SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

初回に内野安打などで渋く2点を先制、一度は追いつかれるも、相手のミスを突いてしぶとく追加点を奪い、最後は日本シリーズ初登板の岩瀬が締めて、中日が3勝1敗と王手をかけました。

今日も先制点までに帰宅。月末であるうえにちょっとややこしい案件をいくつかかかえていて、長電話を終えては「胃が痛い・・・」とつぶやく1日だったのですが、夕方までにはなんとかしました。いや、なってないので明日もがんばるんだけど。どいつもこいつも責任逃ればっかりしやがって!あ、いえ、すいません取り乱しました。
忙しいのは好きです。やらなきゃいけないことがはっきりしてる方が、余計なこと考えなくて済むから。いまは時間が余ると煩悩に支配されてしまって(笑)勝手に考え過ぎて落ち込んだりしちゃうので。悪い癖だなぁ。
すいませんなに書いてるのかわかりませんね。

日ハムに長打が出始めちゃったのでちょっと心配。明日はふたたびダルビッシュ対憲伸かしら。真っ向勝負させてリベンジを果たしたいとも思うけど、明日は山井に投げさせて、もし負けても札幌で憲伸がひとつ勝てば日本一、という考え方もある。去年と逆の星のつき方になってるとはいえ、そんなの偶然だし。万が一ダルビッシュ対憲伸でまた負けると、流れが変わっちゃうような気がして嫌なんだよなぁ。落合さんがどう出るか?

日本一を決めるシリーズなんだから、もっともっと野球の面白さを実感するようなしびれるゲームが見たい、という気持ちもあります。大勝すれば中日ファンとしては気持ちいいけど、今の日ハムファンの「どうしたんだ、このまま負けるチームじゃないだろう、とにかくひとつ勝って札幌に戻ってこい!」という気持ちを一番理解できるのも中日ファンです。去年はうちがいいとこなしだったからね。
生まれて初めて日本一の瞬間を見られるかもしれない、ということにビビっているのか?(笑)王手がかかって変な余裕が出てきちゃったのかな。中日さえ勝てばなんでもいい、という気持ちには不思議とならないです。
まあ、わたしが心配しなくても中日の選手たちは「自由に、のびのび」いつも通りの野球をしてくれることでしょう。

石黒広報は「明日の打ち合わせ」で忙しそう。準備万端でしょうか。ドアラのポンチョとか(笑)。
明日はわたしもビール買って帰ろうと思います。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-31 23:10 | プロ野球も見るよ
がんばったら18時40分に家に帰れたよ!(笑)
先制点の瞬間に間に合いました。CSセからずっと初回の動静が勝敗を決めていたので、早く帰らないと大事な場面を見逃す!と思って大急ぎで帰宅したのでした。
先発は武田勝と朝倉健太。去年の借りを返すのだ健太、と意気込んでいたら、武田があれよあれよという間に炎上。初球を荒木に当てちゃってから内角に投げられなくなっちゃって、2人めのスウィーニーもなぜか外角高めに甘く入ったところをぼかすか打たせていただきました。
2回の平田敬遠はなんだったんだろう。スカウティングができてなくて怖かったのかな?1死満塁でゲッツー狙いにしたって、谷繁勝負はないだろう。日ハムはチャンスでピッチャー建山をそのまま打席に送ったりと不思議な采配。
2回で9点を奪い、守っては二塁打2本での1失点にとどめ、第三戦は8点差で勝利。2回表、三塁にランナー工藤を置いての内野ゴロを井端がホームで刺したのも大きかったです。大量リードでも「2点目はやらない!」という堅守が流れを完全に中日に引き寄せました。
これで日本シリーズ2勝1敗と優位に。

・・・ってざっくり書きましたが、あまりの点差にかえってテンションが下がってしまい4回くらいからうっかり寝てしまいました。緊張感が保てなくって。ごめん健太。スポーツニュースによると7回までびしっと投げて、その後は継投で最後は岡本が締めたようです。

あと2つ。
残り4試合で2つ負けても、最終的に4勝できればいいのです。とは言いながら、やっぱり地元で日本一の胴上げをして欲しいなぁ。
明日も早く帰れるようがんばります。月末だけど・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-31 00:08 | プロ野球も見るよ
こんばんは、明日はまた日本シリーズなので、今日中に女子FSを見ますよ(笑)。
余計なおしゃべりをスキップして見るために、録画しておいて先にお風呂に入ったりしてました。ちょっと眠いですががんばろう。

エレーネ・ゲデウ゛ァニシウ゛ィリ、「フランシス・レイの楽曲より」。昨日のSPを引きずっていないように見える勢いのあるスケーティング。スピンが曲の雰囲気と合ってますね。ジャンプはやっぱり本調子ではなさそうですが、意地でも跳んでやるわ!という強い気持ちが表れていて応援したくなります。気持ちの強い選手です。最後までスピードは落ちず、気迫すら感じられる演技で会場からも拍手が。満足はしてないだろうけど、やれることはやった、という表情に見えました。また次が楽しみです。

アレクサンドラ・イエフレワ、「石の花」より。珍しい曲を使いますね。スタイルがいーい。個性的なコスチュームが映えます。I字スピンは180度、ドーナツスピンへの移行も滑らか。ジャンプは着氷に乱れがありますが、「ひとつひとつの要素がきっちりと行われています」by有香さん。落ち着いてるんですよね。3Sで転倒、ちょっともったいない。後半は疲れでスピンのポジションキープが若干短かったんじゃないかしら。

最終グループ、ミラ・リュン。ラフマニノフのピアノ協奏曲。白と黒でピアノの鍵盤をイメージした衣裳ですが、のだめのレッスンバッグを思い出してしまいます(笑)。ずいぶん大人っぽい滑りをするようになりました。スタイルよくなったし、お化粧も上手になっている(笑)。スピンの姿勢がとてもきれい。レイバックからワンハンドでビールマンに持って行くのが得意技ですが、「よいしょ」っという感じがちょっとするので、それがなくなったら完璧。
この実況アナは演技終盤にジャンプを跳ぶとかなりの確率で「後半のジャンプは一割増」と言うんですが、ルールは一度きちんと説明してくれればいいから。ミラ・リュンがこの時点でトップに。

浅田舞、「アンジェパッセ」。ふっと会話が途切れて、「あ、いま天使が通り過ぎた」という瞬間のことをフランス語で「アンジェパッセ」と言うそうです。ピアノとストリングスの静かな曲調で、エッジの音にも気を遣っていて、美しく流れるような演技。3Lzがツーフットで転倒。3Toはもちこたえました。CiStでも転倒。うーん、プログラムを滑り込んでいくうちにもっとよくなるはず。メダルには届きませんでしたが、全体の雰囲気はすごくよかったです。お客さんにも伝わっていましたよ。

エミリー・ヒューズ、「カルミナ・ブラーナ」。また自分に合う曲を持ってきましたね。ちょっと顔が怖いよ。この人はジャンプの着氷がちょっとずれても持ちこたえる足首の強さを持ってますよね。ちょっと崩れて我慢するのがデフォルトみたいに見えてきましたが(笑)。スピンの軸がちょーっとずれ気味かな?SlStは立て直してきましたが、まだエッジの使い方に課題があるかと。2Aは決めてきました。トータル140.50で暫定トップ。

キャロライン・ジャン、「アウ゛ェ・マリア」。3+3を決めて波に乗ったか、失敗らしい失敗はジャンプのひとつだけで、曲にもよくあった美しい滑りでした。顔のアップを見るとまだほんとに子どもなんだけど、体が大きく見えるような踊り方をしてますよね。浅田真央のシニアデビュー戦よりショックかも。レイバックからパールスピン、180度ぐらいに見える美しいビールマン。I字スピンも一度ポジションに上げてからもう一段階肩を内側に入れるというか、二重関節の見本みたいな動き・・・。153.35でヒューズを上回ってメダル確定。演技終了後もキスクラもインタビューも、ほんとに落ち着いてますね。末恐ろしい14歳です。

安藤美姫、ビゼー「カルメン」より。意外ですがやったことなかったんですねこの曲。モロゾフ、色っぽい振付けするなぁ。指先の表現などはまだ改善の余地がありそうだけど・・・。スパイラルが去年から格段の進歩です。シーズン初戦なので絶好調とまではいきませんが、がんばったと思います。高得点が出せるプログラムだと思うので、磨きをかけていって欲しいですね。肩もメンタルも両方コンディションを整えたら、世界選手権連覇も夢じゃない。トータル161.89。

最終滑走キミー・マイズナー、「トゥーランドット」。トリノでの荒川静香の演技と、パウ゛ァロッティの歌声に感銘を受けて4週間前に曲を変えたとのこと。競技では歌は使えませんが、いつかエキシでパウ゛ァロッティに乗って滑れるといいですね。序盤から曲に入っていて、スパイラルもさすがの美しさ。余裕もって滑ってます。が、ジャンプはいくつか失敗。失敗したところでいちいち大声を出すな実況アナ。やっぱりいい曲だなぁ。きれいでテクニックのある選手から、力強さと表現力を身に付けた大人のスケーターへ脱皮したマイズナーのトゥーランドットも、今年の名プログラムになりそうです。見ててぐっときました。FS103.99、トータル163.23でわずかに安藤を上回り、地元アメリカでGPシリーズ初戦を優勝で飾りました。

今シーズンのキミー・マイズナーの充実は素晴らしいですね!今シーズンは浅田真央の独走ではなさそうですよ。第2戦はカナダ。日本からは浅田真央、中野由加里、武田奈也が出場。今年もジョアニー・ロシェットが出ますよ。去年は村主姉さんと高橋が2位だったんだよなぁ。1年って早い・・・。スケートカナダは11月1日からです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-30 00:39 | フィギュアスケート
ついに!07-08シーズン開幕です。スケートアメリカをテレ朝で録画して、飛ばし飛ばし観ますよ。始まったかと思うと世界選手権の映像だったりして、先が思いやられますが、修造のあたりはばっさり切りながら演技だけを楽しみたいと思います。フジよりまし、フジよりましと呪文のように自分に言い聞かせながら。
開幕にあたって、ブルーガイド・グラフィックの「フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド」を買いました。情報という面ではもちろん、写真がきれいでインタビューも多くて、世界選手権まですり切れるほど見ることになると思います。

男子FS。
小塚崇彦のFSは「ビートルズ・コンチェルト」。スタミナがついてスピードが上がった印象。あれだけ転んでも最後まで顔に出さないで滑り切れるようになりました。3Lz+3Tをうまくまとめましたけどねー。今シーズンはスピンのポジションを厳しく採点されるようになったそうで、そのへん気にして丁寧に回ってたのではないでしょうか。いや、小塚くんのスピンは今シーズンも素晴らしいですね。SlStも、相変わらずエッジを深く使って正確に。SP56.25、FS121.22、トータル177.47。
SPも観たかったなぁ。佐藤有香さんの振付けで、「失恋」をテーマにしているそうです。「そもそも女の子と付き合ったことがないし、失恋したこともない。」なので、難しいテーマなんだそうです。18歳でしょう、したほうがいいよ、失恋。演技に深みが出るよ(笑)。高橋先輩にいろいろ教えてもらいな。

南里康晴、「カルメン」。(深夜のGet Sportsで補完)去年の日本選手権ですごくよかったので、今シーズンは飛躍を期待したいです。緊張しているのかジャンプが本来の出来ではないですが、曲調が変わった辺りからやっと気合いが演技に乗ってきたかな?・・・うーん、全体的に淡白な演技だったような。有香さんによると現地入りしてから風邪をひいてしまったよう。それは残念。NHK杯を楽しみにしましょう。

SP2位のエウ゛ァン・ライザチェック、オペラ「トスカ」より。
4回転を回転不足ながらもギリギリ降りて勢いに乗りました。その後のジャンプはほぼ確実に。「トスカ」はどうしてもトリノのプルシェンコを思い出して比べてしまうので厳しいですが、表現のところはまだこれから詰めていくのでしょう。シットスピンがダイナミックで、足の長さを活かしてます。SlStからコンビネーションスピンで盛り上げて一気にフィニッシュへ。おお、かっこいい振付け。開幕戦にしてはすごくいい演技だったのでは。トータル220.08。

高橋大輔、「ロミオとジュリエット」。チャイコフスキーのほうですね。男子FSは3人しか放送しない気か。
4Tは素晴らしい。3Aで転倒。3回転のコンビネーションなどはよかったですが、ところどころ苦労してました。シットスピンが低い!体のキレがいいですね、調子よさそう。SPの「白鳥の湖 HIPHOP ver.」も好きなプログラムですが、FSもいいですね。SlStはまだ音楽の細かいところとぴったりというわけにはいかないですが、これからよくなっていったら素晴らしいプログラムになりそうな予感。衣裳のデザインがちょっと謎。
トータルでライザチェックを上回ってスケートアメリカ優勝。まずは結果を出せておめでとう。

だから、修造と佐野さんのスタジオ無駄話をカットすればパトリック・チャンもキャリエールも見られるのに!にー!しつこく言い続けますよ。
1位高橋、2位ライザチェック、3位にパトリック・チャン、4位キャリエール、5位プレオベール、6位ブラッドレイ、7位アンドレア・ルタイ、8位に小塚。南里くんは10位。

ここから女子SP。スケートアメリカは安藤美姫、マイズナー、エレーネ・ゲデウ゛ァニシウ゛ィリ、キャロライン・ジャンと注目選手めじろ押しです。

浅田舞、「ロミオとジュリエット」。こっちもチャイコですね。
3Lz+2Tのコンビは体勢を崩しながらも我慢。動きがちょっと固いか?3Fはなんとか。2Aは落ち着いて決めて、フライングスピン。だんだん落ち着いてきましたが、得意のSpSqでポジションチェンジがあまり滑らかじゃなかったかな?レイバックスピンからビールマン、ポジションがきれい。もっと中盤の美しいテーマのところをメインに使うのかと思ったら、意外と激しいところを多く使っていました。彼女にしてはチャレンジのプログラムなのでは。最後ちょっと失速気味でフィニッシュが音楽に間に合いませんでしたが、初戦をなんとかまとめていい演技をしたと思います。笑顔も出てます。明日もがんばって。

で、最終グループ。6分間練習をだらだら映したあと、荒川静香による安藤美姫のインタビュー。世界選手権で優勝したあと、家族とゆっくり過ごしたい、若手の台頭もあって引退を考えたとのこと。メディアの期待がかかるが、という荒川さんの質問に、プレッシャーを乗り越えて、自分を忘れずにスケートをしていけばいい演技もできるし得るものも多い、との答え。大人になりましたねー。でもまだ19歳なので、かわいいところも見たいですよ。GPファイナルトリノでいい演技を、期待してます。

エレーネ・ゲデウ゛ァニシウ゛ィリ、GPシリーズデビュー。トリノの後、練習拠点のロシアと母国グルジアとの国家間悪化でロシアから退去せざるをえなくなるという不運に見舞われ、06-07GPシリーズを欠場。アメリカに拠点を移して再挑戦のシーズンです。まだ16歳、トリノのときすごく好きなスケーターだと思ったので、今シーズンは期待してます。SPはミュージカル「キャバレー」より。キュートな衣裳で元気いっぱい。ああ、ジャンプが跳べません。レイバックからビールマンは素晴らしい。スパイラルで上げた足のポジションをきっちりキープしたり、柔軟性も高いです。飛び跳ねるみたいなスピード感溢れる演技がやっぱり素敵。SlStで投げキッス連発。かわいーい。フィニッシュ前のコンビネーションスピンも難度高いですね。2Tを飛ばしちゃったので得点はほとんど出ず、かわいそうに。まだ初戦です、明日もがんばって!日本の澤田や武田のいいライバルになるのではないでしょうか。

アメリカのキャロライン・ジャン。シニアデビューのGPシリーズ初戦、地元の大声援を受けての演技です。たのしみたのしみ。曲は「Spanish Gypsy」。3F+3T、3Lzと、若干着氷が乱暴ですが回転が速いですね。柔軟性が高いので開脚が180度できれい。バレエのレッスンもちゃんと受けているようで、脚や腕の位置がちゃんと決まってます。14歳とは思えないな。きた、パールスピンからビールマン!うおー、これはすごい。浅田真央・キムヨナに続いてシニアデビューと同時に世界中に衝撃を与えるような超若手が現れました。技術点が30点台!SP56.48で暫定トップ。

エミリー・ヒューズ、「I've Got Rhythm」。また背伸びてないか?頭がちっちゃいので、もうちょっと絞れた方がバランスがいいと思うんだけど。まあこの体格あってのダイナミックさですからね。ジャンプがちょっと重いかな?地元の歓声を受けて楽しそうに滑ってます。スピンが上達してますね。ミスらしいミスは最初のジャンプだけで、47.66。

キミー・マイズナー、映画「パッション〜最後の誘惑」より。濃い水色のエキゾチックな衣裳が素敵。スパイラルから入って、3Fを余裕を持って降りました。落ち着いてますね。3Lz+3T、なんとかまとめましたが回転不足か。実況が「それを補う拍手がありました」と。残念ながら拍手で回転不足を補うようなルールはありません。去年に比べてスピードが落ちず、メリハリの効いた演技でした。すっかり大人の雰囲気をまとってますね。59.24の高得点で首位に。

最終滑走、安藤美姫。「サムソンとデリラ」より「バッカナール」。わたしもこの曲大好きです。体が絞れてますね。最初のコンビが3Lz+2Lo。ふたつめが2回転になってしまいました。3Fは斜めになりながらもさすが安藤、ちゃんと降りました。レイバックスピンを見てるとウエストが細くなってるのがよくわかります。柔軟性も増してるなぁ、スパイラルのポジションが先シーズンよりきれいになってるもの。ステップシークエンスの動きもシャープで、と思ったら意外なところで転倒。レベルを上げるために相当難しくしてるんだろうな。動揺することもなくラストのスピンからフィニッシュへ。うーん、残念。肌が荒れてるのが気になる。今も痛み止めとか飲んでるんだろうか。キスクラで得点を待つ間、演技を見守るニコライの映像が映っていてふたりで苦笑い。
56.58でマイズナーにぴったりつけて2位に。インタビュアーは「失敗が」「ちょっとだけドジが」とネガティブなことばかり言うな!バッカナールの雰囲気がよく合っていて、いい演技だったじゃないか。

SPを終えて1位マイズナー、2位安藤、3位ジャン、4位ヒューズ、5位に浅田。初戦から面白いな。明日の女子FSも楽しみです。


もう寝ようと思ったらGet Sportsでブラッドレイとかやってます。南里だけ見ましたが、録画しといて寝ます。明日時間があったら追加するかも。今シーズンはできるだけGPシリーズも追いかけられるようがんばります。

(追加)
ブラッドレイ、ルータイ、プレオベール、パトリック・チャン
のFSをGet Sportsの録画で見ました。プレオベールのウ゛ァンパイアは気持ち悪いですねー!(笑)歯並びが悪いのか、吸血鬼の尖った歯が見えたような気がしました。パトリック・チャンががんばりましたね、笑顔がかわいい16歳。
男子も面白い選手がどんどん出てくるなぁ。ちなみに今季のわたしの注目選手は、女子は村主姉さん、武田奈也ちゃん、ゲデウ゛ァニシウ゛ィリ、キーラ・コルピなど。安藤美姫は言わずもがな、あとは浅田真央とキム・ヨナのライバル対決(グランプリファイナルで)、キャロライン・ジャンがどれだけやれるか。男子は断然ランビエールです。あとトマシュ・ウ゛ェルネル、小塚くんがメダルを獲れるか、全日本で織田信成が復活するかどうか。高橋はあまり心配しなくてよくなったので、安心して見たいです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-29 01:33 | フィギュアスケート
攻守の噛み合った中日が8-1で快勝。
中田は今シーズンほんとに男前度が上がりましたね。今日はフォアボールも我慢して最小限に抑えてたし、がんばってよくストライクゾーンにまとめてました。ダルビッシュより中田のほうが男前だ。三振は少なくても、内野ゴロや外野フライを打たせてアウトカウントを稼いでました。この大舞台で今季最高のピッチングでした。ほらねー、うちにはエースがふたりいるのだ!

鉄壁の二遊間に加え、ノリのファインプレーにも助けられました。打って守って大活躍、日本一への強い気持ちを感じますよ。腰はだいじょうぶなのかな。ビョンはまたしてもだめ押しHR。シーズン中とは別人のように守備もキビキビ動いてるし、よくわからん選手だ。四番の人は今日もゲッツーゲッター。それなら三振してくれた方が・・・ナゴヤドームではお願いしますよ。こういうときは落合塾開催だな。

テレビ東京の中継では、7回表が終わったところで「今日のファインプレー」という短いVTRが流れました。中日は内野、日ハムは外野と、難しい球を簡単そうに捕っていて、ファインプレーに見えないようなプレーも多いですよね。外野はフェンス直撃かゴロで内野を抜かないとヒットにならないもん。守備範囲広すぎ(笑)。去年はうちも負けてなかったんだけど、外野を守る3人がみんな入れ替わってしまったからね・・・。
それにしても荒木様が絶好調です。打撃はもちろんのこと、あの美しい守備を見ると、応援しててもほんとに盛り上がるもんなー。

これで1勝1敗。1日空いてナゴヤドームに帰ります。
去年の中日ではないのだよ、というところを見せつけましょう。


ああ、傷心が少し癒されました。ドアラもちらちら映ってたし。
こっちも7点差か・・・はぁ・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-28 21:59 | プロ野球も見るよ
今日もかわいいノッポンブラザーズ。しかしつば九郎と違って勝率悪し・・・。
e0074253_2056961.jpg

ノッポン兄弟に罪はない。0-7だってよ。もう、お腹いたくなっちゃったよ。ごめんなさい、もうやめてくださいって気分だった。去年の天皇杯初戦でこのぐらいの点差で勝ったけど、あのときのバンディオンセ神戸だって今日の東京ほど情けない戦いじゃなかったと思う。川崎に勝ったら何位まで上がれるか知ってました?アウェイで5点入れられてあんなに悔しい思いしたの、忘れました?勝てなかったことにじゃない、ホームで7失点もしたうえに1得点もできなかったことに、なんというか、傷ついてしまったよ。

来週は元気いっぱいのコザが見たいです。7-0で勝っても、今日の試合がチャラになるわけじゃないけどね。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-28 20:56 | FC東京2007
札幌ドームでの初戦を落としました。
憲伸はほんとに初回だけ、というかあの1球だけが悔やまれますね。その後がよかっただけに。ていうかあの球審のストライクゾーン、意味わかんない・・・。

荒木が足で稼いだノーアウト1・3塁から森野の犠牲フライで1点しか取れなかったのがなぁ。80球を越えたあたりでダルビッシュのコントロールが乱れて球威が落ちたところだったのに、ウッズがダブルプレーに倒れてしまいました。立ち上がりを見てダルビッシュに手も足も出ないかと思っていたら、13も三振取られながらもまったく隙がないわけでもなかったんだよねぇ。うーん、4番が打ってくれないと。
堂上お兄ちゃんのピッチャー返しがダルビッシュの足に当たった場面なんかは、(ダルビッシュは痛かっただろうけど)日ハムにちょっとツキがありましたね。当たらなかったらセンター前抜けてただろうなぁ。
あと、DHは中村ノリの方がいいんじゃないかしら。腰が痛そうなノリにサードを守らせておくの怖いし、立浪は代打の切り札にとっておいた方がいいのでは。

一敗はしましたが、去年の日本シリーズで負けたときよりはぜんぜん動きもいいし、荒木・井端が機能してるし、今年はうちの方が投手陣(先発・ブルペンともに)は上だと思う!ので、まず二戦めを取って名古屋に帰りましょう。まだまだこれからです。


明日は多摩川クラシコ終わったらまっすぐ帰宅してテレビ見ます。台風は通り過ぎてしまいそうですが、味スタのピッチはどうかな?今日のJの試合はどこも大雨で大変そうでしたね。雨は止んでいても、多摩川は増水しているだろうから舟は危ないですよ。
明日の夜は気分よくぐっすり眠れますように。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-28 00:16 | プロ野球も見るよ

初コマ

e0074253_17404131.jpg

台風の中、新宿コマ劇場にやってきました。
Skoop On Somebodyのライブです。

なんか、内装がゴージャス!椅子がふかふか♪売店にコマグッズ(湯呑みとか)売ってる〜。
わくわくしながら開演を待ちます。

日本シリーズは、帰宅してから見ます。

***

帰宅しました。
午後から待ち合わせして、台風で土砂降りの中、有楽町イトシアをひやかしてマロニエゲートでご飯食べましたが、人は多いし寒いし疲れました。疲れたねー。風邪引かないように気をつけましょう。
スクープのライブで期待を裏切られたことなんかないけど、コマ劇場の素晴らしさもあって今夜もほんとに素敵なライブでした。「if」のclub S.O.S version、「Nice'n Slow」のホーンアレンジ、TAKEさんのとろけそうな甘い声、佐藤Fisher五魚さんのピアノ、夏川りみちゃんの「天から降ってくる」美しい歌声、どれもこれもためいきもの。
コマ劇場はSHOWのために作られているだけあって、音響は素晴らしいし照明もきれい。オーディエンスが演者を包み込むようなあの客席とステージの形も、一体感を生み出すのに一役買ってますよね。またコマでライブ観たいなぁ。その前に三池演出の「座頭市」も観たい(笑)。

日本シリーズ第一戦については、別エントリで。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-27 17:40 | おんがく
福西崇史選手の検査結果について(FC東京公式サイト)
左膝後十字靭帯損傷で全治約8週間・・・こんなときに、こんな大きな怪我しちゃうなんて残念・・・福西さぁーん。
残り試合、今ちゃんの相棒はサリさんか伊野波か。名古屋戦見てないのですがサリさんは相変わらず好調らしい。それを承知で、敢えて「伊野波はサリさんからレギュラー奪えないようじゃダメだ」と言っておこう。
しっかし、梶山も福西さんもいないのは、痛いなぁ。ユー太は”あんな時間”にブログ更新してるしなぁ。おねえさんはがっかりしたよ。

さて、ヒロミさん解任報道が出ましたね。
個人的には、ヒロミさんの希望を取り入れた補強をしたうえで、もう一年やって欲しい気もするし、これ以上成長しないのでは?という不安もある。正式発表じゃないので、3位以上とか監督の責任とかいう内容についてはスルー。クラブが発表したわけでもないのに、ファンからの問い合わせに対応しなきゃいけない人に同情します、仕事柄。
こんなことで士気が下がるような弱いメンタルの選手たちでもないと思うし。ここ数年でいろいろ経験して、周りのざわざわに惑わされない強さを今の東京の選手たちは持っているんじゃないかしら。ヒロミさんが1年契約なのは周知の事実だったわけだしね。
あ、もしかしたら選手への負担を減らすために、連勝中にリークしたって可能性はあるかもしれないですね。負け試合の後だと、選手によっては責任感じちゃうかもしれないし。なんかフロント擁護みたいですが、そういうわけではないですよ(笑)。

話がちょっと逸れますが、わたしが「元旦国立企画」に賛同したのは、いちファンであるわたしが残り試合と天皇杯をどういう気持ちで応援しているかを選手や監督・スタッフの皆さんに伝えられるチャンスだったことと、具体的に行動を起こした方を後押ししたいと思ったからです。あの企画には「来季も原監督続投で」という意志は含まれていません。参加者として”HARA TOKYOマフラー”は受け取りますが、巻くことはしないです。

そういえば、ヒルマン監督のロイヤルズ就任会見はびっくりした。中日ファンとしては「日本シリーズ、ぜったい負けない」と闘志をかきたてられるはしゃぎっぷりでしたね(笑)。あれは日ハムファンはどういう思いで見ているんだろう。落合さんがあんなことしたら、失望するな・・・。

脱線しすぎました。

浦和がついにACL決勝進出。
鼻骨骨折しながらも出場して先制したワシントンも、ふらっふらなのにPK決めた阿部も、PKを止めた都築も、みんなすごいや。浦和ってほんとに強いんだわ。悔しいけど。
準決勝に進出したときに、浦和ファンの課長に「すごいですね、よかったですね」と言ったら、「なんだよ、応援してくれるの?」と気味悪がられましたが、Jリーグ代表なんだから勝って欲しいと思いますよ。嬉しそうな浦和サポさんを見て「いいなあ、うらやましいなぁ、次はこのチームに勝ちたいな」と悔しくはなるけどね(笑)。海外遠征に過密日程、選手もサポーターも大変だと思うけど、チームとしての経験値も上がるし勝ったときの喜びも大きいんだろうな。うらやましいです。
決勝戦もホーム&アウェイ方式なんですね。で、相手はセパハン。セパハンって川崎がチャーター便で(←笑うとこ)往復したイランのチームですよね。うわー、前後のリーグ戦の日程ずらしてあげられないのかな。


どの話題もまとまりませんが、送信しちゃえ。
土曜は久しぶりに東京のサッカーが観られるので楽しみ。
ノッポンブラザーズも来るし、ブラジルフェスタだし(「多摩川シュラスコ」が食べたいぞ)、「三倍返し」とまでいかなくていいから、なんとしても勝って欲しいです。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-25 01:26 | FC東京2007
セ・リーグクライマックスシリーズ、ファンもびっくりの(笑)強さで短期決戦をものにしました。たいして補強もせず(結果的に中村ノリは期待以上だったわけですが)、福留の離脱もあってこの結果というのは、やっぱり去年の悔しさを晴らしたいという気持ちが選手たちの中に想像以上に強かったからじゃないかと思います。だから、来年のジャイアンツさんは怖いかもね。

こんな勝ち抜け方しちゃうと「クライマックスシリーズも悪くない」と思ってしまいそうですが、やっぱり複雑といえば複雑。ペナントを制したのは巨人であって、CS優勝というのはあくまで日本シリーズの出場権を獲得しただけで、日ハムに勝たなきゃほぼ意味のない、タイトルともいえないようなもの。胴上げもビールかけもしないというのは球団の方針みたいですが、それでいいと思います。浮かれるタイミングじゃないもんね。

とはいっても、中日ファンというのは巨人に3連勝したという事実だけで充分嬉しいんですよ(笑)。この調子で、いい雰囲気で札幌に乗り込んでちょうだい。って、日本シリーズはどっちの球場から始まるんだっけな。
日テレ中継には反町隆史と加藤あいが出てきて、ドラマの番宣(野球選手の話で、巨人が協力しているらしい)をしてたのですが、加藤あいが「子どもの頃に何度かスタジアムに行ったことがある」と言ったらナゴヤ球場だと思うんだけど、中日ファンではないのかな。だとしたら口止めされてたか(笑)。
そういえば、
実況アナ「この場面、藤川さんならどのように攻めますか?」
ゲストの藤川球児「この打者はストレート得意ってわかってるんですけど、まあ僕ならストレート勝負で打たれたらしょうがないな、と」
というやり取りが2回くらいあって笑った。質問する相手を間違ってるとしか思えない。「ここは変化球で」とか言ったらびっくりするよね・・・。

さー、これで明日東京が勝てば最高の週末です。第5戦のチケットの払い戻しもしなくちゃ♪
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-10-20 23:51 | プロ野球も見るよ