃないサッカーには興味ないってことがよくわかったよ・・・度量が狭いよなぁ。GPファイナルは17時からでも21時からでも見る人は見るってば。

桐生に行くことが決まっていたのでどっちを録画するか悩んだのですが、結果を知っていてもやっぱりGPファイナルを観たいと思ったのでテレ朝を録画。うう、でこさんも観たかったのに。
SPの繰り返しやスタジオトークや6分間練習をびゅんびゅん飛ばして観たら1時間かかりませんでしたよ。その時間で全員分放送してよ。GPファイナルの意味わかってんのか?ていうかセベスチェンのSPが観たかったのよ!

ひとりずつレビューする元気はないです…一度観て、HDDから消してしまったし。NHK杯に出場した選手はそれよりコンディションが落ちていて、キム・ユナは去年の浅田真央のようなプレッシャーのない状態でののびのびした滑りでした。(それでもフランス大会の方がFSはよかった)テレ朝の実況アナは彼女のことを「妖艶な16歳」と連呼しますが、確かに身のこなしは美しいし表情が豊かで目線の使い方なんかは大人っぽいけれど、FSの「あげひばり」は可憐で透き通るような純粋なイメージがあるし、果たして「妖艶」が彼女の一番の特長なのかなぁ?と疑問に思うのですが。浅田と比較してわかりやすく個性を打ち出したいということなのかしら。サラ・マイヤーとジュベールは調子よさそうでしたね。サラ・マイヤーはトリノでは崩れてしまいましたが今回は安定してたし、スイスの人たちは期待しているのでしょうね。
村主さんも高橋も織田くんもNHK杯ほどのキレは感じられず。安藤は滑る前から不安そうな顔してましたね。SPはすごくよかったのになぁ。

でもまあ、言い方悪いですけど冬季五輪の直後のGPファイナルってこうよね、という感じもする。GPシリーズの疲れが出る、と荒川さんも言っているし、2006-2007シーズンのピークがここではないこともわかってます。(ちなみに世界選手権は来年3月東京にて開催。ぴあでプレリザーブ受付中です。24日、エントリーしたら当たるかな…)
とはいえ、あの日本選手の体調不良続出はちょっと異常事態ではないですか。高橋なんてかわいそうで見ていられなかったよ。なんなんだろうあの「気持ち悪い」とか「お腹が痛い」という症状は。安藤と高橋はエキシも辞退したようだし、かわいそうに…。日本選手権までに持ち直して、ベストの演技が観られるといいのですが。
もしかして、もしかして(あまり考えたくないけど)安藤と高橋が棄権することを許されないような状況があったんだとしたら、つらすぎるな…。

ちなみにGPファイナルのエキシビションは、12月20日(水)19時〜21時48分テレビ朝日にて放送されるそうです。2時間もとってるんだから日本人選手と各カテゴリの1位だけなんてことになったら怒るよわたしは。(SPとFSのダイジェストを延々流したりする嫌な予感がするのだけど)
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-17 23:30 | フィギュアスケート
ファンクラブの先行予約が全部外れてがっくりしていたところ、友達からチケットを譲ってもらえることになったので急遽行ってきました。行けてよかったです。ありがとう(>_<)

以下ネタバレです。無駄に長いです。ツアー始まったばかりですのでお気をつけて。
個人的にはネタバレなしで観たほうがテンション上がると思います。よ。予備知識なしで観て欲しいなぁ。

17時35分開演、21時15分頃終演。きゃあ間違えた。20時15分頃終演でした。
パンフレットは例によって鞄に入らないサイズです。

これから行く人クリックするべからず
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-17 23:00 | おんがく
e0074253_19412676.jpg

全北がオークランドシティに3-0で勝利。1点めはきれいな連携でした。
うしろの高校生(たぶんサッカー部員)が「おい、いまの、明日練習しようぜ!」だの「ナントカ先輩ならあの7番止めてた」だの「上戸彩どこ座ってんだよ」だのうるさいうるさい(笑)。まあ、楽しかったからいいんだけど。

オークランドシティの選手がみんな半袖なんだけど大丈夫なのかな。
GKが格闘家みたいです。声のでかさがハンパない(笑)

岩本テルさんに特に思い入れのないわたしなので(初めて生で見たし)、
せっかく近いところでアジアとオセアニアのカップウィナーが戦うのだから
見ておくのもいいかな、ぐらいでそんなには期待しないで行ってみたのですが、
それでももうちょっと緊迫した試合が見たかったかなぁ・・・。

これが今年のサッカー観戦納めになりそうです。
あーあ、東京の試合が見たいなぁ。(←決まり文句)
[PR]
by babyleaf_6 | 2006-12-15 19:41 | サッカーその他