SOCIO6年生、OL若葉の日々(ふたりぐらしになりました)


by babyleaf_6

<   2007年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ついに始まりました、フィギュアスケート2007グランプリファイナル。会場はトリノオリンピックと同じパラウ゛ェ−ラです。今年、いま、最も勢いのある世界の6人(6組)の演技を、テレ朝の雑音に負けずに楽しみたいと思います。

男子シングルSPから。実況は清水さん、解説は佐野さん。
ステファン・ランビエール、「カルネ・クルーダ」。セクシーなんだかよくわからないポーズから演技開始。せっかくのパラウ゛ェ−ラなのに、リンクの周りの広告がうっとおしくなっていてオリンピックのときとは雰囲気が違うのがちょっと残念・・・。
ランビエールはSPから4回転を成功させてきました。しかも3回転とのコンビネーションで。攻めてるなぁ。3Fもこらえ、レベルの高いシットスピンや丁寧なステップで、完全に金メダルを狙った演技ですね。キス&クライではてんとう虫好きをアピール。わかったわかったから。83.80の高得点が出ました。

うわ、いないと思って安心してたら浅田が練習してる近くで実況という名の邪魔をしている角澤。誰か通報してくれないかな。イタリアの警察につかまっちゃえ。

ジョニー・ウィアー。
曲はオペラ「ユノーナとアウ゛ォ−シ」より。馴染みの薄いオペラですが美しい曲です。3Lz+3Tは加点をもらえそうな質の高さ、調子の良さを継続してきているようです。と思ったら3Aで転倒。その後は繊細さに力強さが加わった今季の本来のウィアーらしい滑りだったので、もったいなかったです。美しい姿勢のスピンから、彼にしかできないポーズでフィニッシュ。70.84で高橋を残して3位。え?ウ゛ァンデルペレンは?チャンは?ライザチェックは?放送しないの!?ファイナルって6人しか出ないって知ってる?世界のトップ6より浅田の練習風景や紹介VTRの方が大事とは・・・予想はしてたけど、ほんのちょっと抱いていた期待が見事に裏切られて、しょんぼりです。修造と荒川さんのトークも、いらないよ・・・。こりゃペアもアイスダンスも放送してくれないんだろうな。

高橋大輔、「白鳥の湖」Hip Hop version.
3F+3T、3A、3Lzといずれも速さも高さも充分。相変わらず調子よさそう。ステップのキレもますます増していて、スケールの大きいスケーターになってきました。シットスピン低いな!余裕を持ってフィニッシュ。84.20、僅差ですがトップに立ちましたよ。いいじゃないですか♪むりやり「♪」とかつけてみましたが、3人スキップで凹んで立ち直れません。

SP終えて高橋・ランビエール・ライザチェック・ウィアー・ウ゛ァンデルペレン・チャンという順位。みたいです。

***

女子シングルSP。実況は森下さん、解説は荒川さん。
トップバッターはキャロライン・ジャン、「スパニッシュ・ジプシー」。
3F+3TはFでぐらつくもしっかり降りました。3Lzは決まったように見えましたが踏切りのエッジが間違えていたと荒川さん。そこまで見分けられるようになりたいなぁ。スパイラルやスピンなどは余裕をもってきちんとアピールできてます。14歳でファイナル初出場で、この落ち着きぶりは恐ろしいですね。凄味を感じます。浅田真央だってもっと子ども子どもしてたよ。61.82といい点が出ました。

中野友加里、ショパンの「幻想即興曲」。念願のトリノでの演技ですね。
最初に3F+2T。スピードに乗ってきれいに決めましたが、やっぱりSPでは3+3が入らないと得点に差がついちゃうかなぁ。いい表情してます。どんどんきれいになってる気がする。3Lzもきちんと決めました。スピンはひとつひとつの姿勢がすべて美しく、軸はぶれないししかもめちゃくちゃ速いし、文句なし。ロシア大会後にレベルアップしたというSlSt。丁寧に音を拾って踏んでました。得意の2Aからドーナツスピンでフィニッシュ。わぁ、これはいい演技だったのではないでしょうか。59.78。

カロリーナ・コストナー。地元の声援を受けてのびのび滑れるといいですね。曲は「Riders of the Storm」。
滑り出しから大迫力。なんか貫禄ついてきました?3F+3Tはとてもきれい。これはいい演技になりそう。3Lzもばっちり。なのになんでこんなに遠くから映すんだろう。スパイラルの姿勢は独特(ひざが曲がりすぎ?)ですが、あれは美しいのか?もうちょっと柔軟性がつくと最高なのですが。2Aがシングルに・・・ここでミスは痛いなぁ。SlStとスピンはちょっとぐらついたかな?ミスが響いて59.86。

キミー・マイズナー、「パッション〜最後の誘惑〜」より。
スパイラルから入ってきちんと音楽に入ってから3Fをきっちり。3Lz+3Tは3Tが回転不足だと荒川さんの指摘。コンビネーションスピンやステップは音を細かく拾っていてスピードもあるし、高いレベルが取れそう。59.08。ファイナルはほんの少しのミスが順位に響きますね。でも、GPシリーズのときの課題をきっちり消化してきているのでは。あとは3Lz+3Tの精度を高めれば。

浅田真央、「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」。のはずですが、早送りしても早送りしても演技が始まりません。やっと始まった。最初の3F+3Loで手をついてしまいました。やっぱり意識しちゃうのか。うわ、3Lzに入る前のステップでつまづいて3Lz自体を飛ばしてしまった。後から入れられるかな。スパイラルもいつもより動きがぎこちないな。ステップは上半身の動きも大きく、いい感じなのですが・・・。なにが起こったのか自分でもわからないような表情をしています。要素がひとつ足りない中でも59.04。この差はまだ埋められる範囲だと思います。明日までに気持ちを切り替えられるか・・・がんばれ。

キム・ヨナ、オペレッタ「こうもり」。
最初のコンビネーションジャンプで、ひとつめの3Fで手をついてしまいふたつめがシングルに。珍しいな。スピードを出し過ぎてコントロールしきれなかったのでは、と荒川さん。3Lzはばっちり。スパイラルは、いつもはもうちょっと脚上がりませんでしたっけ?腰が痛いのかな。SlStはこの曲の一番いい部分を使って、テンポがゆれるところもきちんと掴んでいて大好きなパートです。最初のジャンプのミスなどなかったような笑顔で、イナバウアーから2Aを決めて、高速I字スピンからフィニッシュ。64.62でトップに。

SPの順位はキム・ヨナ、ジャン、コストナー、中野、マイズナー、浅田。やっぱりファイナルまで行くと経験が物を言いますね。きっちり演じるという意味では中野はばっちりだったので、FSでも落ち着いて3Aが決まれば、メダルは射程圏内でしょう。浅田は開き直って底力を見せられるかどうか。折れないで欲しいな。


男子は3人スキップ、ペアとアイスダンスはスルーどころか結果も教えてくれないテレ朝に絶望しました。明日(もうとっくに今日)にはついにGPファイナルの結果が出るというのに(アイスダンスと男子シングルはもう終わって、さっき結果も見ましたが)、なんだろうこのぜんぜん楽しみに思えない感覚。実況のレベルの低さや修造の無駄なコメントは、無視したり飛ばしたりして我慢するようにしてるけど、放送してくれないなんてひどいよ。ほんとに悲しい。大好きなフィギュアスケートだけど、こんなことばかり書いてしまうなら次の大会からブログのエントリはやめようかなと思います。もともと自分が感想を書き留めておきたかっただけだし。
せっかくの土曜の夜なのに、すっかりやさぐれてます。この気持ちを救ってくれるような演技を、選手に期待するしかないか・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-16 01:09 | フィギュアスケート

「座頭市」とパンケーキ

新宿コマ劇場にて、三池崇史監督、哀川翔主演「座頭市」をマチネで観てきました。
哀川翔の市は、想像していたよりずっとハマってました。朱太夫役の麻路さきさんの死ぬ間際の演技は男前でした〜。いまにも「アンドレ〜!」って言いそうでした(笑)。遠藤憲一さんも素敵だったなぁ。エンケンさんの死に際の演出はかっこよかった。
これを観ると、「ジャンゴ」は西部劇の皮をかぶった「座頭市」だったんだな。ほとんど同じ話だもんなー。「ジャンゴ」は香川照之、「座頭市」は阿部サダヲが個人的MVP。

晩ご飯は代々木上原のチャプチ−ノへ。
e0074253_0174157.jpg

タコとセロリのマリネ、スモークサーモンのパンケーキ、生ハムと豆とミントのファルファッレ、どれも白ワインにぴったりでとても美味しかったです。あまりお行儀よくないのですが、パンケーキはつい撮っちゃいました。ふわっふわで、もちもちで、少し甘くて、感激の美味しさ。
e0074253_0202445.jpg

こちらはデザートのパンケーキ盛り合わせ。左がバナナコンフィチュール、右が塩バターキャラメル。どちらも期待をいい意味で大きく裏切る味で、一口食べてしばらく絶句。いや、おおげさじゃなくて、ほんとに美味しかったです。
また行こう!近いうちにぜったい行こう。今度はランチで。ホールにもう一人店員さんがいてくれたら文句ありません。

カップケーキ(リニューアルしたプランタン銀座の地下でも買えます)をテイクアウトしてきたので、明日の朝ご飯にします。

さ、これからGPファイナルのビデオ観ますよ。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-15 23:48 | 日常
福留孝介選手が、MLBシカゴカブスと4年契約を結んだとカブスのホームページで発表されました。
Cubs, outfielder Kosuke Fukudome agree to terms on a four-year contract.(カブス公式サイト)

背番号は「1」を用意してもらえるようで、期待されてるんだなぁ。カブスHPでは「KOH-skay foo-koo-DOUGH-may」って、ちゃんと発音の説明もしてある(笑)。アメリカでは「ドメ」とは呼んでもらえないかな?
ドラゴンズの生え抜きとして、WBC優勝チームの一員として、精一杯がんばって欲しいと思います。怪我には気をつけて。
国内での移籍じゃなくて心底ほっとしていますが、MLBにあまり興味のないわたしにとっては、なんだか遠い存在になってしまいました。中日のユニフォーム姿はもう見られないのか。さみしいな・・・。

さてドラゴンズ、来季のスタメン争いは内外野ともに熾烈です。
ドメさんの背番号「1」を引き継いだ堂上弟にはサード、新井くんにはファーストのスタメンを狙ってもらいたい。もらいたいって簡単に言うなよと言われそうですが、そういう気持ちでやらなきゃ獲れるものも獲れないので。
来季も森野にはいろんなポジションを守ってもらうことになりそう。和田さん加入でレフトは固定か?センターは外野守備の要ですから、背番号が「57」から「24」になった英智にスタメン定着して欲しいな。ちなみに和田さんと英智は県岐阜商の先輩後輩。4歳違いなので一緒にはプレーしてないはずですが、なんだかこのコンビはいろいろと楽しそうな予感がしますよ。
ドメさんのいなくなったライトにはイ・ビョンギュか。中日には左打ちが少ないので、たぶん来季もスタメンでしょう。そこそこ打って、ちゃんと守ってくださいね。あれ?森野の居場所がない?それは困るな(笑)。
井上一樹は来季も代打の切り札か。藤井・平田・堂上兄などの若手がどれだけスタメンを脅かすことができるか。ううむ、楽しみ。

その他、樋口・デニー・石川・三沢・金本・鎌田・渡邊の7選手が契約非継続。二村コーチが退団、苫篠さんがコーチとして契約。FA対象選手では平井と岩瀬が残留。ドラフト新入団選手は山内・赤坂など投手を中心に。まず一年目は鍛えて鍛えてプロの身体を作りましょう。中日の厳しい練習についていけるようにね。


さて、サッカーはまだ天皇杯が残っているのでオフシーズンって感じがしませんが、元東京の選手たちの移籍があったのでメモっておきます。

湘南ベルマーレより尾亦弘友希選手移籍加入のお知らせ(セレッソ大阪)
ありがとうございました。(おま家通信。)
尾亦くんはとても関西ってイメージじゃないですが、湘南で2年間シーズン通して左SBとして活躍していたので、セレッソから引き抜かれたかたちなのでしょう。

宮沢正史選手期限付き移籍加入のお知らせ(ベガルタ仙台)
ミヤさんは大分でも出場試合が一桁と苦しいシーズンだったよう。怪我もあったのかな。仙台はいいチームだと思うので、J1に上がってこられたらいいね。がんばれ、ミヤさん!

前田和也くんが山形で契約非継続となり、Jリーグ合同トライアウトに参加していました。新しい場所が見つかりますように。

阿部ちゃんとユースケはどうなるのかなぁ・・・。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-15 02:43 | プロ野球も見るよ

続・おとなげない二人

課長「今日は早く帰って浦和の応援しないとな!」

「今年最後の試合がミランとだなんて、いいですよね~」

課長「失敬な、最後じゃないよ」

「……(勝つ気なのか…)」

課長「三位決定戦もあるもんね」

「!」


調子に乗って攻撃してたらカウンターから失点しました。無念。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-13 12:53 | 日常
先週の新聞を整理してたら見つけました。

フィギュアNHK杯―4回転ジャンプ、ベルネル決める。(日本経済新聞)
>中国を舞台にした映画「グリーンデスティニー」の音楽を使ったプログラムで、
>衣装の胸には「勇名トラ」の文字。
>「勇気をイメージしたのと、僕はトラ年だから。気持ちよく滑れるんだ」とうれしそうに話す。
>ちょっとずれている感じも、日本でのベルネル人気の源かも。


男子FSは総集編で見たので曲名までチェックしきれなかったのですが、「グリーンデスティニー」だったんですね。「グリーンデスティニー」の原題は「臥虎蔵龍」、それで背中に龍の絵、胸に「トラ」の文字…だったのか(笑)。
ヴェルネルは3月に日本で開催された世界選手権のエキシビションでも「日本」と書かれたはちまきを巻いたり(逆さだったけど)してたし、漢字がお気に入りなのかなぁ。それなら「トラ」じゃなくて「虎」にした方がかっこいいのにね。「ライーヨー」と書いた衣装(←「ライオン」と書きたかった)でオリンピックを滑ったストイコさんと同じ匂いがしますよ(笑)。


あっ、でも、

>「僕はトラ年だから。」

「寅」よりはカタカナでよかったのかも…フーテン…。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-12 13:13 | フィギュアスケート
いろんな話題に乗り遅れ続けています。

代表合宿に今ちゃんとトクが選出。
トク〜!?とびっくりですが、岡田さんにはわたしには見えないなにかが見えているのでしょう。トクはモチベーションによってパフォーマンスがえらく違うように感じるので、代表で加地くんや駒野や内田や安田と一緒に練習して、刺激を受けて、負けないぞと思って帰ってきてくれればもうけもんかと。岡田さんがそんなに「ただのいい人」なわけないんだけど(笑)。2003年ぐらいの感じが戻ってきたらうれしーなー。

来季の監督については、また天皇杯が終わったあとにでも考えます。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-11 23:23 | サッカー日本代表
やっと時間が取れました。もうあさってからファイナル始まっちゃうよ。
総集編も観ちゃったし順位も知っているのですが、刈屋さんの実況を堪能するために観るようなものです(笑)。

ショートプログラムから簡単に。
南里康晴、ベートーウ゛ェンのピアノソナタ「月光」から。
スケートアメリカでは風邪をひいていたらしくふるいませんでしたが、今大会では技術力が格段に向上したところを見られて嬉しい!練習してきたことを自信を持って出し切ったという意味では奈也ちゃんもそうでしたが、若手が伸びてきてて日本選手権がまた楽しみになりました。
キスクラでもいい笑顔。67.55、パーソナルベストを更新しました。インタビューでもよくしゃべってました。「あれ?って思うぐらい落ち着いていた」そうです。

中国のベテラン、李成江。相変わらずしゅっとしてます。そして一段とボウズ頭だ。曲は「黄河」だそうです。
4T+2Tは音楽にも合っています。3Aもクリーンで刈屋さんも「さすがです」。ガッツポーズも出る快心の出来。丁寧、かつ迫力のあるスケートで、63.56、もうちょっと点が出るかと思いましたが。ベテランの演技には「心」がこもっていて、メダルに絡まなくても感動しますね。

ロシアのセルゲイ・ドブリン。顔ちっちゃ!ストラウ゛ィンスキー「火の鳥」。
華奢ですが動きがシャープです。180cmもあるのか〜、モデルさんみたいな体型ですね。複雑なフレーズを細かく拾って、丁寧にステップを踏んでます。ロシアっぽいな。演技終了後に刈屋さんと本田くんが「手の動きがプルシェンコっぽい」と。ジャンプ降りてちょっとぐらっとしたところで下から突き上げる手の動きを見て「成功!というアピールですね」と刈屋さん。キスクラではななみちゃんをいじめすぎ。66.14。

中庭健介、「サラバンド」。髪切った?
3Lz+2Tを確実に決め、3Aはなんとかもちこたえました。お客さんの手拍子にのってがんばれ!ステップのときの上半身の表現が昨シーズンに比べてとても深くなっていると思います。63.70で3位に。

ベラルーシのセルゲイ・ダウ゛ィドフ。映画「シンドラーのリスト」サウンドトラックより。
2A、3Lz+3T、3Fとジャンプはクリーン。スピンやステップは「いっしょうけんめいやってます」という雰囲気。ラストは長い音によく合わせましたがちょっとぐらついちゃった。もうちょっと似合う髪型があるのでは。(←関係ない)66.25で2位に。まだトップは南里ですよ。

スティーブン・キャリエール、「天国への階段」。
18歳だそうですが、まだ幼い顔してますね。でもこれは化けるかも。ジェフリー・バトル系というか、おねえさまのハートわしづかみ系(系?)というか、なんとも言えずチャーミング。
スピンが速い!そして面白いジャンプで足かえ!バンクーバーに向けて伸びてきそうな選手だなぁ。アメリカはほんとに層が厚いです。本田くんが「ウィアーやライザチェックがいますので、それを追い越せ、・・・という感じで・・・」と言ったのがおかしかった。「追いつけ」を飛ばしてしまいましたので減点1。キスクラではななみちゃんを座らせようとするも倒れてしまい、ペットボトルにもたれさせてあげるやさしい一面も。こういうところでファンを増やすんだな男子選手は(笑)。67.85で10人終わってトップに。

きました、トマシュ・ウ゛ェルネル。相変わらずかっこいいぞ!曲は「たそがれのメロディー」「ジプシースウィング」。
テナーサックスの色っぽい音色にのって3F+3Tをばっちり決めてきました。歓声が大きいな、去年の世界選手権で日本のファンを味方につけましたからね。シットスピンも速いし、この難しい曲にちゃんと乗っています。曲調が変わってステップへ。すごい、かっこいい、このSP。男声ウ゛ォ−カルが入ってますがスキャットだからいいのかな。ウ゛ェルネルはほんとにお客さんへのアピールが上手ですよね。最後は緩急のついたスピンでフィニッシュ。もっと拍手をとアピールしたり、見ててニコニコしちゃいます。技術点が42.00、PCが36.15!78.15でダントツのトップ。ウ゛ェルネルはどーもくんが気に入ったようです。どーも。

最終滑走高橋大輔、「白鳥の湖」。
3F+3Tは高さがあって余裕。3Aで片手をついてしまいましたが落ち着いてるし大丈夫でしょう。3Lzはクリーンに。「ここからは皆さんご一緒に、踊りながらノリノリで見ていただきたい」って刈屋さん、そんな無茶な。でもこのステップはほんとにかっこいいな。なんちゃってヒップホップじゃなく、ちゃんと自分のものにしています。これはスケート史に残るプログラムになるのでは。最後のスピンでバランスを崩したこともあって納得いってないみたいですが、77.89で僅差の2位。まあ、FSで普通に滑れれば大丈夫でしょう。って結果知ってるから書けるのですが。

SP終わっての順位は1位ウ゛ェルネル、2位高橋、3位キャリエール、4位南里、5位ダウ゛ィドフ、6位ドブリン、7位に中庭。3位から12位までの点差もそれほどなく、メダル争いは熾烈になりそう。

***

続いてFS。
と言いたいところなのですが、なんと観る前に間違えて消去してしまったのよ・・・がっくり。自分にがっくり。総集編で補完します。

中庭健介、「ブレイブハート」。最初に4回転に挑戦するも失敗、しかし気持ちを切り替えて3Aを決め、なんとか集中力を切らさずに行ってくれました。スピンやステップはシーズンごとに技術が上がっているし、演技の一回一回に気持ちが入っているのがわかります。

南里康晴、「カルメン」。3A+3T、3F、いずれもクリーン。中盤にジャンプが2回転になってしまったのを挽回しようと終盤に3Aを入れるも失敗してしまいました。メダルが見えて力が入っちゃったかなー。ステップはとてもよかったですね。攻めた分、得るものも大きかったはずです。日本選手権はメダル獲りましょう!

高橋大輔、「ロミオとジュリエット」。(キャリエールのFSも観たかったよ〜)
最初の4回転を豪快に失敗。フリップジャンプは3回転にしました。4位以上でファイナルですからね。3Aなどその後は落ち着いて決め、ステップシークエンスでは高橋らしく高いクオリティで会場を沸かせます。3A+2T+2Lo、3F+3T、3S、3Lo、3Lzと終盤立て続けにジャンプを決めたのはお見事の一言。ほんとにスタミナついたなぁ。フィニッシュのあとはアップで映されてるんだから、「やっちゃった」とか言わないほうがいいのでは(笑)。得点には響かないし、そういうのもチャーミングなんですけどね。バレエではありえないな、といつも思うのですよ。スポーツだから仕方ないのかな。体操だと、ガッツポーズは出るけど、よくなかったときはポーカーフェイスですよね。
得点は156.33、シーズンベストでNHK杯連覇。ファイナルでは4回転を。

トマシュ・ウ゛ェルネル。「勇名トラ」って衣裳に書いてあるんですが、それってなんですか。日本の大会用の衣裳なの?それでいいの?誰か止めないの?男子はシーズンにひとりやふたりは変な衣裳の人が出てくるなぁ。せっかくハンサムなのに・・・。
4回転を余裕で跳んできます。CiStは素晴らしい。演技中にジャンプがシングルになってしまったらその後のダブルをトリプルにしたりと、落ち着いている部分と、情熱的に滑る熱い部分と両方持っていて、とても魅力的。惜しくも高橋には届かず2位に。3位にはキャリエールが入りました。

男子シングルでGPファイナルに進んだのは、高橋、ウィアー、チャン、ライザチェック、ランビエール、ウ゛ァンデルペレン。シリーズでどの大会に出たかで明暗分かれたのがキャリエールとウ゛ェルネルかなぁ。ま、世界選手権もありますし。
ファイナルはイタリアのトリノ、オリンピックが開催されたパラウ゛ェ—ラのリンクで、12月13日より開催されます。


NHK杯はペアやアイスダンスも放送してくれて嬉しかった。うちでBSが観られればもっといいんだけどなぁ。「ようこそ豊の部屋 キス&クライ」という番組があるらしい。樋口さんと鳥海アナがキス&クライで選手を挟んでインタビューするんだって。うわー、観たーい。実家で録画しといてもらえばよかったなぁ。

テッサ・バーチュー&スコット・モイヤーのフリーダンス「シェルブールの雨傘」は、言葉が出ないほどの素晴らしさでしたね。無駄な動きが一切なくて、どの瞬間を切り取っても美しいだろうと思わせるポージングの美しさ。上質な短編映画を観終わったときのような満足感。これがスポーツであっていいのか。
優勝したのはイザベル・デロベル&オリビエ&シェーンフェルダー。「祝・三十路」のシェーンフェルダーです。「ピアノ・レッスン」、こちらも一部の隙もない演技でした。高度な技を簡単そうに次から次へと繰り出すふたりにうっとり。そしてしっとりとした大人の雰囲気。3位はホフロワ&ノビツキー。上位3組がファイナル進出です。ああ、ファイナルはアイスダンスもちゃんと放送してくれますように。

以上、GPシリーズ6大会の感想でした。観られるものは全部観たという(自己)満足感でいっぱいです(笑)。実況や番組構成では、NHKのクオリティの高さを痛感。やっぱりすべての大会をNHKで放送してもらいたいです。フィギュアスケートという競技を「人気のある選手を持ち上げて、視聴率の取れるコンテンツ」としか考えてない民放の番組づくりからは、選手や競技に対する誠実さや愛情が感じられないもの。

NHK杯のエキシビションももちろん観ましたが、感想はちゃんと書く時間がないので省略です。奈也ちゃんかわいかった〜(>_<)
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-11 20:16 | フィギュアスケート
自分が読めたもんだから偉そうに言ってみる。(笑)。
「Qさま!!」のプレッシャースタディに”高学歴アーティスト”ゴスペラーズから村上さん・酒井さん・北山さんが出演。今日は課の忘年会で遅くなったので、録画しといて帰宅してからさっき観ました。
リーダーは知識に偏りがあるだろうという予想通り、教科によって大苦戦してまさかの連続ブレーキ(笑)。「幸徳秋水」が書けて「虫の声」がわからないとは。あとお絵かき問題でドキドキしました。酒井さん北山さんはソツなく難しいやつも答えてましたね。「うさぎとかめ」はよく思い出しました。酒井さんのヒゲはなんちゅう形状になっているんだ。新しいアルバムのジャケットのサラリーマンコスプレは最高ですけど。
なんか久しぶりにしゃべるゴスペラーズを見たなぁ。同じ月曜のクイズ番組でも、ネプリーグに5人で出たほうが面白いかもね。「タイムショック」でぐるぐる回される北山さん、なんてのもあったなぁ。あのビデオどこいったっけ。

忘年会は恵比寿の蟻月でした。
e0074253_10363197.jpg
e0074253_10363735.jpg

赤のもつ鍋、そして白のもつ鍋。
どっちもおいしかったです!締めは赤で雑炊、白でちゃんぽん麺をいただきました。いやー、明日うちの課くさいだろうなぁ〜。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-10 23:56 | 日常
天皇杯鳥栖戦、大崎のFootNikでBS観戦してきました。前の時間の貸切パーティーの人たちが全然帰ってくれず、東京っぽい人も見当たらないので「こりゃ負けたか」とドキドキしましたよ(笑)。
e0074253_21323195.jpg

昼間は一心不乱に部屋の大掃除をして試合の時間をやり過ごし、携帯もテレビも見ないようにして大崎へ。ちょっと早めに着いたら外国人の団体が貸切パーティーをしていて、19時過ぎて扉が空いても二次会みたいになっていたので、まるで本場イングランドのパブみたいでした。行ったことないけど(笑)。

音声がないし、画面は大きいけど遠いので背番号もよく見えず、最後にガミちゃんが入ったときにはどういうポジションになってるのかよくわからないぐらいでしたが、終始ハラハラし通しでした。1点め取られてから焦らずすぐに追いつけたので、選手はそこで落ち着いた感じかな。梶山のシュートは素晴らしかったですね。久しぶりにああいうの見た(>_<)思わず、近くに座っていた数少ないご同輩に握手を求めてしまった(笑)。
平山も、ヒロミさんにカツを入れられたのかしゃきっとしてたじゃないですか。いや、しゃきっと、は言いすぎか。ちゃんとこぼれに詰めてて偉かった。ナオのゴールは次の試合に持ち越しかしらね。

ディフェンス陣がちょっと不安だったかな〜。次の相手は来週の広島×磐田の勝者だけど、どっちもやだなぁ。特に広島は。取られる以上に取れればいいんだけど・・・。浄くんが戻ればもう少しましかな。規郎は、SBとしてはいい形の攻撃参加が何回かあったけどね。あと、やっぱりキック力があるから最終ラインから一発でノブさん狙ったりできていいよね。ノブさんは素晴らしかったです。
他会場では、HONDA FCが名古屋を相手に下克上、愛媛が横浜FCに勝って、JFLとJ2からそれぞれ1チームが勝ち残り。あとのJ1同士はまあ順当かな。
エコパになら行けそうなので、なんとか次も勝って欲しいです。次の熊本まで2週間あるし、土肥ちゃんが復帰できるといいな。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-08 21:32 | FC東京2007

おとなげない二人

昼休み、課長(浦和ファン)との会話。


課長「今週末、なんかあるんだって?」

「なんかって、天皇杯ですけど」

課長「あー、そっか、いやうちはもうCWCだからさ、天皇杯は眼中にないから」

「そうですか…(素直に負けたって言おうよ…)

課長「鳥栖とやるんでしょ?弱いとこと当たるときは気をつけたほうがいいよ~」

「そういうの反面教師って言うんですよね、ありがとうございます。でも、うちは鳥栖を『弱い』と言うほど強くないですからーあははー(「弱い」とか言ってるから愛媛と横浜FCに連敗するんじゃ)

課長「そうかぁ、がんばってね、うちはミラン相手にがんばるよ。達也取られちゃわないように気をつけないとなあ」

「…今からミランとか言ってると”弱い”セパハンかワイタケレに負けちゃいますよ♪」

課長「……」


若葉さんの勝ち!今ちゃんを渡してなるものか。
(我ながら、いい年してこの負けず嫌いもどうにかならんかと思う今日この頃ですが)

このあと変な仕事を頼まれませんように。
[PR]
by babyleaf_6 | 2007-12-07 13:07 | 日常