SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

<   2007年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

KING OF STAGE、RHYMESTERのライブ見てきました。
そのうち追記する予定ですが、とりあえず覚えてる限りセットリスト。(4/1 ちょっと修正。『耳ヲ貸スベキ』の位置が自信ないな・・・泣きそうなコール&レスだった覚えがあるから最後の方だと思うんだけど)(4/3 いろいろ調べたりして補完。これで完成のはず…)

01.JIN-TRO
02.キングオブステージ
03.オイ!
04.逃走のファンク
05.耳ヲ貸スベキ
06.Walk on 〜Hey! DJ JIN Pt2〜
07.ライムスターイズインザハウス
08.BIG MOUTH
09.BIG MOUTH 2 1
10.BIG MOUTH 2 2
11.紳士同盟 feat. ROMANCREW
12.ブレックファスト・クラブ feat. MAKI THE MAGIC(キエるマキュウ)
13.ビッグ・ウェンズデー feat. MAKI THE MAGIC
14.隣の芝生にホールインワン feat. BOY-KEN
15.HEAT ISLAND feat.FIREBALL
(休憩:ライムスターダイレクト通販)
16.勝算(オッズ)s/w ゴスペラーズ
17.ロイヤル・ストレート・フラッシュ
18.ウワサの真相 feat. Full Of Harmony
19.The Blackbelt feat. PUSHIM
20.スタンバイ・チューン
21.現金に体を張れ
22.続・現金に体を張れ
23.911エブリデイ
24.グレイゾーン
25.Welcome2myroom
26.肉体関係 Pt.2 with 横山剣、菅原愛子(Crazy Ken Band)
27.音楽は素晴らしい s/w Scoobie Do
28.けしからん s/w Scoobie Do
29.This Y'all, That Y'all s/w SUPER BUTTER DOG
30.リスペクト feat. ラッパ我リヤ
31.「B」の定義 feat.CRAZY A
32.B-BOYイズム feat.CRAZY A, with Tokyo B-Boys
(encore)
(ライムスターがライブしにやってきた)
33.WE LOVE Hip Hop
34.ザ・グレート・アマチュアリズム with 竹内朋康
35.口から出まかせ with キングギドラ, Soul Scream
36.Wack Wack Rhythm Island feat.Rhymester(WACK WACK RHYTHM BAND)
37.ウィークエンド・シャッフル Feat. MCU, RYO-Z, KREVA, CUEZERO, CHANNEL, KOHEI JAPAN, SU, LITTLE, ILMARI, SONOMI, PES, K.I.N, 童子-T
(w encore)
38.And You Don't Stop
39.キングオブステージ
40.働くおじさん

メドレーも1曲ずつと数えるとなんと40曲、ゲストはざっと70人?B-Boysは12人だったと思うんだけど、WACKって10人だっけ。もっといたような気が…。
いったいどこで打ち上げする気なんだ(笑)。

追記しました。長いよ!
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-31 23:16 | おんがく
風の強い国立競技場にて。

立ち上がりちょっとだけ落ち着かなかったけど、前半のうちにあまり簡単に点が入ってしまってちょっと拍子抜け。香港戦・マレーシア戦が「なめてかかって苦戦した」のと逆な感じ。
平山の二次予選3試合連続得点はよかったね。でも東京でプレーしてるときよりよっぽどマーク甘かったんだから、余裕でハットトリックしてもいいぐらいよ。ゴールポストを叩いたシュートが2発、クロスに飛び込んだけどほんの少し枠をそれたシュートも確か2つはありました。しかし代表でゴール運使い果たしたりしてないでしょうね。
先発で張り切っていたのか家長が素晴らしく調子がよくてほれぼれしました。ピチピチ作戦ってこれのことか。(違うか)家長ってドリブルドリブルと言われますが、今日は簡単にボールをはたくことが多いかったような?シリアのディフェンスがプレッシャー甘かったせいもあって、中盤でボール回る回る。シュートの意識を持ってる選手はA代表より多いんじゃないでしょうか。
家長に対抗意識を燃やし過ぎたのか知らないけれど名古屋の本田は相変わらずいいときとはほど遠い出来で、かなり不満。もっとできる子のはずなのに。逆サイドの水野は強気でよかった。1点めは水野のサイドチェンジから、2点めは水野のFKから。コーキ、オレ!というコールが何度も起こってました。
GKは西川くんが復帰。前線への速いフィードから速攻を仕掛けたりとさすがの働きでした。えーと相手のセットプレーになると急にハラハラさせられるのはなにが悪いんでしょうかね。(え、伊野波?)

去年から何回か見てきたU-22の試合の中で、ダントツに面白い試合でした。アイディアとスタミナとテクニックを持った選手たち。プラス負けん気の強さ。そりゃオシムおじいちゃまにも呼ばれるよね。今日みたいにチームが連動して個の能力を発揮できる試合が、本番に向けて増えていってくれたら。2010年にはここから何人が、とか想像するだけでにやにやしてしまいます。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-28 23:15
趙宏博は、この世界フィギュア東京大会のフリー演技の直後にリンクの上で申雪にプロポーズしたのだそうです。なんというロマンチスト。アキレス腱断裂を一緒に乗り越えて、技術と表現を磨いてきたふたりの、現役最後の演技でした。素敵だったなぁ。もちろん高橋大輔の「ロクサーヌ」も、キム・ヨナの「リフレクション」も。ああ、そしてデンコワ/スタビスキーが現役最後のエキシで平井堅の歌で滑ったこと、それが雰囲気にぴったりだったことも、きっと忘れられないです。

念仏の鉄さんが、安藤美姫のエキシを見ての感想を書いていらっしゃって、それを読んでからビデオを見ました。絢香の「I believe」と「三日月」にのって、ほんとに気持ちよさそうに滑っていて、見ていて自然に笑顔になってしまいました。優勝を決めたその時より、エキシの方が泣けてきそうでした。

安藤を見ていて思い出したのは、トリノのエキシビション。こちらも大好きな曲にのって、穏やかで幸せそうな表情を浮かべながら空を飛んでいるように滑った荒川静香。そしてエドウィン・マートンのバイオリン生演奏、その音のひとつひとつと体の動きが一体となった芸術品・プルシェンコの「トスカ」。
あんなにハードな動きなのに、シーズン最後の大会の競技を終えて疲労がピークのはずなのに、「歌いながら気持ちよく滑る」ってどんな気持ちなんだろう。世界をその手に収めたような気持ちなのか、それともすべてから解放されて純粋にスケートを楽しんでいるのか・・・どちらにしても、その気持ちこそが、ほんの一握りのトップスケーターだけに与えられる特権なのだろうな。

ついでにトリノのエキシをずーっと見続けてしまいました。トットミアニーナ&マリニン、サーシャ・コーエン、ランビエール、ナフカ&カスタマロフ、スルツカヤ。1年ぶりに見ましたが、美しいものは、いつ何度見ても感動するし、美しいものにうっとりしている間はほんとうに幸せを感じます。
世界フィギュア2007、いい大会でしたね。また来シーズンを楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-27 01:20 | フィギュアスケート
またしてもフラストレーションのたまる試合でした。たのむよ東京。
印象に残ったのは、新旧背番号「16」のふたりでした。

スタメン表を見たときには、まさか今ちゃんの作ったピンチを池上くんが救ってくれるなんていう展開は予想しませんでした。最初は緊張してたっぽいですが、攻めあがろうとしたりアーリークロスを入れたりと、チャレンジしてましたね。2失点目あたりでは頭真っ白だったんだろうなぁ。またチャンスがあると思うので、がんばれ東京の「No.16」。

で、かつての「No.16」、いまは大分の「No.14」ミヤさん。お元気そうでなによりでした。アップ中に土肥ちゃんを小突いて知らんぷりしてみたり、相変わらずキュートだわ。今度リーグ戦で味スタに来るときはスタメン獲っててね。ブーイングされるほど活躍して欲しいです。
そういえば、去年まで毎試合出されていた「MIYAZAWA」のダンマク、久しぶりに見ました。上から「どうよ?湯かげん」という布が被せられていて笑いながら泣きそうになりました。試合終了後も、コールに応えてくれてありがとう。小さく拍手しながらこっちに走ってくる姿が、たった半年振りぐらいなのに懐かしくて、つい「いつでも戻ってきて」などと口走りそうに。


それにしても今ちゃん、大丈夫かなぁ。最近らしくないです。いい試合とよくない試合の波が激しいというか…この試合でも後半消えちゃってたし。
「一試合も落とさないという強い気持ちで闘う」って開幕前に語っていた決意はどこへ行っちゃったんだ?ああいう試合で自分と周りを鼓舞して、悪い流れを断ち切ることができるようになって欲しいものです。

試合後の福西のインタビュー。(J's Goal)
調子のいいときは、なんとなく、勢いで勝っちゃう。調子の悪いときは、自分たちでなにを修正していいかわからず、自滅する。
「基本的なこと」が苦手なチームでごめんね福西さん。愛想尽かさず、ビシバシ鍛えてやってくれるととっても嬉しい。なんてことを言う日が来るなんて(笑)。

来週は用事があって柏には行けません。阿部ちゃんによろしく。で、勝って帰ってきてね。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-26 20:57 | FC東京2007

世界フィギュア 女子FS

ペルー戦は、俊輔さんからFWの2ゴールで勝利。興行的にも大成功でよかったですね。後半はほかのことをしながら適当に見てたのでよくわかりませんが、前半はボールがよく繋がって、代表ってやっぱりうまいなぁと久しぶりに思いました。どうもうちの子が出てないと見てても気持ちが入らないわ。来週のシリア戦は行きたいな。

で、追っかけ再生で女子FSです。録画ミスでサラ・マイアーの最後のところからでした。きれいな衣裳でしたね!とポエムのような感想を言ってみる。

中野友加里。最初の3A転倒以外はまとめてきたので、もったいない。ちょっと最後スタミナ切れたかな?キャメルからドーナツスピンへのコンビネーションやスパイラルはとてもきれいだったし、キスアンドクライでもシーズンの締めくくりに悔いなしという表情。フリー108.30、トータル168.92でこの時点でトップに。今日は余計なゲストがまた増えてるよ・・・。

最終グループはコストナーから。中野のSPとは別の曲ですが「SAYURI」の曲です。髪飾りもかんざし風でかわいらしい。あらら最初のジャンプで転倒。全体的にジャンプで精彩を欠いています。SPはよかったのになぁ。終盤は調子を上げてきましたが101.77、計168.92で2位。

エミリー・ヒューズ。この人はワンショルダーの衣裳が多いような気がします。ジャンプの転倒以外でも、なんとなく動きが重いような。難度の高い技も持っているので、もうちょっと軽やかだともっといいのになぁ。でも終盤は三回転も決めて、スピードも落ちず力強くフィニッシュ。憎めない笑顔だなぁ。98.18、あまり点伸びず。

キム・ヨナ登場。「あげひばり」。もうワントーン明るい色のタイツにしたほうがきれいじゃないかしら。おっと見とれている間に演技終了。2回の転倒はありましたが、スケーティングはほんとに美しかったです。やっぱりこの人でも完璧にやるのは難しいのか。ルールをわかっておらずとんちんかんな受け答えをするポエム。浅田の出番の前にどっか行け!
FS114.19、トータル186.14。パーソナルベストでトップに立つも不本意という表情のヨナ。

浅田真央、「チャルダッシュ」。ミスを最小限に抑えて、よくがんばりました。いい精神状態で曲に入れたんじゃないでしょうか。スパイラルシークエンスのあたりからどんどん乗ってきたのがわかりました。笑顔でフィニッシュ、そしてガッツポーズ。よかったよかった、素晴らしいです。FS133.13、トータル194.45で逆転トップに。えらい点が出ましたね。

キミー・マイズナー。大崩れはしなかったもののやはりジャンプのミスは点に響きますね。ストレートラインステップやつなぎのスケーティングは見るたび上手になってる気がします。落ち着いてる。場数踏んでるなぁ。ヨナ・浅田の後で滑るの、嫌だろうに(笑)。トータルで180.23、3位に滑り込みました。

最終滑走、安藤美姫。メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲。新しい衣裳です。
珍しくスパイラルでバランスを崩したところ以外はノーミス。最初から最後まで落ち着いてました。「自分はシニアのスケーターなんだから」と以前にインタビューで語っていましたが、その意識がつま先まで浸透している感じ。素晴らしい!
FS127.11、トータル195.09!

優勝は安藤美姫!2位に浅田真央、3位キム・ヨナ。中野は去年と同じ5位。
世界選手権でワンツーフィニッシュは素晴らしいですね。表彰台をアジア勢が独占してることが信じられない。日本3選手の滑りもとてもよかったし、こんな大団円を迎えられて、なんだかドラマ見てるみたいです。
明日のエキシも楽しみですが、いいかげん疲れたのでレビューするかはわかりません。大分戦の結果次第だったりして(笑)。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-24 23:04 | フィギュアスケート

世界フィギュア 女子SP

ああもう、やっぱりポエムだよ。「決戦のフライデーナイト」とか言ってるところは後でバッサバサと編集してやるんだから、見てらっしゃいよ!

カロリーナ・コストナー。3+3のコンビネーションジャンプ、3Lzを危なげなく決めて、今日はなんだかとってもよさそう♪実はコストナー見るのトリノ以来なので、なんだかすっごく成長したように見えます。表情も柔らかいし、気持ちよさそうに滑ってる。コンビネーションスピンで軸がちょっとブレましたが減点されるほどじゃなさそう。とても美しく穏やかで、いい演技でしたね。最初のコンビネーションジャンプはふたつめの方が高かったし、プラスの得点がもらえるのでは、と解説のジュンジュン。

キミー・マイズナー。ますます痩せたように見えますが元気かな。「スノー・ストーム」、シンプルな黒とシルバーの衣裳です。スパイラルシークエンスは姿勢がきれい。勢いはあまりないけどひとつひとつの丁寧に技を決めました。さすが、まとめてきますね。まだ17歳かぁ。

キム・ヨナ。あちこち痛いようですが、いい演技ができるといいですね。ムーラン・ルージュから「ロクサーヌのタンゴ」。ビールマンやイナバウアーの姿勢がいつもより腰をかばってるように見えますが、その他はいつもどおり、完璧に見えましたよ。すごいすごい、シニアデビューの年の、初めての世界選手権とは思えない。感動しました。パーソナルベスト71.95点でダントツ1位に。問題は明日か。

この中で見ると大ベテランに見えます、ユリア・セベスチェン。マイズナーとキム・ヨナの後ではちょっと地味に見えてしまいますが、ジャンプも高いしスピンのポジションもきれい。久しぶりにセベスチェンの「出し切った」顔を見られて嬉しいです。キスアンドクライでも満足そう。

中野友加里。開会式で選手宣誓したそうです。やっぱりそういうのがあるのかスケートも。最初の3Lzでひやっとしましたがなんとか降りました。落ち着いてるし動きにキレがあります。うわーさすがのコンビネーションスピン。スパイラルシークエンスもとってもきれい。このプログラム、円熟してきましたね。2Aからエッジを掴んでスピンに入るところも美しくてため息がでます。おお、ほぼ完璧。めずらしくガッツポーズも出ました。60.62のパーソナルベスト更新も、4位かぁ〜。明日もがんばって!!

最終グループ。ひとりめはサラ・マイヤー。バラの柄のかわいい衣裳。またポエムが余計なことを!演技中は年齢と衣裳の色と技の名前しか言わないので前より気にならなくなったんだけど、この演技直前の死の呪文だけはなんともならんな。
ジャンプの着氷が乱れて惜しかったですが、ステップやスピンでは立て直してなんとかまとめました。最終グループの一番滑走でプレッシャーがかかったか。

安藤美姫。表情は硬いですがミスなくひとつひとつの要素をこなしてます。ああ、スパイラルシークエンスでやっと表情に余裕が出てきた。がんばって!GPシリーズでもSPはずっとよかったですが、最後のストレートラインステップはさらによくなってますね。スピンも最後までスピード落ちずフィニッシュ。全日本の後、肩の故障があったにも関わらずコンディションを合わせてきましたね。お見事!67.98のパーソナルベストで2位に。

浅田真央。とにかくノーミスでいけば優勝の可能性も。最初のジャンプは完璧でしたが、コンビネーションジャンプのふたつめがシングルに。でもその後は落ち着いて丁寧に演技してます。うーん、惜しかったなぁ。61.32で5位。ちょっと差が付きましたがまだ明日の出来によってはメダル圏内か。

エミリー・ヒューズ。おおっとますますたくましくなってますね(笑)。ジャンプ跳ぶ前の表情が怖いよ〜。決めどころでは相変わらずいい顔します。今大会の出場選手の中では一番自信満々で滑ってる感じ。髪飾りがふっ飛びそうな勢いでフィニッシュ。ジュンジュンも「表情がいいですね(^-^)」と。浅田に及ばず6位。

アリッサ・シズニー。アメリカ勢ではこの人が一番好きです。がんばれシズニー。「Prelude & Quadukka」、読めない曲名なのかただ興味がないのかとうとう荒川姐さんにつまみだされたのか、まったく言葉を発しないポエム。いいぞ、その調子!
シズニーは勢いはあるもののジャンプで失敗。スパイラルのポジションはきれいです。めざせコーエン。スピンはさすが、片手でI字に近いポジションをキープ。柔軟性と筋力の両方がないとできない技です。得点伸びず、残念。なにが残念って、FSが放送してもらえないのが・・・。

最終滑走はエレーナ・ソコロワ。わーい!トリノのときは故障で不本意な出来だったので、世界選手権では実力を発揮してもらいたいです。曲は「トゥーランドット」。技から技へのつなぎがなめらかで、さすがに大人の演技です。ジャンプもすべて決めました。ソコロワはこうでなくちゃね。最後はちょっと曲と合いませんでした。でもやっぱり笑顔がかわいいな。FSはロミオかな。見たいんだけどなー。11位では難しいか。

SP終わって1位キム・ヨナ、2位安藤、3位コストナー、4位マイズナー、5位浅田、6位ヒューズ、7位中野。世代交代って感じしますね・・・今さらながらここに村主姉さんがいないのがさみしい。
FSの最終グループ滑走順は、コストナー、ヒューズ、ヨナ、浅田、マイズナー、安藤。ヨナが実力を発揮すれば優勝確実っぽいな。司会者はメダルメダルとうるさいですが、あまり順位や得点を考えず、自分の一番いい演技をしてくれたらいいです。今夜がたのしみ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-24 12:01 | フィギュアスケート
世界フィギュアもあっという間に大詰め、今夜はもう女子フリーなんですね。アイスダンス・フリー、女子SP、女子フリーをまとめて見ます。
今夜はサッカーとフィギュアとシンクロチームフリー決勝と「ハゲタカ」最終回がぜんぶ重なっているので、どうやって見ようか悩んでます。

この大会を最後に引退する渡辺・木戸組と、最終グループのみの放送。
木戸さん泣いちゃいましたね。長い間お疲れさまでした。ステップのひとつひとつにまで心のこもった、わたしが見た中でも一番ぐらいのいい演技でした。

デュブレイユ/ローゾン組。アカデミー賞のレッドカーペットのような華やかさですね。めちゃくちゃ難しい技を簡単そうにやるのがすごい。早い回転リフトも曲にぴったり合わせてて無理矢理感がぜんぜんないし。ツイズルもぴったり。きゃーデュブレイユの背中がきれいーなんて思っているうちにあっという間にプログラム終了。この「アット・ラスト」のプログラムは何度見てもいいなぁ。

ベルビン/アゴスト組、映画「アメリ」より。コンパルソリーでちょっと出遅れるもオリジナルダンスで順位をあげてきたようです。ベルビンちゃん相変わらずかわいいな〜。リフトをずいぶん改良してます。手足が長いのを生かしたダイナミックな振り付け。ベルビンちゃんが最後の最後まで笑顔でした。アゴストがヒゲ剃ればもっとさわやかカップルになるはずなんだけどなー。

デロベル/シェーンフェルダー組、珍しい真っ黒の衣裳、と思ったら曲が「ボニーアンドクライド」。カーブリフトとかコンビネーションスピンに、こまめに難度の高い技が入ってます。ツイズルがちょっとずれたり技と技のつなぎがデュブレイユ/ローゾン組と比べるとなめらかではない部分もありましたが、最後までスピード感があっていきいきした演技でした。フィニッシュ後にシェーンフェルダーがデロベルの頭をなでた仕草がかわいい。なでられたい。(←?)アイスダンスは客席に外国人のお客さんが多い気がしますね。

きました。目指せ2連覇、デンコワ/スタビスキー組。「七つの大罪」より。楽しみにしてたのです。それぞれのスケート技術が素晴らしく高いので、ひとつずつの技が大きくてブレがありません。うわ、ストレートラインリフトすごい。技術プラス表現力で会場の空気を支配したことがテレビ画面からも伝わります。いいもの見せていただきました。おかしいのはスタビスキーのヒゲだけだ。なんでふたつに分かれてるんだ。高得点でトップに立ちました。

最終滑走、ドムニナ/シャバリン組。娑婆鈴って変換しちゃったよ。ボロディンの「だったん人の踊り」ですね。衣裳がエキゾチックで素敵。ダイナミックさと慎重さを兼ね備えたスケーティングです。わ、ツイズルが完璧にシンクロしてる。終盤、テンポアップしてからのスピードと迫力は圧巻。なんというか、見てて爽快な気分になります。ガッツポーズが出ましたよ。さすがロシア、という演技でしたね。このカップル、すごく好きになりました。

優勝はデンコワ/スタビスキー、2位がデュブレイユ/ローゾン、3位にベルビン/アゴスト。あら去年と同じ結果に。渡辺/木戸組は15位で(順位の)自己ベスト更新、有終の美を飾りました。どのカップルも期待どおりにいい演技を見せてくれて、大満足のアイスダンスでした。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-24 10:52 | フィギュアスケート

第265回とと


「久保手ぬぐい」が欲しい若葉のとと予想です。
わたしは手ぬぐい好きで、ハンカチ代わりに持ち歩いたり台所で使ったりしてるのですが、手ぬぐいとサッカーのコラボ商品って少ないんですよね。東京のオフィシャルグッズのも1枚持ってますが、端はかがってあるし染めじゃなくて表だけのプリントっぽいし、ちょっと不満なのです。

さて、当たらないのがデフォルトな予想です。
J1はナビスコ予選第2節、J2は第5節。

ガンバ×神戸 1
大宮×柏 2
鹿島×新潟 1
名古屋×甲府 0
清水×横浜FM 1
東京×大分 1
千葉×広島 2
山形×札幌 1
湘南×愛媛 1
セレッソ×京都 2
仙台×草津 1
鳥栖×徳島 1
水戸×福岡 2

なんでこんなにJ2の試合が多いの?横浜FC×磐田とかあるよね?
今回は代表が抜けることを(ちょっとは)考慮してみた(つもり)。
それでも清水は勝つんじゃないかと。また今年も水沼マリノスなのかなぁ。

代表ペルー戦の日は家でテレビ観戦の予定。すいません、世界フィギュアが観たいので。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-23 12:47 | とと

世界フィギュア 男子FS

今日は実況がポエムじゃない!嬉しい〜。(こんな導入でいいのか)

織田信成。SPでは3Aが抜けて下位に沈みましたが、FSでは新しいプログラムで巻き返しましたね。よかったよかった。最後に同じジャンプを繰り返して得点に反映されないという前にもやったミスが。うーもったいない。「ミッション・インポッシブル」はよく使われる曲ですが、演技の山場に有名なテーマをもってくるあたりの構成がうまいですね。

フランス、プレオベール。あのやる気のあるんだかないんだかわからない不思議なマイムを、やっぱり世界選手権でもやっちゃうのね。あまり点伸びず、4位に。

ダビドフのフリーは流してくれないのかー。この時点で3位に入ってます。
CMに入る前にちょっと流れるTOKIOの曲、えらい音痴なんですが・・・。いつももうちょっとましじゃないですか?

チェコのトマシュ・ベルネル。おお、四回転を2回決めた!ダークホース現る?ハンサムだしジャンプうまいし姿勢もきれいだし、スタミナもある。スピードも落ちない!最後の3Fだけがミスらしいミスでしたがガッツポーズで締めくくり。かっこいい!これから要チェックだわ。会場のお客さんがどんどんファンになっていくのが見えるようです。ランビエールに投げる予定で買ったお花を思わず投げちゃった人とかぜったいいるよ(笑)。これはいい点出るでしょう。トータル226.25!わ、わ、大変なことになったぞ。

最終グループのひとりめ、ライサチェックのカルメン。ジャンプの着氷が乱れ気味。中盤のパートではゆったりしたスケーティングと流れるようなマイムの表現力で魅せます。同じアメリカのウィアーに比べるとがさつそうな見た目ですが(笑)、意外と繊細な動きしますよね。ライサチェック好きなのでメダル取って欲しいな。ジャンプも安定してきた。闘牛士の歌になってすぐのコンビネーションスピンからストレートラインステップ、ここ好き〜。尻上がりに調子を上げてきましたが、快心の出来というわけではありませんでしたね。ベルネルに届かず2位。この時点で織田くん3位。

ジョニー・ウィアー、「チャイルド・オブ・ナザレ」。実況アナが「いやらしい」って言ったのかと思ったら「ウィアーらしい」って言ったのね。びっくりした。ジャンプはスピードも幅もあっていい感じ。会場を自分の色に染めてます。すごいポジションでスピン回るな。トリノのときより骨太になったような印象。四回転は入れませんでしたが転ばないし、スピンとステップで点稼いでます。ちょっとスタミナ切れてきたか?でも最後の三回転ふたつは決めて、ラストのステップもよく膝使えてます。いつだったかのGPシリーズよりはすごくよかったと思うんだけど、TEが60.97は低いな。206.97で織田くんに及ばず。日本語お上手ですね。

ステファン・ランビエール。「フラメンコ」、初めて見るプログラムです。3Aなんとか降りた!4-2-2のコンビネーションも決めて、スイッチ入りましたよ。振り付けも素敵だし、かっこいいプログラムだなぁ。おいこらカメラが追いついてないよ。2回めの四回転は手をつきましたが崩れたというほどではなく、スピンもステップもキレてて勢いも衰えず。見ていて胸に迫る、迫力のある演技でした。HDD録画しておいてよかった!永久保存だ、この大会。このプログラム、また見たいです。ああ、今日のチケットが取れてたらなぁ。解説の荒川さんの「チャンピオンになることよりも、チャンピオンとして戦うことの難しさ」という言葉が重いです。TEは82.49、トータル233.35でトップ。高橋は全日本よりいい演技できないと厳しいのか?

出たなジュベール。007でトップに立つとは(笑)。とうとう世界フィギュアで優勝する日がくるのか?うわ、序盤から安定してますね。安定してるけど圧倒的な迫力みたいなものには欠けるような気がする・・・。確実に行き過ぎてわたしの好みではないというか。最後はガッツポーズ出ましたが時間が余ったのか?(笑)
ランビエールの方がわたし好みの演技でしたが得点はジュベールの方が出ました。TE80.57、PC76.64。トータル240.85で1位に。

高橋大輔。がんばれ!
四回転、手をつきましたがなんとか。スピードに乗ってるし、表情もいいです。スパイラルステップシークエンス、エッジを深く使っていていつもながら素晴らしい。このプログラム好きだわー。最後のジャンプまでミスは最小限に抑えました。スタミナ切れか、スピンでぐらついて一瞬ひやっとさせるも、ラストのストレートラインステップまで気持ちを途切れさせずがんばりました。世界フィギュアでこの演技ができるなんて、トリノからほんとにレベル上がりましたね。こんな顔されたらたまんないわ。お疲れ高橋。あとでもう一回見よう。
TE86.52、PC76.92。トータル237.95で2位に!コーチと抱き合ってまた泣いてます。うわーこっちまで泣けてきた。

最終滑走、ジェフリー・バトル。最後にこの人が残ってるのか。四回転で転倒。でもポージングの美しさはさすがです。3Aでも失敗。スピンもらしくない感じ。後半持ち直せるか?ステップで少し動きがよくなってきましたがやっぱりジャンプは安定せず、不完全燃焼なままフィニッシュ。ちょっと残念。TE63.86、PC73.20、トータル214.96点で6位。

1位ジュベール、2位高橋大輔、3位ランビエール。おお、このメンバーで2位は素晴らしいね!おめでとう高橋!ほんとにプレッシャーに負けなくなりましたよね。インタビューで笑ってるかわいい顔と演技のときとでは別人みたいだもんね。
あと、トマシュ・ベルネルが収穫でした。織田くんも7位入賞で、来年の日本人枠3つを獲得。よかったよかった。

ペアFSはいつ放送したんでしょう。ちゃんとチェックしておかなくちゃ。明日は遅くなるので女子SPはFSとまとめて週末に見ます。
さ、もう一回高橋の演技見ようっと。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-22 23:17 | フィギュアスケート
せめて16時キックオフなら日帰りしたのになぁ、と思いつつ、家でシンクロとフィギュアをザッピングしながら携帯速報をチェックしてました。見てないけど観戦記のカテゴリに入れておきます。

試合記録 ナビスコ予選第1節(FC東京公式)
ワンチョペ初ゴール 今季初先発の期待に応えた(トーチュウ)
【ヤマザキナビスコカップ 磐田 vs F東京 レポート】(J's Goal)

ついでに 試合結果 ナビスコ予選第1節(ジュビロ磐田公式)
http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2007/N070321_893.php
ファイル名の末尾の数字がえらく意味深なので、URLを見せておく(笑)。

ヤマハスタジアムにジャスティス降臨。ほかの審判もですが、今季カード多いよ!
去年は日本平で退場、今年はヤマハで退場…徳永って静岡が鬼門なのかしらん。だんだん西に寄ってって、来年は瑞穂だったりして。(縁起でもない)

携帯速報と現地組・テレビ観戦組の皆さんのブログなどを読んだ感じでは、こないだとは違って気合いの入った試合だったようで。違ってもらわなきゃ困るけど。予選Cグループのカードを考えれば、磐田にアウェイでドローっていうのは結果だけ見れば悪くないですよね。まあ、勝てたっぽい雰囲気だし、日曜のリベンジを、っていう意味では惜しかったですが。

大分戦ではホーム初勝利をお願いしますよ。わあ、大分か。ミヤさん出るかな。
大分は西川くんと松橋が代表で不在。東京は五輪組とトクがお休み。スタメンどうなるかな。フジさんを右SB、CBに吉本&エバウド?ヴェルディ戦で見た、浄くんの前に森村くんてのもまた見てみたいな。福西さんは週3試合大丈夫かな。ナオは大丈夫かしら。FWはチョペさん&ルーさんだと思われますが、いい加減赤嶺を使ってあげてねヒロミさん。

はやく日曜日にならないかな♪
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-03-22 18:52 | FC東京2007