SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

<   2007年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

残業中なんですけど、

天皇杯の浦和×愛媛FCが気になってしょうがない…。
後半35分、0-1で愛媛が勝ってます。
うわ、2点目入った!
斜め前で微妙な顔をしている課長(浦和の人)に教えるべきか。同じ画面を見ているような気もするんですが。


よし、このまま愛媛が勝ったら今日はもう帰ろう。浦和が勝ったらもうちょっと残業だ。

がんばれ!えひめ!


(20:57追記)
ありがとうえひめ!
課長、お先に失礼します。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-28 20:45 | FC東京2007
SOCIO限定DVDが売れ残ってるというので(今年も注文しそびれてたし)珍しく開門前に到着して残り数枚のところをゲットしました。フードコートも初めて覗いてみた。今年は日曜の試合がやたら多かったと思うのですが、日曜はたいてい午前中に用事があってスタジアムに着くのも遅かったので、フードコートに寄る時間もなくて。ふかしたての肉まんおいしかったです。来季もやってくれるといいな。開門までの時間だけでも、椅子とかテーブルがあったらもっといいですね。場所取り合戦になっちゃうか。

選手カードをもらうところには吉本くんが、ユニフォーム応募用紙を投函するところには権ちゃんがいて、それぞれに「がんばってくださいね」と声をかけて握手していただきました。吉本くんはちょっと恥ずかしそうにふにゃふにゃ笑ってました(笑)。権ちゃんは満面の笑みで「はいっありがとうございますっ」とよいお返事。うーん、権ちゃんかわいい。がっつり握ってくれた手も、背も、でかかったです。そして顔が小さい。タンブラーのとこでは小山くんがサインに応じてました。

ユニフォームお披露目会は、ユニフォームのデザインより新入団3選手のあいさつのほうが印象に残りました。廣永くんの「子どもの頃から土肥さんがあこがれだった」というセリフにはちょっと参った。
e0074253_1633564.jpg

3人とも、期待してます。
(GKの廣永くんの青赤ユニ姿は貴重かも)

試合終了後には原監督のご挨拶が。自分の目に焼きつけたかったので、写真は撮りませんでした。
MXは録画での放送だったので、ちゃんと挨拶を最後まで放送してくれてましたね。土肥ちゃんは目を真っ赤にしてました。なんかまだ気持ちの整理がつかなくて、言葉が出ません。
福西さんはさっぱりした顔でふたりのお子さんと記念撮影したりしてました。東京のために力を尽くしてくれてありがとう。もっと吸収すべきものはあったはずだけど、一年でお別れになってしまって寂しいです。こんな気持ちになるなんて、シーズン開始時にはまったく予想もつかなかったな。「愛せるかしら」なんて思ってたのにね(笑)。やっぱりすごい選手でした。福西→赤嶺のゴールが東京の新しいホットラインになるのか?と期待してたところの怪我で、とても残念。敵に回したくないんだけどなぁ。まずは怪我を治してください。
ちょっと気になったのは、信男さんちのふたごちゃんが泣いてたこと。負けちゃったからなのか、パパの出番がなかったからか、シオちゃん見てもらい泣きなのか、それともなにか理由があるのか・・・考えすぎだったらいいんですけど。

土肥ちゃんと福西さんの背番号が入ったグッズを買っておこうかとても迷ったのですが、ふたりのプレーする姿は自分の中にちゃんと刻み込まれていると思ったから、グッズはなくてもいいやと思いました。
最後にもう一度、今度は国立で、ふたりにありがとうとお別れを言う機会がありますように。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-26 16:20 | FC東京2007
フランス杯のFSとロシア杯を立て続けに見ました。
そのあと九州場所千秋楽を見てて、千代大海の千秋楽休場での白鵬優勝決定、その白鵬を結びで琴光喜が破った一番にびっくりしてます。千代大海なにやってんの〜!琴光喜は10勝5敗でした(笑)。

さてフィギュア。フランス杯は、浅田とマイズナーが順当にファイナル進出権を獲得おめでとう、という以外は、ミスも多くてあまり面白くない大会だったように思います。がんばったのは3位入賞のアシュリー・ワグナー。素晴らしいスケーティングだったし、観衆の目を釘付けにする魅力のある選手ですよね。

男子はロシア杯を終えてウィアーとランビエール、ライザチェックとチャンがファイナル出場を決めました・・・でいいのかな?ランビエールのフラメンコはちょっとお疲れだったのかジャンプのキレがいまいちでしたが、ファイナルに期待しましょう。小塚くんは5位。うーん、GPシリーズでひとつくらいメダルを獲りたかったですね。
(ちょっと追記)
Get Sportsの枠で男子FSを放送してくれたので、小塚くん、バトル、アンドレイ・ルータイ、アンドレイ・グリアゼフ、ウィアー、ランビエールを見ました。ウィアーはコーチが変わって力強さが加わりましたね。ランビエールは4回転で転倒もありましたが「ポエタ」のプログラムはやっぱりかっこいい!今のランビエールなら紅いバラを銜えても許すわ。投げ込まれた白いくまのぬいぐるみは、似合わなくてまたかわいい(笑)。ファイナルでは高橋と金メダル争いして欲しいです。
NHK杯の結果を待って、高橋・グリアゼフ・バンデルペレンあたりがファイナル出場権争いでしょうか。ダウ゛ィドフとキャリエールは優勝しないと厳しいか。

ロシア杯の女子シングルは素晴らしかったですね!ファイナルを狙う上位選手が、1戦めで失敗したところをきっちり修正して、レベルを上げてきてます。村主さんも中野友加里ちゃんもSPはほぼミスなしで、いい位置につけました。SPはもしかして昨日テレビ放送があったりしたのかしら。真央ちゃんミキティが出てないのにそれはないか。

女子FS、ロシアのカタリナ・ゲルポルト。衣裳を見ただけで曲がわかりますね、R.コルサコフ「シェエラザード」。ジャンプの失敗が続いてしょんぼりでしたが、アティチュードでのスピンなど工夫されていて、まだ19歳だしこれからが楽しみな選手でした。なんたってロシアだし。

ジョアニー・ロシェット、ミュージカル「ドンファン」より。
最初の3Lz+2T+2Loのコンビネーションを決め、序盤のジャンプはどれもクリーン。SlStは音楽の細かい音符をきっちり拾ってステップに合わせてきます。3Sもばっちりで、すごく乗ってる感じ。解説の伊藤みどりさんがジャンプを降りるときに「んおっ」とかいう音を発してます。選手の気持ちになってるんだなー。終盤の連続ジャンプでちょっとバランスを崩す場面もありましたが、ガッツポーズも出たように快心の演技だったのでは。FS119.35、トータルでトップに。技術点が64.71でした。

村主章枝、「オブリウ゛ィオン」。序盤の3Lzや3Fを連続技にしなかったのですが、中盤できちんと連続ジャンプを入れてました。みどりさんはスピンやスパイラルの解説を細かくしてくれて勉強になります。テンポが速くなったところでのステップは振付けがとても独創的で村主さんのよさが存分に引き出されてます。大きなミスはなく、91.97、トータル148.15でロシェットに及ばず、暫定2位。

キーラ・コルピ、ミュージカル「オペラ座の怪人」より。よく使われる曲ですが、このアレンジが一番好きだわ。衣裳もシンプルながら凝っていて素敵。
最初のループが2回転に。SPは完璧だったのになぁ。ジャンプのキレが悪いながらも笑顔で滑ってます。美人は得だ。中盤から調子をあげて、3Lo+2T+2Tを決めました。スピンやつなぎのスケーティングは抜群。クリスティーヌの雰囲気がとてもよく出ていました。FS96.04、トータル154.26で村主の上に。

中野友加里、R.コルサコフ「スペイン奇想曲」。3A完璧!すごーい、去年から技のレベルアップとともに精神力もすごく鍛えられたように見えます。スピンはどれも姿勢が美しく、スピードもあります。3Lz、3Sもクリーン。この人は、スピンで回りながらエッジを掴む姿勢がほんとにきれい。終盤にも3F、3T+2T+2Loと、ばっちり。集中してます。 CiStも音楽に乗って、そこから見せ場のスピンへ一直線!おお、すごい!これまで見た中で一番いい演技でした。ファイナル出場間違いないでしょう。技術点が57.15。どこか回転不足取られたかな?FSで112.27、トータル172.77でトップに。佐藤先生、乙女の太ももを叩かないでください(笑)。

真打ち登場、キム・ヨナ。「ミス・サイゴン」より。序盤の振付け部分を見ただけで前回大会よりコンディションがいいのがわかりますね。3F+3Tは高さも幅もあって質の高いジャンプ。3Lz+2Tも素晴らしい。スピンの姿勢が独創的。後半の3Sあたりはちょっと疲れてきたか?ステップシークエンスはキレがあります。でもまだ余力がありそうに見えます。心の底から情熱が迸るような演技をするようになったら、浅田真央も技術点でしか対抗できないかもしれない・・・。技術点72.90、演技・構成点60.80、FS133.70!なんじゃこの点数!トータル197.20というすごいスコアでぶっちぎりの優勝。
本人はジャンプの出来が不満らしい。ファイナルでは完璧対決が見たいですね。

来週はついにNHK杯@仙台です。NHK!NHK!いやーやっとテレ朝から解放されるよ!きっとペアやダンスも放送してくれるに違いない。堪能するぞ〜。
日本からは男子シングルに中庭、南里、高橋。女子シングルに安藤、武田、浅田舞、アイスダンスにリード姉弟が出場。男子はファイナル進出のかかった高橋、ウ゛ェルネル、キャリエールあたりが注目です。女子は安藤とコストナーが順当にファイナル進出を決めるかどうか。サラ・マイヤーやゲデウ゛ァニシウ゛ィリを相手に回して、武田・浅田舞がメダル争いに食い込めるか。
いろいろ楽しみです。甲府で見られるかな?勝利の美酒に酔っぱらって寝ちゃうなら、それでもいいんですけど♪
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-25 17:21 | フィギュアスケート
大宮の執念、レアンドロの迫力に負けた、という感じのホーム最終戦。
結局、できることはできるし、できないことはできないわけですよね。ボールが納まらなかったところに梶山とユー太が戻ってきた、でも今度は点を取る人がいない・・・今季の一番いい形を模索しながら、シーズンが終わってしまおうとしています。まだ終わってないけど。
ここ数年、味スタでの大宮戦でどんな思いをしてきたか、選手たちが忘れてたとは思いません。だけど、大事なところで踏んばりきれなかった。先制した直後にやられる、試合終了間際にやられる、ぼーっとしてたわけじゃないこともわかってるんだけど。(あの場面ではカード覚悟でレアンドロを止めて欲しかったよ、イノハぁ。)わかっててもやられちゃうのが、ホームでもやられちゃうのが、今季の東京だったんだもんね・・・。

来週は今ちゃんとモニが復帰(八田のフィードは東京のCBで一番いいと思うのですが)。ベンチに流れを変えられる選手を置いておきたいなぁ。森村先発でユー太を切り札にしてもいいかも。
最終節の相手、甲府は今日負けて自動降格の17位が確定。まっすぅ戻ってくるかしら。大木監督の進退はまだ発表されていませんが、ホームラストゲームで甲府のファンにJ1での2年間の集大成を見せたいというモチベーションは高いはず。東京は現在13位ですが、勝ち点で並ぶ11位千葉と12位名古屋が最終節でぶつかるので、その結果によっては勝てば順位が上がります。天皇杯に向けて勢いをつけるという意味でも、必ず勝って欲しいと思います。楽しい旅行になりますように。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-24 23:46 | FC東京2007

江戸東京たてもの園へ

小平の帰りに、小金井公園に立ち寄ってみました。ちょっとした遠足気分。この後予定もないし、天気もいいし、前から一度「江戸東京たてもの園」に行ってみたかったのです。
e0074253_20154933.jpg


紅葉がだいぶ進んでいました。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-22 20:59 | たび

秋の小平

12月の繁忙期の前に、有休消化中です。昨日は美容院行ったり買いものしたり国立行ったり。今日はうっかり平日仕様の目覚ましを鳴らしてしまい、窓を開けたらいい天気だったので、思い立って小平に行ってきました。
e0074253_18544161.jpg

CKを蹴るコザと、ボールの行方を気にする福西さん。
e0074253_18552640.jpg

セットプレーの練習を繰り返ししてました。
ヒロミさん「コザ、もう一本右足な」
コザワくん「はいっ」
ヒロミさん「いくぞー!(ピーッ)」
というシーンです。

フルコートを使った11対11では、スタメンと思われるビブスなし組には八田・ガミちゃん・梶山・ユー太が入ってました。平山はサブ組。ナオはスタメン組で調子よさそうにしてたので、偏頭痛はもう大丈夫なのかしら。ひっきりなしにシオちゃんの大声が飛んでました。
サリさん、エバウド、規郎が別メニューでした。(ちょっと訂正。規郎は11対11に交代で入ったりもしてたので、別メニューというわけではなかったようです。サリさんもかな?確認できませんでした)昨日がんばった伊野波も軽めのリカバリーメニューだけで早めに上がり。福西さんは外周をゆっくりめにランニングしたり、トレーナーとリフティングでのパス交換をしたり。土肥ちゃんもずいぶん長いこと走ってました。「ぜんぜん痛くないっす」と言ってるのが聞こえたよ。

全体練習後が長かった(笑)。あったかい格好して行ってよかったです。
まず、平山リチェ森村コザ規郎が、ゴールマウスに権ちゃんを立たせ、ノブさんにクロスを上げてもらってのシュート練習。フジさんとナオ・モニは3人でなにやらお話。今ちゃんも長澤コーチとずいぶん長い間お話してました。なんの話か気になる・・・。
土肥ちゃんは黙々とランニング。
八田とガミちゃんはロングフィードの練習。
ユー太は左膝をアイシングしながらファンサ。

少し経ってまた見ると、今ちゃんは八田や吉本(たぶん)、文丈コーチ、そしてヒロミさんと鳥かごしてました。楽しそうだったなー。ヒロミさんが若いもん相手に「ハンドぉ!」とか言ってムキになってました。
平山はシュート練習のあと、トレーナーと外周をジョギングしたり、腹筋やったりしてました。
森村とガミちゃんは、阿部くん権ちゃんを相手にまだ居残りシュート練習中・・・って、ノブさんもいる!ノブさん、練習しすぎ!(笑)

13時を過ぎてやっと引き上げてきたヒロミさんに、西部さんのヒロミ本にサインをいただきました。丁寧に、「FC東京 原博実 2007.11.22」と書いてくださいました。
「お正月まで一所懸命応援するので、がんばってください」と言ったら、「そうねー、うん、一所懸命がんばりますよ。ありがとう」と。
e0074253_185798.jpg

ガミちゃん、森村、八田あたりがほんとに熱心に居残り練習をしていたのが印象的でした。徹さんやフミさんがやってきた「仕事」が、結実しようとしています。
あさっての大宮戦が楽しみだ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-22 19:29 | FC東京2007

寒かった、いろいろと。

このチームを最初にスタジアムで観戦したのは去年の10月、日中韓3か国対抗戦の中国戦でした。梶山がヘッドで決めて、平山が投げキッスして、伊野波がキャプテンで、本田圭と増田誓志がキレキレで、中村北斗が走りまくってた試合です。それ以降この一年、国立での試合は全部生観戦してるのかな。
どんどんどんどん、よくなくなってるような気がするんだよね・・・。

北京五輪への出場権を獲得できたことは、ほんとによかったです。
このチームは(今日みたいなのじゃなく)もっといいサッカーができると思うし、それを北京で見たいから、今日でこのチームが解散にならずに済んでうれしい。

ベンチ外だった平山。
誰にも文句を言われないくらい東京で活躍して、北京で豪快なゴールを決めて欲しいです。まずは大宮戦、よろしくね。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-21 23:44 | サッカー日本代表

できるだけ長く

原 博実監督との来季契約について(FC東京)

来季契約非継続選手について(FC東京)

ヒロミさん、土肥ちゃん、福西さんが来季の東京にはいない、ということが決まりました。今季の東京が、できるだけ長く、来年の1月1日まで続くことを願います。
お別れを言うのはその後で。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-21 02:33 | FC東京2007
e0074253_17542814.jpg

まさかガンバ戦でこんなスタメンを見ようとは、さすがのアジパンダでも予想できなかったに違いない。ついでに翌日のトーチュウ紙面もね。

スープマグは外れました
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-19 23:27 | FC東京2007
フランス大会、男子SPから。実況は清水俊輔アナウンサー、解説は男子が佐野稔さん、女子は伊藤みどりさん。
なんとジュベールが急病で欠場です。だいじょうぶなのかなぁ。プレオベールに金のチャンスか。客席にシンクロのデデューがいますよ。

中庭健介、「サラバンド」。去年小塚くんが使ってた曲ですね。
最初の4回転を3Lzからのコンビネーションに変更しましたが失敗。SPでジャンプの失敗は痛いですが、スケーティング自体は悪くないのでは。会場ガラガラですね。えのきどいちろうさんじゃないけど、わたしが行ってそこに座りたい。ワインレッドの客席にブルーのリンク、天井から下がる白いバルーンが美しい会場です。エリック・ボンバール社(カシミアのメーカーらしい)が提供する大会なのでリンク周りの広告も統一されていてきれい。解説の佐野さんは「ちょっと慎重になりすぎたか」。62.70。インタビューでは「手をつくので済んだんだとポジティブに考えて明日がんばる」とのこと。うんうん、がんばれ。

カナダのパトリック・チャン。曲は映画「女帝〜エンペラー」より。
3Aは余裕を持って。16歳の割に落ち着いてますね!ん、これダイジェストか?基礎がしっかりしてる。負けるな小塚!SPは70.89。

プレオベール、「アダムスファミリー」より。背中に手が乗ってるよ、こわいよ。3Lzもばっちり決めてきました。最後は曲と合いませんでしたが笑顔でフィニッシュ。SPを省略されるとつらいな。あっという間に終わるので得点メモれないんですけど。追っかけ再生に切り替えます。72.70でトップに。

ベルギーのバンデルペレン。佐野さんの解説は松木安太郎並みに近所のフィギュア好きのおっちゃんですね。ジャンプがダブルになってしまって70.60。
SP終わってプレオベール、チャン、バンデルペレン。中庭くんは5位。まだチャンスあるよ!クリストファー・メイビーも出てるんだ。
男子SP、以上。番組イントロ含め30分・・・。中庭くん+トップ3を放送してくれただけでも最低限よかったと思おう。うん。

女子シングルSP。
始まるかと思いきや、マイズナーと浅田の前回出場大会でのSPを再放送。こういうのが無駄だっていうんだよなぁ。

ハンガリーのビクトリア・パブク。曲は映画「シェルブールの雨傘」より。うわ、実況が進藤になってる凹。清水さんでいいよー。スピンがやたらゆっくりに見えますが大丈夫でしょうか。ドーナツスピンにいく体勢があまりきれいじゃないかな。3Lz+2T、2Aもクリーンに下りました。スタイルがいいので、姿勢が決まったスピンは迫力があってきれい。髪型はポニーテールじゃなくてシニヨンにまとめた方が曲に合ったのではないかしら。44.56。

イタリアのバレンティナ・マルケイ。紹介VTRはなんであんなに下品にまとめてるんでしょう。気の毒だよ。
曲はオペラ「椿姫」より。最初のジャンプが3Lz+1Tに。2Aはなんとか。イタリアの選手はみんなスタイルがいいですね。表情豊かで滑りがダイナミック。アメリカ勢とはまた違った豪快さのある選手です。スピードのあるスパイラル。片手でのビールマンポジションでチェンジエッジしてから手を離すという難しい技。スピンも笑顔で、見ていてニコニコしちゃうような演技ですね。GPシリーズはフランス大会だけの出場らしいですが、また見たいですね。43.18。ジャンプで回転不足をとられたか。
うーん、進藤とみどりさんのコンビはいけてないなぁ。みどりさんの解説が世間話みたいになっちゃってますよ。

実況席にデデューさん登場。日本語で「おげんきですか?」と。進藤「みんな元気だと思います」って誰のことを答えてるんだ。美人を前に舞い上がっているな。早送りしちゃえ。

エストニアのエレーナ・グレボワ、「アランフェス協奏曲」。スケートカナダに続き、ジャンプもクリーンだしすごく落ち着いてます。「コンビネーションジャンプの2回めのジャンプの方が1回めより高くて、プラスのポイントがもらえる」とみどりさん。スピンで脚のポジションがちょっとバランス崩したか。実況・解説の音量に比べて会場の音楽が小さく聴こえるんですが、バランス逆にしてもらえないかなぁ。2Aも確実に。しっとりまとめて確実にポイントを伸ばし、55.24で暫定トップに。

あれ、この大会って澤田亜紀ちゃん出てないんだっけ。後半グループなのかな?

アメリカのアシュリー・ワグナー、オペラ「ヘンリー8世」より。この人もスケカナに続いてしっかりした演技ですよ。気合いの入った表情してる。つなぎのスケートもしっかりしてるし、音楽もきちんとつかんでて、安心して見ていられます。3Fがツーフットだったかも?コーチ怖そうだなぁ。50.48で2位につけました。

澤田亜紀ちゃん出てきました。あんまりスルーだから不安になっちゃったよ。曲は「Armenian Rhapsody」。3S+2Tは回転不足に。ステップから3Tはちょっと斜めになりましたがよく我慢しました。中盤は曲がアップテンポになって、亜紀ちゃんに合った雰囲気に。みどりさんも「子どもから大人になって、表現力もついてきた」とのこと。スパイラルはバックでインサイドからアウトサイドへのチェンジエッジ、最後の2Aを決めて笑顔でフィニッシュ。SPで大きく崩れることもなく、まずまずだったのでは。技術点が10.90・・・ジャンプがすべて回転不足とのジャッジだったようです。29.94と厳しいスコアでした。調整不足だったようで。

サラ・マイアー、映画「パッチ・アダムス」より。白い衣裳のスカート部分にカラフルなバルーンの柄が入っていてとてもキュート。ジャンプは余裕をもって、スパイラルはエッジを掴む仕草にも無理がなくてほんとにきれいな演技です。フライングシットスピンからのコンビネーションは文句のつけようのない美しさ。終始笑顔で、曲の解釈もしっかりしてます。あ、バルーンの柄は映画のシーンとリンクしているのね!うわー、また映画見たくなりました。これはメダルが狙えますね。スコア53.98でグレボワに続いて2位に。うーん、意外と技術点が伸びなかったな。

キミー・マイズナー登場。スケートアメリカに続いてGPシリーズ2勝めを狙います。曲は映画「パッション〜最後の誘惑」より。スカートが静電気で脚にまとわりついてますが気にならないかな。ステップからの3F、3Lz+3Tのつもりがふたつめが2回転、しかもツーフットに。ありゃりゃ、またこのジャンプで失敗ですね。ステップシークエンスはキレのある動きで高得点が狙えそう。浅田相手にSPでの失敗は痛いですね。他の要素がよかっただけに・・・。55.98でトップに。インタビューが吹き替えになってますよ、なんか変な声でやたら芝居がかってます。友近のキャサリンみたいで笑えるのですが、こんなことするなら字幕でいいのでは。

浅田真央、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。初戦でバランスを崩した3F+3Lo、今回もふたつめが1回転に。ううーん、去年みたいにひとつのジャンプにこだわりすぎて、縛られているのか。3Lz、2Aはクリーン。スパイラルシークエンスの、ビールマンポジションから右手で右ひざを持ってポジションチェンジしたあとの姿勢はためいきものです。SlStはカナダ大会のときよりまた一段とよくなってます。演技終了後はちょっと泣きそうな顔してますが、全体的にはカナダのときよりよかったと思うんだけどなー。56.90でトップに立ちましたが不満そうな顔。泣かないで、明日もがんばろう。で、ファイナルで成功すればいいんだよ。
「明日は3Aも跳んで優勝したい」と、インタビューでは笑顔も出ていたので大丈夫かな?

明日も19時から。ガンバ戦見て帰宅して、結果を知らずに見られるか?
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-11-17 20:53 | フィギュアスケート